読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

初対面の女性からいきなり連絡先を教えられた。

何しろ初めてだったのだ。宗教の勧誘とはいえ、初対面の、それも20歳前後の美しい女性から携帯番号を教えられたのは。「個人の携帯です。いつでも連絡をください」。少し佐々木希に似ている宗教ガールの声はカピカピに枯れた僕の心と海綿体を潤してくれたような気がした。それがちょうど1週間前の日曜日の午後の出来事だ。でも僕は電話出来なかった。すでに結婚をしているから、ではない。仕事に追われていたからでもない。僕はEDだ。彼女に連絡を取って、パンツを下ろさなければならない局面になったとき、股間が静かなること林の如しだったら…。その静かな恐怖はいつも僕から積極性を奪う。いやでも、つって逡巡してるうちに宗教ガールが僕の留守中に我が家にやってきて妻と遭遇してしまう。帰宅するなり妻から報告を受けた。若い女の訪問を受けた。私は恥ずかしい。なぜ宗教ノー!ときっぱりと断らないのか。妻からの一方的な詰問。宗教の勧誘と飛び込み営業はよく似ている。営業畑でやってきた僕には新規開発ノルマを追われる彼女の苦労がわかりすぎてしまって、その理解が同情となり、きっぱりイケなかったのだ。妻は彼女から執拗な勧誘を受けたそうである。「あ、ウチはシューキョー間に合ってますから!」「話だけでも」「ウチには毘沙門天がありますので」「少しだけでも」妻と宗教ガールの玄関先での熾烈な争いはしばし続き、最終局面で宗教ガールは奥義「旦那さんは私の個人携帯を受け取りましたよ」を繰り出したのである。妻は一部始終を再現したあとで「よく考えて。君がてっくす教団で何が出来るというんですか?」と諭すように言った。悲しかった。あらかじめ想定していたことであっても改めて自分以外の人間に言葉で言われるってのは案外、きっつー、なものである。宗教ガールが僕を誘うもの。仮にそれがてっくす教団だったら僕はあらゆる性的な誘いにも揺るがない異教徒として磔にされてしまうのだろうか。教団の基礎を無効化する悪魔として。それともあらゆる人間を招き入れるために緻密に、それでいて誰でも容易に運用できるようシステマチックに作り上げられた性の教典が僕をED地獄から救済するのか?またはEDというだけで信教の自由は認められないのか?確かめるためにはとりあえず宗教ガールと床の上で一戦交えてみなければならないし、腹上死やむ無しの強い決意もあったけれど、目の前で妻がガスコンロに炙って番号メモを燃やしてしまったのでその願いは永遠に叶わない。(所要時間13分)f:id:Delete_All:20161016223049j:image