読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

しっきー氏による批判記事への対応

http://blog.skky.jp/entry/2016/04/19/211712しっきー君。今回の件、少々驚いたけれど僕は何とも思っていないので気にしないでほしい。他の人はどうあれ僕は自分のことしか考えていないので、他人にどう思われようと一向に構わないし、同じように他人様の考えにもほとんど興味がないからだ。考えや意見とは人それぞれ違うことが当たり前だと僕は考えている。そこに優劣や勝敗はない。あるのはただ差異だけだ。


勝敗をつけた方がエンタメ的には面白いことは十分に理解しているつもりだけれども僕自身が自分の勝ち負けにまったく興味がない。エンタメ的に面白ければ別だけれども。今回の批判記事についていえば、少々驚いたくらいで、正直、感情的にではなくエンタメ的にあまり面白くない記事だと評価しただけだ(すみません)。なので僕が評価しないものに対してなぜ周りがこれほどヒートアップしたのか不思議でならない(失礼)。


本来であれば、かかって来いと挑発されたのだから乗れば良かったのだけれどもエンタメ的に評価出来ないうえ、「か、かやちゃんは僕が守る…!」発言、記事に貼られていた「ターミネーター」の画像、「手斧」というネットスラング(知らなかった)等々からは、どう好意的に解釈しても本気感が感じられずテンションが下がってしまったのだ。ただでさえ自分のプラスにならないことは極力やらないようにしている僕がそんなものに乗るはずがない。


君が僕の考えをどれだけ批判的にとらえて攻撃しても全く構わないが、一点、二回目の記事における僕のブログを読んでくれているブックマーカーの方々を信者取り巻き扱いし彼らの君への対応の責任を僕にあるとするような論旨(直接的ではないが)は少しおかしいと感じた。もし彼らのことを断じるつもりなら少なくとも二回目の記事からフミコフミオの名前は外すべきだったのではないか。当該記事はすでに指摘されているとおり争点や対象が散らかりすぎていて何が何だかわからず、これもまた僕の技量では言及しようがなかった。申し訳ない。


繰り返しになるが僕は何とも思っていないので謝罪記事をあげたり当該記事の訂正や削除だけはしないでもらいたい。時間の無駄だ(そんな時間があるのならもう少し技術を磨いて)。それにブロガーしっきー君がブロガー人生で最も光り輝いたエントリーに「フミコフミオ」の名前があるなんて光栄でしかない。しかも二つ。そして絶対にブログをヤメないでもらいたい。ブログやめるなよ。長々書いたけれども僕の言いたいことはそれだけだ。他人についてのこんなつまらないものを書くのは二度とゴメンなのである。今後ともよろしく(所用時間24分)