Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

ケータイ小説的日記「ボクオッパイ」


ボク
オッサン
歳?
34
もうすぐ35
エヴァに乗れるのは14
トゥエンティイヤーズオーバー
みたいな


今?
新幹線で帰るとこ
八戸まで頭を下げにきた
ペコペコペコペコペコリーノ
みたいな


前カノ?
ゴメン見栄はった
前もなにも今彼女いない
そんなのいなーい
みたいな


逃げられた彼女は埼玉県民
彼女はダサイタマ
僕は嫌われた
別れの原因?
僕のクサイタマ
みたいな


セックスの相性とかよくわかんない
僕インポだし
ポッポポポポポポーポー
マジで微妙にインポっぽい
ペレ・ファイザー・ヘルプミー
僕の心のなか
ハートマン軍曹が叫んでる
「俺はインポだろうが絶倫だろうが平等に不平等だ。ED!ED!このインポ糞豚野郎!DVD!DVD!」
みたいな


イチオシDVD?
エロ?
大沢佑香のやつ
狸みたいで激キャワいい
水戸のキャバクラでよく似たキャバ嬢が付いたことがある
でもたぶん気のせい
僕の部屋で再生され続ける「ガンギマリアナル」
大沢佑香は連夜白目剥いてぶっとい浣腸でイキまくり潮吹きハイパー状態
みたいな


キャバクラ
昨夜もキャバクラ
軽く同伴してみたけれど
ゲットの可能性
ゼロ
タバコ吸わないくせにウケ狙いでタスポ手にいれて
スイカとコンビの人形劇見せたけど
いまいち
ていうか
まったくウケずに
もう無理ポ
みたいな


お気にのキャバ嬢
メールしてみた
返事は3週間後
9月25日夕方
25日は
給料日
「フミコ来なくてサビしー(はーと)」
残酷な天使のデコメ
理由はいつも
洗面台
ボチャッ
携帯水没
嘘こけ
みたいな


福島で乗り込んできた隣のオッサン
超ワキガ
短い足広げ
その角度たるや
広角150度
そしてゲップ
オエーッ!
オッサンの開脚興味ない
オブジョイトイ
みたいな


八戸駅
お土産を買おうかと思った
でもやめた
買って帰る相手がいなかった
一人ぼっち忘れてた
部屋で僕を待つアイツ
お祭りで余った金魚は赤くていいやつだけれど
僕の言葉に応えてはくれない
みたいな


もうひとり
僕の帰りを待つものがいる
部屋の留守電
グリーンの点滅
いつも「用件1」は地元青年会の連絡事項
声はほろ酔い
謎のオッサン1号
オッサンV3の家には電話がないから
深夜
回覧板をまわすのは僕の役割
みたいな


車内販売のカート
僕の脇を通過
「ビール日本酒コーヒー各種ドリンクご用意してます」
いいから酒だ
酒を出せ
缶ビールだ
サキイカだ
たまにはプレミアム
飲みたいな


大宮駅
ギャル二人組が降りていく
二人ともオッパイが大きい
オッパイには夢と希望が詰まってる
僕から遠ざかる夢と希望
埼玉は僕から全てを奪っていく
時間を止める魔法
時を遡るタイムマシーン
誰か僕におくれよ
みたいな


ビールをすする
ひとりごちる
オッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイ
見たいな


ビールをすする
ひとりごちる
オッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイ
揉みたいな


間もなく終点東京ー!東京ー!
オッサン爆睡
手に握られた夕刊紙はしわくちゃのダンスホール
エロページで踊るオッパイガール
ザ・爆乳
バブー!
赤ちゃんいいなあ
オッパイ飲めて
バブバブー!
いいなああんなオッパイ
オッパイいっぱい見たいな揉みたいな飲みたいな
みたいな


(JR新幹線はやて86号より愛をこめて)