読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

飛び出すチャリは避けられない。

《子どもをおんぶして自転車に乗った女性が信号待ちの車をすり抜けてセンターラインを越え、反対車線を走ってきた車と接触して転倒、おんぶの子ども死亡、運転手逮捕》という痛ましいニュース、自転車に乗っていた女性に対する非難の声が多くて驚いた。女性を庇うつもりはない。逮捕された人も気の毒だとも思う。それを承知のうえで僕はこの事故のような危険が放置され続けていていたことも問題だと思ったのだ。非難の矛先が集中していることに少しだけ違和感を覚えたのだ。

 
 
所定労働時間のほとんどを営業車で外回りをしている僕にはこのニュース、他人事には思えなかった。二十年近くになる営業生活で同じような自転車の飛び出しに遭ったことは何度もあった。おそらく十数回。接触して人命や怪我に繋がるような事故にならなかったのは運がよかっただけ。間一髪の急ブレーキ急ハンドルでたまたまギリギリ避けられただけだ。実際、法定速度を守っていても対向車線の車列から自転車が飛び出してきたら…それを避けられるかどうかは運任せの無理ゲーみたいなものだ。しかも行政が「飛び出し注意」と注意喚起を促すこと以外に有効な手を打っているようにはみえない。そのうえ最近のハイブリッド車や電気自動車は必要以上に静かで自転車サイドが気づきにくくなっており無理ゲー度はアップ。つまりこうした事故は起こるべくして起きているように僕には思えてならない。こうした事故が起きたときは誰かの非を責めるだけで終始せず、自転車側と自動車側双方からこの無理ゲーの無理具合を解消していくことを考えなければいけないのだ。感情的に悪者をつくっているだけではダメなのだ。
 
 
感情的にならず、国民の共同連帯でより良い方法を…こんなリスクだらけの状況が放置されていたらリアリストな現代の若者がますます車から離れてしまうだろうな…などと赤信号待ちで停めた車内でハンドルを握りながら誰よりもマジメに考えている僕に、ババアが運転するチャリが真正面からぶつかってくるのだから神はいない。「クソババア、ナニしやがる」「このヤロー」と怒り狂って車から飛び出すとババアが「怪我はしてないから警察は呼ばなくて大丈夫。気にしないでー」と警察沙汰にする気満々の僕に言い残してシャーっと走り去っていった。なぜ被害者面なのだろう。意味がわからない。そしてボンネットには見事にキズが。
f:id:Delete_All:20160508184444j:image
とりあえず警察には届けたけれどドライブレコーダーを搭載していなかったことが悔やんでも悔やみきれない。絶対に許さない。日常生活を過ごしているうちに、突如、回避不可能な無理ゲーめいた事故に巻き込まれて被害者になりうる、そんな厳しい現実と修理費用に、今、僕は打ちのめされている。(所要時間16分)