読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

会社員の壊し方

20年もやっていると良さがわからなくなってしまうときもあるがサラリーマンはマジで最高だと思う。厚生年金もあるし残業代だって出るし楽しい楽しい社員旅行だってあるときはある。組織で働いている以上、それなりに縛られてしまうこともままあるが、縛られるのはフリーランスや自営業で働いている人とて同じこと。縛られているものが違うだけの話にすぎない。何に重きを置くか。個々の価値観の違いでしかないのだ。


ただ、僕にとっては会社という組織に守られている安心感。これは何ものにも替えがたいものがある。気を付けなければならないのは、組織が壊れたときだ。守ってくれていたはずの組織は守らなければならない厄介なものになり果てる。たとえば僕の勤めている会社がまさしくそんな感じで、他の外食産業の企業と同様に、慢性的な人手不足状態が続いている。団塊世代が退職した穴埋めをせず、ビジョンのない会社に絶望して優秀な若手社員から辞めていき、五月の連休直前に、現場の大学生のバイトたちまでもが逃亡。残ったのはうだつのあがらない小汚い中堅中年社員だけ。


《現場を守らなければクライアントから訴えられて死ぬ》っつー感じで焦った上層部はアルバイトの穴埋めのために高給取りの部長クラスを差し向け、高級取りの部長クラスは総じて動きが悪く時給950円のアルバイト一人分の戦力にならないうえプライドを捨てきれずやたら仕切りたがるので雰囲気だけが悪くなり現場の作業効率と雰囲気は悪化の一途。僕も例外ではなく、この連休は朝4時から某ホテルの現場にヘルプで入り、アルバイトのやっていた仕事をこなして(そのおかげで多分僕は業務用回転釜で調理が出来る数少ないブロガーになれた)、12時に一旦上がり、仮眠と休憩を取ってから午後3時から午後8時まで別の某老人ホームでアルバイトの穴埋めをしている。これで残業代が出なかったらブラック企業当確だけども不幸中の幸いで、午後の仕事は副業アルバイト扱いにはされてしまうが(ウチの会社は副業可能)それなりの手当をいただいている。当該手当が現金払いであるところにある種の闇を感じてしまうが。


連日の15時間労働。ほぼハードな立ち仕事。なぜ僕がこんなことをしているのか?少し前、やりがい搾取という言葉を耳にしたことがあるが、そうではない。僕はやりがいなど微塵も感じていない。ひとことでいうならば、営業マンの性搾取、だろうか。僕がアルバイトの穴埋めに行かされている現場はどれも僕がそれなりに苦労して取ってきた仕事だ。おめおめ失いたくない。客に迷惑をかけたくない。やりがいではなく、そういう営業マンの性が搾取され、いいように使われているのを知りながらあえて僕は使われている。


やっていることの半分くらいは皿洗いなどの単純作業なので慣れてしまえばあまり疲れることもないけれども、最近時々テレビで見かける、人間のかわりに受付を任されているロボ・Pepperの方が今の僕よりもずっと人間的な仕事をしている気がしてならない。寝不足気味で疲労困憊なのは否定できないが心身ともに健康そのものなのが不幸中の幸いだ。僕自身には記憶がないので同僚たちの冗談だと思っているのだけれど、昨日、僕は手洗い場で、白目になり、ううううううううううう、うなり声をあげながら十数分間一心不乱に手を洗い続けていたらしいが、もし事実だとしても疲れているだけだろう。つーか、忙しすぎて悩んでいられない、五月病や鬱を患う暇もないのが実際のところだ。


今、僕を支えているのはアルバイト仲間のN女子大生。JDとお喋りできる環境は得難く、何よりも価値があるのだ。可憐で真面目な彼女の存在だけが僕の支えだったのだけれど、今日出勤するはずの彼女がドタで来なくなってしまったので、僕が休日を返上して彼女の穴を埋める。だってオラは正社員だから。この先の見えない地獄の中で《女子大生の穴を埋める》というエロティックなセンテンスだけが僕の救世主。(所要時間23分)