読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

どうしてブログでお金を稼がなければいけないの?

日記

「ブログで稼ぐ方法」や「ブログの収益性を上げる方法」について語る人は多いのに、「なぜブログなのか」「どうしてブログで稼がなけばならないのか」について語る人が見当たらないのが不思議でならない。「自分の経験に付加価値をつけたい」「価値を共有したい」「セルフブランディング」などと理由めいたものを並べている人もいるけれどお金を稼ぐということはそういう綺麗事だけでは成り立たない。世の中には星の数ほども仕事があるのになぜわざわざブログを選ぶのか。《生活のため》以外の強力な動機がないと不自然ではないか。

 

ブログで稼げるのは独自性と専門性を持ったごくごく一部の人だけで、何の実績もない人、誰でも真似できるスキルだけの人が近未来のうちに滅びるのは目に見えている。また同じようにネットで稼ぐのなら有料noteや会員制メルマガなど、有料の壁の向こうでやった方が確実だ。それなのにあえてブログを選ぶ。強力な動機がないと説明がつかない。ま~さ~か~ブログで稼ぐ方が他の仕事より簡単かつ大金を稼げるとは思ってはいないと信じたい。

 

はっきりいってブログ以外の仕事の方がブログよりも簡単に稼げる。ときどき学生ブロガーさんなどが「ウン十万稼げた!」と頼んでもいないのにわざわざ報告をしてくださっているが、ブログにかけるのと同レベルの熱意と手間をかけられるのなら他の仕事をやった方が間違いなく稼げる。これは予言だけど同期のご学友は十年後君らより多くの金を手にしているよ。一部の専門性と独自性とを兼ねそろえた人を除いてブログで稼ぐというビジネスモデルは継続しようがない。つまり今現在ウン十万稼いでいる方はひと桁、いや二桁金額が少ない。勝ち逃げするには十万単位の金などカスみたいなものだからだ。

 

僕はブロガーの皆さんが稼げなくなったときに世を渡る武器がないなんて悲しい事態は見たくない。なぜこのようなお節介を申しているのかといえば、赤の他人がどうなろうとどうでもいいが、ブロガー脱落者が生活保護に走って僕の支払う税金が増えたら困るからである。「ブログで稼ぐ方法」という記事に感心している人は、それだけでオリジナルやユニークとはほど遠い平凡な存在なので、悪いことはいわないからブログで食べていくなんて諦めた方がいい。

 

僕の貧相な想像力でも即座に思いつくこれらのリスク。それでもブログでお金を稼ぐことを選ぶのだから相当強力な動機があるのだろう。僕はその動機にすごく興味がある。ブログで稼ぐことを選んだ人たちがこの文章を読んでその動機や理由について語ってもらえたら、僕は読まないけど嬉しい。誤解してほしくないのだけどこの文章で僕がいいたいのは、ブログで金を稼ぐななどというつまらないものではなく、ブログで金を稼ぐのは大変だけど強い覚悟をもってやりとげてほしい、くれぐれも生活保護の世話にならないよう頑張ってほしい、ひとことでいえば「ガンバレ!」ということなのである。ちなみに僕は「女子大生にモテるため」という強力な動機でブログを書いているので他人に何を言われようとブレないしヤメたりはしない。

(所要時間16分)

ツイッター→フミコ・フミオ (@Delete_All) | Twitter

インスタ →fumio (@delete_all) • Instagram photos and videos