読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

私をハロワに連れてって

会社を辞めて2週間。おかげさまで毎日サンデー、家事や実家の庭いじりに追われる充実の日々だ。その一方で、悲しいがカネの切れ目が縁の切れ目なのだろう、家族や旧知のキャバクラ嬢、かつての同僚からは着信拒否等々冷たい仕打ちを受けている。人はどこまで残酷になれるのだろうか。たとえば血の繋がりのない妻から「私とキミの洗濯物は分けて洗ってください」と注文されるのはまだ理解出来る。しかし、血を分けたはずの実の母から「洗濯物はあなたのものと絶対に一緒にするな」と言われるのは納得出来ない。なぜ、70オーバーの婆さんからそのような非人間的な言葉をぶつけられなければならないのだろうか。ババアの腰巻きなどこちらから願い下げだというのに。こうした人々の冷たい仕打ちは前前前世の因果にちがいないと仏壇の前で代々の先祖を罵っても事態は全然改善されなかった。認めたくはなかったが原因は前前前世ではなく、僕が無職であることにあるようだ。一刻も早く職につかなければならぬ。しかし、ハロワに行く気にはならない。気が進まない。鬼のような形相をして職業を追い求める失業者の皆様が恐ろしいのだ。失業とは、職業に就く意思と能力を有しながら職業に就くことが出来ない状態を指す。つまり職業能力はあっても庭いじりが楽しすぎて職業に就く意思が希薄な僕は失業者ではない。我は失業者にすらなれない無職という事実は僕をひどく落胆させる。ただの無職にすぎない僕が失業者面をしてガチガチに求職ってる失業者の群れに飛び込んだら、難癖をつけられて命を落としかねない。その恐怖が僕をハロワから遠ざけていたのだ。そうも言っていられなくなったのは家族からの有形無形の重圧である。朝、楽しい楽しい家族の弁当作りの際、手作りコロッケを揚げている脇から「ハロワハロワハロワハロワハロワハロワ」と不気味なマントラを唱えられたり、夜、「最近、ハロワ見ないねー。あ、ごめんハナワだった」と会話に不自然なサブリミナル・ハロワを挿入されたりして精神的に追い詰められたのである。きっつー。もう耐えられない。このような流れで、僕は、今朝、会社から届いた書類を持参してハローワークこと公共職業安定所へ向かったのである。そして僕を嘲笑うかのようにハロワは本日から正月休みであった。家族からは、本当にハロワに行ったのか嘘ではないのかと疑われ、ノロノロしてるからこんなことになるのだと叱られ、さらに休み明けにはハロワに入るまで見届けると親心を押し付けられている。どうやら神様も無職には微笑まないみたいだ。(所要時間12分)

退職金が出なかった。

会社を辞めて1週間。相談も計画もなく勢いで辞めた僕に、当初、妻は「キミの人生だから好きにすればいい」と、それなりに支持してくれていたのだが、時間が経ち、「次」を考えていないこと、退職金がないこと、賞与が支給されないことが明らかになるにつれ、その支持がすっかり怒りに変わってしまった。「好きにすればいいと言いましたが、何も考えずに行動しろとは言っておりません」と言われて、返す言葉もない。全くもって不徳の致すところである。とりあえず1ヶ月。妻によれば、それまでに職業あるいは業として金を稼ぐ方法を見つけなければ、僕は大変な災厄に遭うらしい。冬の相模湾は命を落とすほど寒いと呟く妻が不気味だ。サーフィンで溺れるのだろうか。妻に薦められて保険に加入したとはいえ恐ろしい。あと3日在籍していれば貰えたはずの賞与。それについてはバカアホマヌケと非難されても仕方ないほど迂闊であったが、退職金については退職金制度そのものが設置されていないのでどうにもならない。妻は僕が急に辞めたこと自体を疑っており、退職金がないのは懲戒免職になったからだと考えているみたいだ。心外。懲戒免職ではなくボスとの関係をこじらせムカついての怨恨退職だ。この疑惑を払拭するには会社に証明してもらうしかない、恥をしのんで人事に依頼してみたが「自己都合退職の証明は出来るが懲戒免職ではない証明は出来ない。自分から勝手に退職しておいてアホなんですか」という事務方特有の機械的で血の通っていない回答に腹が立ち、頼むのをヤメた。なぜ、縁を切った組織に頭を下げなければならないのか。しかし、これでは疑惑を払拭出来ない。仕方ないのでプレゼントで怒りを鎮めることにした。女性が喜ぶであろう、ブルガリ、ティファニー、コーチ、グッチを買ったら「無職のくせに生意気な」と罵られて逆効果、最悪真冬の相模湾になりかねないので、4℃かパナソニックのドライヤーあたりで手を打とうかと考えている。リーズナブルだが贈り物とはすなわち気持ち。気持ちが入っていれば良いのだ。贈り物に不満をあらわすような難儀で面倒な人物が周辺にいないことだけが無職中の幸いである。(所要時間10分)

