読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

妻がドルアーガの魔力で石になりました。

日記

文化の日の朝、目が覚めるとドルアーガが立っていた。前夜、妻の目を逃れてXEVIOUSを鑑賞したのがよかったのか、通販で買ったブルークリスタルロッドが役に立ったのか、お風呂でひとりさびしく試してみた各種ポーションが効いたのか、わからない。僕は剣を持った勇者ギル。いざ、行かんドルアーガ!気合いと同時に僕は妻の名前を叫んでいた。なお、諸般の事情によりこの文章は終始ナムコな表記になっているので各自脳内で変換していただきたい。

 

何年前だろうか?「アサダチとは何ですか?」と妻から訊かれたのは。そのとき。心で泣きながら「僕らには関係ない事象さ、忘れてくれ」と答えてから僕のオペレーション・アサダチは始まったのである。
 
 
肉体的にも精神的にもツライ日々だった。己を追い詰めるような毎晩のXEVIOUS鑑賞。地獄の沙汰は金次第と教えられドル払いもした。ブラスター発射のためのマカ・亜鉛の摂取。すべて妻のためだった。仕事に追われ海外旅行に連れて行くことも出来ない可哀相な妻に、一度だけでいい、朝陽に浮かび上がるドルアーガを見せてあげたい。その思いだけが挫けそうな僕を支えた。
 
 
すべて報われた。イシターは復活し、今、僕は超絶倫人ベラボーマン。僕は妻にこの勇姿を見てもらいたいと思って妻の名を呼んだ。あわよくば妻のマッピーをディグダグ出来るかもしれない。その前にパックマンされたいなぁ。そんな淡い期待に胸を熱くしながら。しかし隣室で寝ている妻からの反応がない。焦る。何をしているのだ。ポールポジションはそれほど長い時間維持できない。はやくしないとラリーXの機会は永遠に喪われてしまう。また一人でディグダグする生活に戻るのは構わない。けれどその前に、嘘でもいい、妻にドルアーガを誉めて欲しかったのだ。
 
 
強度は喪われ都筑区の欠陥マンションのように傾きはじめていた。こんな体たらくでは妻をオーダインに誘うなど以ての外。僕は自分の分身をローリングサンダーして延命処置をはかった。「起きて!僕のワンダーモモ!ロリコット星から飛んできて!」そう叫びながら。朝六時のマンションで。しかし懸命の延命措置にもかかわらず僕のソルバルウは墜落していった。 
 
 
悲劇はそこからはじまった。諦め切れなかった僕は、地獄から蘇った景清が頼朝を目指したように妻の寝室を目指していた。「とう!」「とう!」「ふんっ!ふんっ!」既にくたびれていたエクスカリバーをぶら下げて、ときの声を上げる僕の姿は相当に醜かったのだろう。妻にとっての《やってはいけないライン》を越えていたのだろう。妻は極めて冷静に「馬鹿者!自分の部屋に帰りなさい…(YouZappedTo…)」と言い、以後、ドルアーガの魔力で石にされたように口をかたく閉ざしている。ドルアーガがカタクするのは僕であるべきなのに、世の中の需要と供給とはうまくいかないものである。そして今夜も僕は石になった妻を救うべくドルアーガを登らなければならないのだ。
(この文章は出勤前の15分間で書かれたものである)