読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

労基署に行って、昨年末辞めた会社と戦うことにしました。

労基署に行ってきた。昨年末に退職した会社との間にあるいくつかの懸念事項について相談してきた。僕にとって《いい方向》に解決しそうな事項がほとんどだったけれども、相談に乗ってくれたスタッフが「そりゃ無理ッスよ」と苦笑するようなこともあった。僕は知らなかったのだが「確実な証拠はないけどブラックだからとりあえず立ち入り検査でもやってぶっ潰してほしい」という依頼は無茶なものらしい。つまんねえの。とりあえず僕の主張と会社の見解が大きく食い違っているのは、年休の付与日数だ。僕は退職する人がやる、いわゆる退職時の年休消化という奴をやったのだけれども、会社の主張する年休日数と僕が考えていた日数が大きく異なっていたのだ。数年間年休を一度も使っていなかったので最大40日分の年休が残っていると思っていたのだが、会社のカウントした日数は12日分。就業規則に則って数えたので間違いないという。数日の差違なら数え間違いの可能性があるが、いくら高校1年時に数学で赤点を取って母ちゃんに泣かれた僕でも、28もの数え間違いはしない。おかしい、ありえない、と鼻息が荒いのはこれが僕にとって生死を分けるほどの大きな問題だからである。40日分を年休で消化できれば丸々2ヵ月遊んでいても2か月分の給与が支払われる。任天堂スイッチとゼルダのセットが買えて、妻にカルビ一皿300円の格安焼肉をご馳走できるのだ。絶対に譲れない。会社に問いただしたところ「あなたにはきちんと年次有給休暇を与えていました。与えないならともかく与えて文句をいうのは人格的におかしいのではないか。だから転職先も見つからないのですよ」と誠実な回答とエールまでいただいた。ありがたい。ぶっ殺す。会社のいうとおり就業規則にそって処理されたというのが本当ならば、その就業規則自体がブラックなものとしか思えない。元同僚に頼んで就業規則を確認してもらったところ、就業規則にブラックな記述はいませんでした。いませんでした。文面上にもおかしいところはなかった。だが実務上はかなりおかしい処理をしていることがわかった。就業規則の年次有給休暇ではなく休日の項目には「従業員の休日は毎年4月1日を起算日とする4週間ごとに8日以内(年間105日以内)」と定められていた。これ自体に問題はないのだけれど、密偵のさらなる調査で、4週間ではなく月末〆の1ヵ月間で8日以上休んだ場合、その8日を超過して休んだ分は本人に連絡も確認もなく年休消化として処理していたのである。つまり普通に土日休みで働いているだけでナチュラルに年休ゲットしていたことになる。本人も知らないうちに、年休を与えてくれる、そんな素晴らしい会社で十数年も働いていたなんて。会社のいう「あなたにはちゃんと年休を与えていました」に嘘偽りなかったのである。僕は相当におかしいと思っているのだけれど、この休日処理が正当なものなのかどうなのか、専門外でよくわからないので調べたり、証拠を集めに奔走したりしているところだ。今、僕に出来ることはふたつあると思っている。一つは会社とやりあって、非を認めさせて年休=金を取り戻して任天堂スイッチを買い格安カルビを食べること。もう一つは辞めた会社を少しでも良い環境にすることだ。いろいろ協力してもらっている元同僚たちはそれに期待しているらしく、「部長が動いてくれると僕たちも助かります。協力します」などと言っている。そうだね、わかっていると返事をしながらも、冷血漢な僕は前に勤めていた会社を良くしたいとは全く思わない。今バイトの身分で自分のことだけでいっぱいいっぱいなのに、なぜ、正社員を救済しなければならないのか。自分でやれよ。ふざけてんのか。僕は自分の金と自尊心を取り戻すために戦うだけであって、元職場への復讐とか、元同僚たちのために少しでも環境を良くしたいみたいなモテそうにないことはしたくない。戦わないのなら僕が苦しんだように苦しめばいいとさえ思う。自分のために戦えない人間が甘い蜜だけを吸おうなんて、虫のいい考えとしか僕には思えないし、そんなことに時間を割くほど人生に余裕はないのだ。(所要時間21分)

