読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

42歳、転職のリアル「辞めたいが辞められない」篇

会社を辞めたいが辞められない。こんなことを言うと「そんなに嫌なら辞めればいいじゃないか」と臆病者扱いをされ、笑われる。違う。誤解だ。退職や転職を恐れてなどいない。僕はもう働くこと自体に嫌気がさしているのだ。大学を出て20年間それなりに真面目に働き、そこそこ出世した結果、働くことについて何の価値も見出せなくなってしまったのだ。もしかしたらこれが燃え尽き症候群なのかもしれない。

 

つまり、僕はもうあまり働きたくない。面倒はごめんだ。今の仕事を辞めて、別の仕事をやりはじめたら、それが会社勤めであれ、フリーランスであれ、少々頑張らなければならないのは目に見えている。めんどー。そんなのもう堪えられない。最近気が付いたのだが、朝から晩まで働いて、メシ食って、プレステをやったりネット動画を見てから寝る、この絶望的なルーティーンはどんな仕事を選んだところで変わらないのだ。20年間でプレステ、ドリキャス…とゲーム機が代替わりし、VHSがネット動画に変わってはいるけれど、本質的には何も変わっていない。

 

やりたい仕事や追いかけたい夢がある人が心底羨ましい。僕にはそんなものは何もないからだ。僕にあるのは不満とストレスと責任と義務。責任と義務には感謝している。それらに生かされていると言ってもいい。もしその二つがなかったら僕はとっくにドロップアウトして死んでいた。今の僕にとって働くということはただ面倒な行為であり、責任と義務を果たすために金を稼ぐ手段ということでしかない。働くことそのものに意味はなく、金を得ることのみに意味がある。そういう考えが頭をよぎってからは、転職したところで…なんでまた頑張らなければならないんだ…といった厭世的な気分が晴れた瞬間はない。

 

お金が欲しい。お金があればいい。意識が低い僕は、自分を高めようとなんかまったく思わないし、ビジネスを始めようとも思わない。なぜわざわざそんな風に面倒なことを頑張れるのだろうか、不思議でならない。おそらく他人の目を気にしてカッコつけているのだろうが、他人のことなどどうでもいい僕は己を高めず、起業もせず、シンプルに大金が欲しい。毎日、空から大金が振ってくることを真面目に祈っているくらいだ。

 

一方で僕は一連のモヤモヤした気分を解決する方法をすでに発見している。しかしその方法を実践したところで働くことが面倒である事実は変わらないので実践はしない。また、その方法を他人に明かそうとは思わない。そういうのは自分で見つけるべきだし、後進の皆様に同じ轍を踏んでほしいからだ。僕だけがこのような想いをするなんてやり切れない。僕は老いていく。これからのろくでもない人生、他人の失敗を娯楽に生きるくらいしか楽しみがない。転職、めんどー。人生、きっつー。今、僕に出来ることは極楽浄土に行けるよう祈りながら南無阿弥陀仏を幾度も唱えることくらいしかない。(所要時間12分)