読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

夫婦滅亡の日まであと1日となりました。

日記

何を隠そう明日平成29年2月8日は夫婦滅亡の日である。年末。「今度会うときは客だ」と捨て台詞を残し、家族に相談もせず、何の展望も計画もなく、ボスとの美しい罵り合いを経てめでたく怨恨退職した。わずか半日で営業部長から無職に身を落とした僕を家族は温かく迎えてくれた。1ヶ月の猶予を与える。その間に生活レベルを落とさない程度の収入を確保できる職業を見つけるか、商売を始めること。温かな味噌汁と共に妻が僕に課した条件はシンプルかつシビアなこれだけ。「万が一、というか百に一くらいの可能性があるけど、しくじったら?」「全財産ボッシュートのうえ夫婦滅亡」僕の保険証券を精査しながら笑う妻のうなじが真冬の月よりも遠く、冷たく感じられたのをつい昨日のことのように覚えている。こういう経緯で僕の転職デスゲームは始まったのである。しかも無理ゲー。きっつー。このような話をすると、なぜ離婚しないのか、馬鹿なのか、マヌケなのか、野垂れ死ねとありがたい助言をいただくが、しばし外野には黙っていてもらいたい。僕と妻の間には、生活におけるほとんどの事項について考え方に大きな隔たりがあることは認める。だが安心してほしい。人生を共に歩むうえで大事な、そして根本的な考えは完全に一致している。僕と妻は生まれ変わったら、お互い、絶対に別のパートナーを選ぶという点では考えが完全に一致しているのだから。さて滅亡の日が明日に迫っている(1週間ほど延ばしてもらったのはインフルでダウンした期間を考慮してもらったからである。妻のドライアイにも涙)。「果報は寝て待て」という引きこもり擁護の言葉があるが僕はそれを信じない。ハロワで傷ついた心を昼ビールで癒したり、誰も見ていない月9を観たり、披露する機会のない恋ダンスをマスターしたりと孤独な戦争に従軍していた。人事を尽くして天命を待つ、というヤツである。そして先ほど、引田天功の魔術のように突然天命が来た。僕を営業部門の中間管理職としてハンティングしたいという奇特な企業殿からの申し出があったのだ。「明るくて働き易くて好条件な職場なのに慢性的な人不足に泣かされています」「給与もガンガン上がります」「今の社長もアルバイトからの叩き上げです」という担当者のコメントから若干のブラック・スメルがしないわけではないけど、待遇に関しては、概ね希望通りなので面接で細かい点を確認して何もなければ決まるだろう。決めたぜ!サヨナラソロホームラン!さて。今回の再就職はひとえに僕の能力、人格、実績のおかげである。よく、なんとか賞を取った人が「今回の受賞は支えてくれた人たちのおかげ…特に妻には感謝の言葉では足りないくらいです」などと量産型聖人のようなつまらないコメントをするが、僕はしない。なぜなら無職の1ヶ月間、求職活動に支障が出るほどの家事を担当させられたうえ、「無職に口無し」「稼がざる者、食うべからず」「働かないこと林受刑者のごとし」などとプレッシャーをかけられてきたのである。ただし、家族に迷惑をかけたのは事実なので、その分は金で返していきたい。程度の差こそあれ人生とはマネーゲームなのである。頑張るぞー。こうして僕は夫婦滅亡は回避することが出来た。感謝や謝罪の言葉は敢えて口にしない。それは逃げであり、結局のところ言葉ではなく行動で示し、返していくしかないからだ。だがひとつだけ自分の言動で謝らなければならないものがある。僕は怨恨退職の際に「今度会うときは客だ」とイヤミな捨て台詞を残してきたが訂正したい。なんて恥ずかしいことを言ったのだろうか。同僚たちに合わせる顔がない。僕は血を血で洗うような抗争を繰り広げてきたかつての競合他社で世話になることになる。今度会うときは敵なのだ。(所要時間18分)