僕に愛想を尽かした妻が軍事行動を開始しました。

「立場が人を変える」とは本来、どんなボンクラでもそれなりの役職に就けばそれに伴う責任感や重圧によってそれなりの仕事をするようになる、というポジティブな意味を持つフレーズだが、部長職を捨てて会社を辞めた僕の周りにいる人たちの、おぞましいばかりの変貌を目の当たりにしてしまうと、とても、とても、そういうポジティブな意味を持っているフレーズには思えない。たとえば在職中は絶対に僕のことを「部長」と呼ぶことのなかった年上の同僚。彼は僕が辞めてからブチョ~、ブチョ~と呼ぶようになった。ふざけてんのか。立場が変わったらこうである。奴は、心の底から性根が腐った人間なので、素人童貞のまま小汚い万年床で孤独死してもらいたい。家族に目を向けてみると、妻は専業主婦時代に、プロ市民にでもそそのかされたのだろうね、主婦の家事は年収換算すると1,200万円になるという異説を持ち出し「君は1,200万円を稼ぐ私をただ働きさせている」という理屈で数回に渡る小遣いアップ要請を審議することなく却下してきた。しかし、今、家事の大半を任されているのは僕である。つまり年収1200万を稼いでいるのは僕。という明確な根拠で妻に小遣いアップを要請したら「アルバイトの身分で何が年収1200万円ですか」などと都合のいいダブルスタンダードを持ち出して取り合おうともしない。何色の血が流れてるのだろうか。このように正社員、部長職という立場を失ってしまうと人心は離れて酷い仕打ちを受けるのだ。きっつー。さて、僕は現在、仕事の内容は線香臭いので公表は避けるが、アルバイトの身である。不安なのは、その契約期間。《契約期間は営業開発の男性が産休の間≫と人事担当から説明を受けたものの、サンキューつって、おいそれと納得できない。「育休の間違いですよね」「男性はウンコしか産めないはずですよ?」と何度も確認したけれども人事マンは間違いないと言い張るので信じることにした。生まれなければ半永久的にアルバイトを続けられるし。こうして線香臭くなる前の一時期、僕は、社員食堂で皿洗いパートとして働いていた。最初はパートで働くなんてって腐っていたけれども、今は、パートして食堂でおばはん達と働いてみて良かったと思っている。この経験は僕の人生にとって宝になるとさえ考えている。告白しよう。僕は会社に勤めているとき、アルバイトやパートタイマー、それから無職の人たちを完全に見下していた。わからなかったのだ。健全な肉体と精神を持ちながらフルで働かなんて。楽をしている。ズルい。そんなふうに見ていたのだ。実際に自分がパートになって働いてみて、それまで見えなかった、いろいろなものが見えてきた。理由なき無職は無価値で考慮するに値しないが、アルバイトやパートタイマーは正社員とまったく同じだった。皆、生活を維持するため、生きていくために、必死だった。社内での立場を必死に守る社員と同様に、自分の居場所を守るために、他人を蹴落とす人もいれば、金に汚い人間も多かった。よくテレビや映画で見かけるような、お金はないけど心は綺麗、お金持ちは心が汚い、というゲロ吐きそうな構図が現場レベルに存在しないことが確認できたので本当にいい経験だった。あの、皿洗いパートタイムは、僕のような性格の歪んだ人間でもアルバイトとしてやっていける、そんな確信を与えてくれた貴重な時間となった。私事になるが、家計を助けるためにパートとして働いている妻が正社員として雇用されることになった。努力が実って良かった。めでたい。喜ばしい。つって以前ならば祝辞を述べるところだけれども、ファブリーズ噴射、洗濯物完全分別、帰宅直後の強制全身コロコロ、合体グランドクロス永久禁止といった現在受けている非人間的な扱いが、今回の正社員化でより悪化し無慈悲なものになることが予想され、素直に喜べないでいる。多分、立場は人を弱くするのだ。それも一方的に。(所要時間19分)