不採用でした。

無職です。 

あまり詳しいことは書けませんが、以前、僕の才能を絶賛し声をかけてくれた企業様に連絡を取ってみたところ、「ちょwwwあれお世辞ですよ」「お世辞を真に受けないでくださいよ」と言われてしまいました。

 ありえません。人生の計画が狂ってしまいました。文字通りノー・フューチャーです。家族になんて報告すればいいのでしょうか。

先日まで勤めていた会社から何らかの圧力がかかったのかもしれません。そういえばボスは怨恨退職にいたる会談の際に「秘密の記号」「後悔するぞ」などと謎めいたことを話していました。これで、職が決まらないようなことがあれば、この国は異常です。

この件については、また、改めて書かせていただきます。

これだけは、言えます。

僕は無職です。(所要時間3分)

私はアレで会社を辞めました。

先ほど、長年勤めた会社を辞めてきた。計画性も展望もなく、完全に勢いで辞めた。20年にわたる会社員生活に一旦グッドバイ。志半ばで投げ出してしまうかたちになってしまい500人の部下には申し訳ない気持ち…はほとんどなく、というかあらゆる感情よりも清々とした気分が勝っている状態だ。《42歳で統括部長という事業のトップ、オンリーワンのナンバーワンまで登り詰めたのに勿体無い》《定年までタラタラやればいいではないか》という考え方もあるし、それが利口なやり方だし、じっさい昨日までの僕もそう思っていたけれども、突如、蘇生した僕のロックスピリットがそれをヨシとしなかった。勿体ない、というが、そもそも同族経営でのトップなどナンバーワンでもオンリーワンでもない、ただの尻拭い役にすぎない。安心していただきたいのは、仕事をボイコットするようなよろしくないカタチの退職ではなく、お互い存分に話し合ったうえでの怨恨退職であるということ。辞めたのは勢いだけれど理由らしきものはある。僕は会社に勤めているかぎり、ある程度の不条理や苦行を受けるのは避けられないと考えている。そのスタンスを人は社畜と呼ぶのかもしれない。現職になって以来、僕は、ボスが最終的な責任だけは取ってくれる人だと信じて、会社のためだと割り切って好きだった仕事を自分の手でリストラして切り捨ててきた。「今は小さな仕事だけど皆で大きく育てよう」と言ったその舌で「この事業は会社に貢献していないので今月いっぱいで終了」と非情通告をしてきた。一部からは死神と揶揄され、おそらく嫌われているだろうし、ごく一部からは激しく憎まれてもいる。でもそれが僕の仕事。極論いえばボスは仕事なんてしなくてもいい。下々の立場などわからなくてもいい。最終的な責任だけ取ってくれればそれでいいのだ。ところが今の立場になり、話す機会が増えたおかげでそのメッキは完全に剥がれてしまった。ボスは無責任かつその責任のすべてを僕に押し付ける人でなし。目には目を。歯には歯を。無責任には無責任を。今日、打ち合わせの終盤に「じゃあ次の打ち合わせは…」とボスが手帳に目を落とした、まさにその瞬間に、自分を偽るのはヤメにしよう、と思って即座に「次はありません。私が辞めるからです。学生時代からの夢であるロックバンドでメジャーデビューを目指します」と切り出していた。「冗談はやめろ」「冗談ではありません。たった今決めました。辞めます」「次が決まっているのか」今決めたのだから次などあるわけない。ボケてるのだろうか?「決まってません」「おかしいだろ」「何もおかしくありません。とにかく、今度会うときは客なのでよろしくお願いします」「ふざけるな」その後は営業マン出身者同士らしく、売り言葉に買い言葉、悪口と罵声の応酬であった。会社を離れてしまえば一人の年寄りにすぎないので容赦なく応戦しておいた。いろいろお世話をしてきたので特に感謝することも懐かしむべき思い出もない。こうして僕はめでたく怨恨退職することになった。今度会うときは客だ!