会社員時代の所業が呪いとなって無職の僕に襲いかかってきている。

ご無沙汰しております。現在、僕は箱職人の義父のもとで、お茶煎れ、菓子の買い出し、ペンキ塗り、犬の散歩、詰将棋、恋ダンスの練習、ファミコン版魔界村の攻略、平日スノーボード…といった箱の技術承継と関係のないことに追われる忙しくも充実した日々を無為に過ごしている。義父が箱つくりのイロハを教えようとしないのは「職が見つからないから職人に…」という浅はかな僕の考えを見透かしているからだと思う。職人の意地というやつだ。今、僕は無職。サラリーマン時代、僕は「無職は無意味、無価値」と口癖のように言っていた。その言葉は自分自身への呪いの言葉となってはねかえってきている。時計の針を戻せるのなら、あの頃に戻って「未来の自分に呪いをかけないで」と伝えたい。自分が無職になった今だから言える。言い訳や自己保身ではない。僕は間違っていた。無職は決して無意味や無意味なんかじゃない。いわば準備段階。さなぎ状態。僕のように比較的健康な肉体、そこそこの職業能力、歪んだ性格を持ちながら、職に就かずに昼間から酒を飲んでブラブラしているのは、無意味・無価値に見えるかもしれない。だが、それは違う。そこそこ健康な心身を持ちながら、理由も目的も信念もなく無職をやっている人間は、無意味や無価値などではなく、ただただ有害である。国を食い潰し滅ぼさんとする害悪の準備段階である。害悪のさなぎである。偏見や思い込みではない。自分自身がその立場に身を落として経験してわかった事実だ。僕のような理由なき怠け者無職に対する生活保護は一刻も早く打ち切り、彼の国への送金を禁じているように親御様からの送金を禁じるべきだ。権利ばかり主張して義務を果たさない、害悪の無職には、皆様の尊い血税で作られた公園のベンチに座ることも、はたまた、カタギの皆様が汗水垂らして維持をしている電気・ガス・水道を利用してブログを書く権利などないのだ。その一方で、凡庸な若者や極端に楽観的な人がうらやましいと思う機会も増えた。さしたる能力や実績もなく、凡庸な夢だけで無職を生きていられるし、人生を振り返り自分本来の可能性や人生の意味を考えたりとくだらないことで時間をつぶせる。エクセレント。普通レベルの人間はそうはいかない。通常、己の人生を振り返るのにはせいぜい10分もあれば十分だからだ。それに、そろそろ無意味に意味や価値を見出すようなくだらねえゲームはやめにしていただきたいものだ。自分の価値や可能性を信じるのは大変結構なことだが、評価というものは基本的に他人からなされるもの。路肩に転がっている石ころが自分で宝石レベルの値札をつけているほど悲惨なショーはないのだ。きっつー。ああ、一刻も早く、この無職地獄から脱出したい。再就職がかなわぬのなら箱作りに残りの人生をかけたい。しかし、朝から魔界村をやっているボンクラに箱の未来は任せられない。義父がそう考えるのも無理のないこと。僕に職人としての未来があるのかないのか、ファジーな状態、もやもやした気持ちを抱えて生きていくのは地獄なので、義父に僕を後継者にするつもりがあるのか問いただしてみた。義父の答えは想定外であった。「我が流派は江戸時代から続いているだけで歴史的価値はなく、技術的に特別優れているわけでもない。唯一のセールスポイントは跡取りがいないため間もなく断絶という日本人が好む悲壮感、絶望感のみ。今風にいえばプレミア感。もし跡取りがいたらそのプレミア感がなくなってしまうだろう?」切実な理由がそこにはあった。こうして箱職人への道も閉ざされたのである。これも過去の所業が呪いとなって返ってきたのだろうか。しかし諦めたらそこでゲームは終わり。僕は諦めない。今日も、求職活動を本格化させよう、事業を起こそうと決意して弾丸のように自宅を飛び出した。そこまではよかったのだが、吹きすさぶ冬の風はすさまじく、コンビニで買ったカップ酒をちびちびやって体を温めながら、海岸でひとり、凍えそうなカモメ見つめ泣いていました。このまま飲んだくれてアル中ハイマーになってしまえば楽なのかもしれない。波が砂に書いた「再就職」の字を消してどこかにいってしまうように、僕の経歴からこの無職時代も消してくれればいいのだけれど、現実社会がそんなに甘くないことを20年サラリーマンをやってきた僕は良く知っている。夫婦滅亡まであと1週間。(所要時間20分)