元社畜の僕でもドン引きする「ヤバくなったら逃げろ」と若者に助言するパイセンの無責任

学校を卒業して社会人になるときのハードルの高さの正体は先に社会に出ている大人のメンツの大きさではないだろうか。パイセンのメンツを守るために「仕事だから」「それくらいググっとけよ」つって新社会人に無駄な緊張と努力を強い、最悪、ウツ発症。無理もない。働くということ、社会人になるということについて教えられていないのだから。出来るわけがない。教えないのもメンツを守るためだ。メンツが守られているからこそ「お父さん仕事でお疲れなのよ。寝かせておいてあげて」「お父さん寝てるだけだけど偉いんだよねー」という凡庸な母子のやり取りが昭和に頻発したように、ボンクラ社員でも家庭では尊敬の念をもって扱われるのだ。古来より、社会秩序を守るため、いわば先に世に出ただけにすぎないパイセンを守るためだけに、働くことは尊い行為という空気が形成され、維持されてきたのだ。これがメンツだ。今はいくぶん薄くなってきてはいるものの、それでもメンツを保つためにネットなどで「働く意味・意義」について講釈を垂れる人がいる。「社会人になる前に知っておくべき108の知識」を開示する人がいる。偉そうに。働くのは生活のため、それ以上でもそれ以下でもありません、バカみたいにハードルを上げて自分を偉くみせたいですか?山は死にますか?川は死にますか?脳が死んでるんですか?といって僕が笑い飛ばせるのは僕が社会に出て長い中年だからであって、ピュアな若者ほど感化されて大人のメンツを形成するレゴになり、メンツ・レゴランドの一部に堕ちるのだろう。きっつー。働くことは「スゴい!」「尊い!」「偉い!」とハードルを上げておきながら「ヤバくなったら逃げろ」などと人生のパイセンは言う。無責任すぎやしないか。裁判員の目の前で犯罪を隠蔽する犯罪者みたいだ。それでいて「ヤバくなったら逃げろ」とこれまた大人の理解や余裕を見せているのだから、とんだ偽善者である。普通に生きていたら逃げ場所を確保していく余裕はないし、逃げる方法もわからない。教えられていないのだから。大人のメンツを守ることを僕は否定しない。案外そういうくだらねえメンツがあるからこそ世の中は回っている面はあると思う。大事なのは「逃げろ!」と声を上げることではなく、もっと実際的な、逃げられる場所の作り方や逃げる方法を教えることだ。さいわい、僕は誰からも教えられていないけれど己の才覚とラッキーで、他人が作ったハードルを越えることなく、唾をかけながら、人生を逃げ続けられている。その逃げるヒントをこのブログから嗅ぎ取ってもらえれば嬉しい。まあ、とにかく、僕が言いたいのは、働くことに真剣になりすぎるな、テキトーにやれということ。若いうちにしか失敗は出来ないのだから今のうちにたくさん失敗してほしい。僕のように四十を越えてしまうと人生は綱渡りで、結婚、退職、再就職、さまざまな局面での失敗が死に直結する。きっつー。そんな幸薄い人生を送っている僕を一瞬だけ笑わせるために、新社会人の皆様には社会的に抹殺されるような致命的な失敗をやらかしてもらいたいと僕は無責任に思っている。(所要時間16分)