 

勢いで辞めてしまったので次の仕事もこの先の展望も何も決まっていない。決まっているのは諸々の支払いとローン、そして近日中に会社に行かなくてよくなること。それだけ。もちろん誰にも相談していない。おかげさまで、最近、妻との関係は比較的安定している。落ち着いた会話。完全分担制の家事。連絡事項は専らLINE。そう。LINE。僕らはお互いLINEを使っていながらフレンドになっていなかったが、ついに一昨日からフレンド関係になっている。すぐにLINE交換するバカ&ビッチにはこの進歩はわかるまい。人類にとっては小さな一歩でも、僕には大きな一歩なのだ。それに加えて、妻からは絶大な信頼を勝ち得ており「大きなことだけ事前に相談していただければ、小さいことは事後に報告してくだされば結構です」と言われている。プレステ4を相談なしで買ったときはさすがにブチキレてしまったが、たかが会社を辞めるくらいプレステに比べれば小さなこと。2年前の夏。海の家の店長で40連勤したとき「死なないでください。キミが倒れてしまったら私の生活が困ってしまいます」と言ってくれていたし問題ないだろう。オンリーワンでもナンバーワンでもなかったけれど、会社を自分の意思でヤメられる僕はSMAPの誰よりもずっと自由で、その自由さは何物にも替えがたい大事な宝物なのだ。


なお、この文章は自由を勝ち取ったこの手により近所の居酒屋で書かれたものだ。なぜ新しい門出の晩に居酒屋のような騒々しい場所にいるのかというと、現時点で妻から「会社辞めてやったZE!」(既読)「今度会うときは客だ!」(既読)「退職金はありません」(既読)「賞与も支給されません」(既読)という華麗かつ恐ろしい既読スルーをキメられており、ヘビに睨まれたカエルのごとく身動きがとれずにいるからなのである。(所要時間20分)

真っ暗闇

リストラ、残務処理。部長になってから嫌なことばかりさせられていて体調が優れない。ドンストップ血便。白血球減少中。ただ、心身を犠牲にしてリストラマシーンになりきったおかげで会社はまだ潰れていない。頑張ってくれている従業員の皆には本当に感謝しかない。感謝しかない、と言っているのは、文字通りピュアに感謝しかないという意味だ。具体的に申し上げると、従業員の苦労に対してお支払い出来るものが感謝の気持ちしかないということ。軽々しく感謝などと言わなきゃ良かったと今は反省している。というのも業績から考えて冬の賞与を支払う余裕がないのは誰もがわかっているのに、相当数の従業員が僕の言った「感謝」を金銭的な報酬と都合よく解釈して賞与を支払わなければ辞めると結託し、人手不足で事業が回らなくなるぞと恐喝、その圧力に負けたボス一味が見栄を張って賞与支給を決定、「なんとかしろ」と僕にクリア不可能な無理ゲーのプレイを押し付けてきているからだ。賞与を支給しても死、支給しなくても死。血便も治らない。きっつー。