42歳、無職のリアル

会社を辞めて4週間、まだ仕事は見つからない。世間体を気にして朝のゴミ出しもスーツを着て、あたかも出勤前のパパを装ってやっている。妻からは1ヵ月以内に今後の見通しを示さないと大変な災厄が降りかかると警告されている。今朝、「相談もなく会社を辞めてしまって…何サマですか」と妻から言われた。彼女は何の見通しもなく身勝手に辞めた僕のような人でなしに『様』を付けて慕ってくれている。ありがたいことだ。「僕のような勝手人間に『様』なんてつけないでくれよ。水臭い」という僕の感謝の言葉を遮って、彼女は「生活水準は落としたくない」と言う。なんて冷たい人なのだろう、このような危機を協力して乗り越えるのが家族のあるべき姿ではないか、無職という立場を棚上げして、パートで働く彼女に説教して差し上げた。「多少、家計が苦しくなってもいいではないか」と主張する僕に、彼女は、では仮の話をさせていただきますが、と前置きしてから「今、A子はパートで働いています」「ハイ」「A子の職場は人間関係がイヤな感じで、仕事もキツイとします」「最悪だね」「辞めたい。しかしA子の主人は無職で家計を支えるために辞められません」「そんな職場は辞めた方がいい。僕もブラッキーな会社を辞めた途端に胃痛が治ったよ」「A子は次の仕事のメドがついたのでパートを辞めました。しかし次の仕事の時給は前よりも低くなってしまいました」「そりゃ大変だ」「生活費はギリギリまで切り詰めているので、あとカットするのは主人へのおこづかいのみ」「仕方ないよね。緊急だもの」「A子は私です」「えー!」「もし、キミが再就職に失敗して生活水準が以前よりも下がってしまったら、いの一番でカットされるのはキミの小遣いであることを忘れないように、死ぬ気で頑張って生きてください」。毎朝、このような有形無形かつ荒唐無稽な重圧を受けている。今朝は真面目に「とくダネ!」も見ないで求職活動に取り組んだ。前に登録したいくつかの転職サイトからは、まったく反応がない。小遣い死守のため、生活水準を落とさないため、前職と同等の待遇を入力した途端に、積極的に助言をくれていたアシスタント役からの連絡は途絶え、企業からのアプローチは皆無。何万社登録してあるサイトであっても、特別なスキルを何も持たない平凡無気力な42歳の前には無力なのだ。朝一で職安に行ってみた。先日、離職票を持って行った際に職安のロビーで見かけた「チャンス求人」コーナーなら、あそこなら、僕の生活水準を維持する《100万円求人》があるに違いない。だってチャンスだもの。チャンスを活かすも殺すも自分次第、そういう意気を胸に僕は、チャンス抱きしめて、ユガタチャンス、ユガタチャンスと吉川晃司を歌いながらハロワに向かったのである。チャンス求人コーナーに辿り着いて「チャンス!前回の求人より時給が10円アップしています!1日80円アップ!」という文面を目の当たりにしたときの絶望をあらわす言葉を僕は持っていなかった。端末コーナーからは「ダブルクリックってどうやんの!」という初老男性の絶叫が聞こえた。きっつー。僕のやってきたところは想像以上に悲惨な戦場なのかもしれない。夫婦滅亡まであと1ヵ月。頑張るぞー。(所要時間16分)