21世紀枠での採用が決まりました。

「希望の仕事が見つかるまでの繋ぎでいいや」という春らしい浮ついた気持ち。求職活動をしているという家族へのアッピール。暇つぶしに冷やかし。酒代。そういう諸々の理由からアルバイトの面接を受けてきた。時給1,000円+歩合給の新規開発営業の仕事の面接である。平時においては他人様から忌避されるような業種、大人の事情でここではSS業と表記させていただくが、そこで薄給のために死神や悪魔やカラスのごとく人の死の周りをクンクンと嗅ぎまわる仕事である。面接会場の本社社屋はSS業らしくモノトーンとストーンな感じで統一され、墓地や寺院のような辛気臭い空気に満ちていて、会社を怨念退職してからの、暗く、つらいことばかりの3ヵ月を僕に思い出させた。通夜のような静かな廊下で面接の順番を待っていると、部屋の中から若者らしい張りのある声が聞こえてきた。「御社の企業理念と可能性に共感し、自分自身のチカラを試したいと思い志望しました!お客様に夢を与えられる存在になれるよう全力で頑張るのでよろしくお願いいたします!」たかがアルバイト。何を食ったらそこまで熱くなれるのだろうか、まったくわからない。ただひとつわかったことは、こんな無意味に熱くなれる若者に無気力の僕が勝てるわけがないということ。勝負する前に負け確定。もともと春に誘われただけの無気力なので、熱い若者の言葉のせいでさらにやる気は減退し、面接では終始「そうですね。別にいいです」「特にないです」という虚無的は態度で応じるような体たらくであった。「志望動機を教えてください」定年間近に見える面接官の声がした。こういう質問に対しては、通常、前に面接を受けた若者のように、御社の理念に共感した、とか、自分の力を試してみたい、とか、御社の一員になってこの地域全体を盛り上げたい、などと薄気味悪い美辞麗句を並べるのがルールである。だが、たかがアルバイトの面接である。金銭的に困窮し、今にも「ほのぼのレイク」で借金を重ねそうな者たちが集うのがアルバイトの面接である。何が理念だ、どこに共感だ。だいたい、43才の中年無職が目を輝かせてそんな夢を語っていたら、どこか壊れているか、ナチュラルボーンドリーマーか、どちらかだろう。そんなウソ八百並べられないよ…と躊躇する僕に「正直に答えてくれればいいですから」と面接官。「それなら」つって、「志望動機はお金です。SS業への興味も一切ありません」と答えた。終わった。はやくお家に帰ろう。そう思いながら。すると面接官は、少々頭に来たのだろうね、イラついたような調で「ウチは現場でお金を扱うことも多い…。お恥ずかしい話ですが過去に金に困ったアルバイトの人がネコババした事件もありました。あなたは大丈夫ですか?」と言ってきた。ただ、正直に金が欲しいと言っただけで、無職というだけで完全に犯罪者予備軍扱い。神に問う。無職は罪なりや?ふざけるな。と思ったけれど相手と同じ土俵に立ちたくなかったので、つとめて冷静に「大丈夫かどうかは自分ではわかりません。ただ、ネコババするような人間に見えてしまうのであれば自分の今までの行いのせいでしょーーね。今日はありがとうございました」と言った。その直後に「あとで正式に通達するけど一応合格」と言われて採用が決まった。相手の言い分を信じるならば、SS業の営業として求めていた人材は、やる気に満ち満ちたヤングではなく、見るからに疲れた、幸薄く、威圧感のない、お客に強い印象を与えない陰のような人物で、その条件に合致したこと。かつ、人の不幸のど真ん中に突っ込んでいくSS業の営業は時に人格否定のようなきっつい言葉をぶつけられるので、そういった事態に遭ったときに自分のルールで切り抜けられる人物に僕が合致したこと、それらを採用の理由として言われた。「他に候補がいないから」とも言われた。褒められているのかバカにされているのかさっぱりわからないので、とりあえず「職が決まったら速攻で辞めますから」とだけ言っておいた。正式に就職戦線に帰還するのは新卒以来20数年ぶり。21世紀となり、採用基準というものが僕の知らないうちに変質したのだろうか。とにかく、こうして僕はいわば21世紀枠での採用が決まったのである。来週から僕は人の死の周りを嗅ぎまわるアルバイト死神になるけれども、今までと変わりないお付き合いをお願いいたします。(所要時間20分)

