読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

リハビリきっつー

日記

交通事故で全治6週間の重傷(左膝骨高原骨折)を負ってから今週末でちょうど6週間になる。口が魚臭くなるのを厭わず魚肉ソーセージを食べ続けた効果だろうね、おかげさまで経過は良好で、ようやくギプスが外れ、ケガをした足に3分の1の体重をかける許可が出て、リハビリを開始したところだ。今は肉がすっかり落ちてしまったり皮に余裕がなくなっているせいで膝が曲がらない状態だ。皮の余りすぎをギャルにバカにされて悩む男性もいれば皮に余裕がなくて苦悩する僕のような男もいる。人生とはなんて難儀な代物なのだろうか。しかし膝を曲げるだけで痛い。リハビリ、きっつー。とりあえず後遺症が残らないようにリハビリを頑張らなければならない。


問題は金だ。一連の治療費を僕は立て替えて支払っている。経験や知識がある皆様なら容易に金額を想像出来るだろうから敢えて金額は公表しないが、なかなかの金額に達しており、そろそろ加害者にお支払いを願わなければツラい。加害者は泥酔して自転車を運転していた八十才の年金生活者の男性だ。保険未加入。テロリストと交渉するつもりはないのでダイレクトにこれだけの金が欲しいと伝えた。反応は驚くべきものだった。「払えない」。

 

「払いたいが払えない。手持ちの金が無くなったら明日から生活が出来なくなる。それに弱い立場の年寄りから金を取るのはいかがなものか」生活が…つって同情を誘っているつもりだろうがバカなんだろうか?同情されるべきは足を折られてクソ暑い夏を風呂無し生ビール無しのギプス生活を強いられた僕の方である。生活が成り立たなくなる?立たなくて性生活が成り立たない僕に比べれば悲劇でも何でもない。はっきり言って僕に重傷を負わせた人間が生活に窮しようが、滅亡しようが僕には関係がない。そんな事態になったらおそらく喜んでしまう。ザマーミロ!天誅!僕は神でも仏でもマザーテレサでもない。加害者に同情するような奇特な性癖の人間でもない。加害者自身から「こっちも大変なのよ」と言われたら「バカなんですか?」と言い返すごくごく一般的な市民にすぎない。

 

という真理を先方にわかりやすく過激な言葉でお伝えして電話を終えた。「バカなことは言わないでください。怒りますよ」テロリストと交渉はしないのだ。逃亡の恐れはおそらくない。僕はすでに松葉杖偵察で先方がそこそこの豪邸に住んでいることを掴んでいる。

 

仕事。通院。リハビリ。交渉。まだ松葉杖を手放せない僕には忙しすぎる毎日だ。家族からは交渉はしかるべき第三者に任せるべきではないかと言われてもいる。だけどしない。大学時代のゼミ同期の弁護士に「会社員なんかよくやってられるなー」とバカにされる屈辱は二度とゴメンだし、自分の手で直接、恨みつらみを晴らせる機会をみすみす手放したくない。つーか一度も謝罪に来ないような人間に同情できる方法があるのならご教授願いたいものだ。(所要時間16分)