読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

OKアフィリエイター

アフィリエイターへの批判を時々見かける。その理由をまとめると「金稼ぎを目的に内容の薄い記事でインターネットを汚染させている」「人の褌で相撲を取るな」」「生理的にムリ」といったところになるだろうか。「アフィカス」という蔑称で全否定する人もいる。かつては僕もいわゆるアフィカスが嫌いだった。理由は他のアフィリエイト批判者の方々と少々異なる。僕の場合、《大金を稼げて羨ましい》《面の皮が厚くていいなぁ》という羨望が生んだ僻みを批判の根拠としていた。今の僕はアフィリエイター、アフィカスを否定しない。確かに彼らの記事は内容がなかったり不正確だったりするうえ、お役に立ちそうな体裁だけは整えてあり、さらには内容は手を抜いているくせに金策と検索対策だけはしっかりしているのでマジで邪魔なときもある。なぜ血を吐きながら書いているこの僕の日記がアフィカスの中に埋没しなければならないのか、そんな理不尽な怒りに震えた夜もあった。でも僕はアフィカスを批判しない。否定しない。なぜか。アフィカス各位を叩いたところで僕の金が増えるわけではないからだ。色々な人がいた方がインターネットにいた方が面白いというのもある。僕のような人格者になると、嫌いな人間イコール攻撃対象ではなく観察対象。嫌いなものにマジでキレている時間とカロリーが僕にはもったいなく思えてならない。一言でいえば、めんどー。僕はアフィリエイターを否定しないがすすんでウンコを踏むのも嫌なのでアフィリエイター各位には、記事の冒頭に「私はアフィリエイターです。その事実を許容できる人のみお進みください」と表示してもらいたい。ご検討よろしくお願いいたします。ウンコウンコと批判しているが貴様のブログはどうなのだ!というご意見に対しては僕はこのブログがウンコだと自認しているし、かねてより「ただの日記」と表明もしている。一度として人様の役に立つ記事は書いたことはないし、そもそも人を不快にさせることが僕のブログを書くモチベーションであり理由。僕はゴミを書いている。役に立たないウンコをインターネットにまき散らしている。アイアムウンコ。嫌いなら生ゴミに分別して忌避してくれればいい。大事なのはゴミの分別がしやすいようにすることなのだ。なので、アフィリエイター各位には「文章を書くことに喜びを感じる」とか「インターネット大好き」などと心にもないことは言わないで欲しいし、間違ってもブロガーを自称しないでもらいたい。そしてウンコをウンコでないように偽装してウンコを踏ませている悪質なアフィリエイターが漏れなく滅亡してくれたら嬉しい。(所要時間12分)