家族サポートが無職をダメにする。

会社を辞めて3週間。42歳。冬。まだ次の仕事は決まっていない。ノー・フューチャーでノー・プラン、何の相談もなく会社を辞めた僕のような人でなしに、家族が優しく、そして1人の人間として接してくれている、それがかえって辛い。以前と同じように接してくれたらどれほど気持ちが楽だろうか。何から、何まで。いわば全面的バックアップ、全面的サポート状態なのだ。このような恵まれた環境に甘んじていたら、再就職はともあれ、人間としてダメになってしまいそうで恐ろしい。再就職が成就するまでは別居して単身で頑張った方がいいのではないか。そう、本気で思い始めている。現在の僕を取り巻く環境および状態を説明すると、全面的なサポートと称し、近隣に住む家族の炊事、洗濯、掃除、買物等、家事のほとんどを僕がやっている。各種支払い・ローンのために僕の分まで働いている家族のために少しでも役に立ちたい、そんなピュアな思いから現住所マンションと僕実家、たまに妻実家を慌ただしく行き通い家事をこなしている。ただでさえ家事で求職活動につかうエネルギーを消耗しているというのに、昨夏遭った交通事故のリハビリが重なるのだから、たまらない。求職活動をする暇もなく一日が終わり、滲んだ夕焼けを眺める日々を過ごしている。思いのほか家事が楽しいので、再就職が遠のいていく現実を忘れてしまいそうになるけれど、頭のどこかには将来への不安があるらしく、過去最高レベルの抜け毛を連日のように記録しては風呂場で悲鳴を上げ続けている。(所要時間8分)

無職は恥だが役に立つ

毎年恒例のクエスチョン。なぜ、一年に一度しか会わない、顔も覚えていない、可愛げもない親戚の子供にお年玉をあげなければならないのだろう?母はギブ&テイク、つまり子供時代に貰っていたのだからあげなければいけないと言う。妻は妻で、子供がいない僕の葬儀を行なってもらうため、つまり未来への投資だから観念するしかないと忠告してくる。貰ったから返せ。死んだら埋めろ。何だか寒々しく、凍死してしまいそうだ。反論させていただくがギブ&テイクは欺瞞である。なぜなら、子供時代のお年玉は言いかえれば大人同士のこづかいのやり取りである。子供のいない僕は終生お年玉をあげる側、ギブ&ギブ、与え続けるしかないのだ。また、僕は自分の死後のことに一切興味がない。僕の死後、地球が割れようが人類が滅びようがどうでもいい。庭いじりの最中に花壇の前で孤独死後はそのまま放置していただき、風葬してもらえればそれで構わないのである。もちろん、僕の遺体を放置すれば法令や条例に引っかかるかもしれないが、引っかかるのは僕ではない。知らぬよ仏。僕に言えることはそれではおのおの抜かりなくくらいのもの。僕にお年玉を捻出させようとする運動の底にあるのは、それなりの年齢・立場にあって子供がいない僕のような人間ならば金銭的な余裕があるに決まっている、搾取しても構わないという、一人勝ちは絶対に許さない平均至上主義とでも言うべき卑しい考え方である。だが、今、僕はただの無職。42歳。それなりの年齢に達しているが社会的立場は無く、収入はゼロ。顔も分からぬガキ共にお年玉をあげる余裕などない。お年玉をあげなくて済む…無職も役に立つことがあるのだ。あなた方はこのような社会的弱者にまでギブ&テイクを求めるのか。恥ずかしくないのか。血は通っているのか。そんな調子で、胸を張っていると、無職の甲斐性なしなのだからせめて人並みにお年玉くらい出せ、子供たちに一生バカ扱いされるぞ、ケチ、年金未納などと関係者一同から追及され、めでたく本年もお年玉をあげることになった。悔しさのあまり、妻に「何がギブ&テイクだよ。ギブ&ギブでギブアップだよ」と愚痴ってみた。そんな僕の愚痴に対して彼女は「ギブ&テイクになってますよ」と平然と仰るので「その心は」とたずねてみたら「テイクダウン取られました」とお答えになられました。やられてるだけやん。きっつー。このように無職は何の役にも立たないのである。早く人間になりたい。(所要時間12分)