めでたく空前絶後の試用期間内退職となりました。

営業部門のリーダーというニンジンを目の前にぶら下げられ、研修という名目で社員食堂の時給935円の洗浄パートとして働くこと苦節4週間。先輩おばはんパート、ミーシャの執拗な嫌がらせに耐えられたのは「桜が咲いたらバイバイキーン!」という明るい未来があったからだ。ミーシャはとんでもない悪党で、己の居場所を守るがために、僕が関わった期間だけでアニータ、沼ッチ、杉ちゃん、計3人のシニアを排除していた。1000食に迫らんとする社員食堂の洗浄ブースはまるで戦場のような慌ただしさで、時間内でさばくには信頼関係とコンビネーションが不可欠。にもかかわらずミーシャは故意に食器洗浄機へ大量の食器をランダムに流し込み、受け手を破たんさせ、退職へ追い込むのである。ニンジンが待っている僕は負けるわけにはいかなかった。気合で、ミーシャがランダムに流し続ける食器をちぎっては投げ、ちぎっては投げ、種類ごとに分別して収納し続けた。まさか『ドクターマリオ』で培った動体視力と対応力がこんな場所で役に立つとはね。おかげで酷い筋肉痛で全身サロンパスだが。僕の排除にしくじったミーシャは、孫を職場に連れてくるという荒業を使った。男性用更衣室兼休憩室に息のかかったガキを配置して、休憩を妨害しようとしたのである。姑息だ。このガキがまた可愛げのないガキで、休憩時間までミーシャの相手をしているようなイヤな気分になった。はやくバイバイキーンしたい。テロリスト・ミーシャをクビにできないのは、深刻な人不足だからである。先ほど、年下マネージャーから、来月以降も洗浄スタッフとして働けないか?という打診を受けた。職業に貴賤なし。面接時に約束した待遇(正社員)にしてくれるなら、営業だろうが、皿洗いだろうが、期間限定ならかまわない。そう答えた。年下マネージャーは「わかってます」と胸を張り「時給5円アップの940円でいかがですか」と答えた。まったくわかっていらっしゃらない。バカなのだろうか?待遇への不満を漏らすと「もちろんそれだけではありません。来月からトレーナーからメンバーへ昇格になります。バッチの色が青になります。1か月での昇格は極めて異例です」といった。本当にバカでした。「人不足を解消したいならまずミーシャをクビにしろよ。今日は孫を連れてきているぞ」と忠告すると「また●●●●に駆け込まれて、本社前でビラをまかれますから」と乗り気でない。「それに」「何?」「彼女には家族はいないはずです」うそーん。じゃああのガキは誰なんだよ。近所のガキを雇ったのか、それとも誘拐してきたのか。ふいに「乳母」という言葉が口をついて出た。脳裏をミーシャの腐ったタクアンのような乳がかすめて、吐きそうになったので、僕らはガキについて考えるのをやめた。通常、パートやアルバイトとして働いているときは時給アップや昇格をするたびにキャリアアップ、社員への道が近づいてくるポジティブな感じ、いわゆるキテる感がするものである。僕の場合はどうだろう。時給アップすればするほど社員から遠ざかっていくようだ。年下マネージャーの言葉の端々に、僕の足元を見やがって、「断りませんよね」「あなたの年齢で希望の待遇で雇ってくれる会社はなかなか見つからないでしょう?」「年度末ならなおさら」みたいなニュアンスが見え隠れするのが、話しているうちに段々ムカついてきて耐え難いものになり、こちらから契約解除を申し入れた。僕の突然の反乱に「急に辞められてもシフトが埋まりません。困ります」と焦る年下マネージャーを無視して話を打ち切った。「たわけ」「お前のような何の取り柄のない中年が前と同待遇で会社勤めが出来ると思うな」「会社勤めは諦めて起業しろ」「ブログをマネタイズしろ」「アドセンス、サイコー」という声が聞こえてきそうだ。口を慎んでいただきたい。厳しいのは百も承知だが僕はまだ会社員を諦めていない。部長時代の賃金を諦めてはいない。だって、地球上に会社は何社あると思っているの?35億?というわけで僕はまた無職。今、僕は居酒屋で生ビールを飲みながら、妻にどのように話を切り出せば良いのか、考え、悩み、頭を抱えているところだ。(所要時間18分)