読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

元社畜の僕でもドン引きする「ヤバくなったら逃げろ」と若者に助言するパイセンの無責任

学校を卒業して社会人になるときのハードルの高さの正体は先に社会に出ている大人のメンツの大きさではないだろうか。パイセンのメンツを守るために「仕事だから」「それくらいググっとけよ」つって新社会人に無駄な緊張と努力を強い、最悪、ウツ発症。無理もない。働くということ、社会人になるということについて教えられていないのだから。出来るわけがない。教えないのもメンツを守るためだ。メンツが守られているからこそ「お父さん仕事でお疲れなのよ。寝かせておいてあげて」「お父さん寝てるだけだけど偉いんだよねー」という凡庸な母子のやり取りが昭和に頻発したように、ボンクラ社員でも家庭では尊敬の念をもって扱われるのだ。古来より、社会秩序を守るため、いわば先に世に出ただけにすぎないパイセンを守るためだけに、働くことは尊い行為という空気が形成され、維持されてきたのだ。これがメンツだ。今はいくぶん薄くなってきてはいるものの、それでもメンツを保つためにネットなどで「働く意味・意義」について講釈を垂れる人がいる。「社会人になる前に知っておくべき108の知識」を開示する人がいる。偉そうに。働くのは生活のため、それ以上でもそれ以下でもありません、バカみたいにハードルを上げて自分を偉くみせたいですか?山は死にますか?川は死にますか?脳が死んでるんですか?といって僕が笑い飛ばせるのは僕が社会に出て長い中年だからであって、ピュアな若者ほど感化されて大人のメンツを形成するレゴになり、メンツ・レゴランドの一部に堕ちるのだろう。きっつー。働くことは「スゴい!」「尊い!」「偉い!」とハードルを上げておきながら「ヤバくなったら逃げろ」などと人生のパイセンは言う。無責任すぎやしないか。裁判員の目の前で犯罪を隠蔽する犯罪者みたいだ。それでいて「ヤバくなったら逃げろ」とこれまた大人の理解や余裕を見せているのだから、とんだ偽善者である。普通に生きていたら逃げ場所を確保していく余裕はないし、逃げる方法もわからない。教えられていないのだから。大人のメンツを守ることを僕は否定しない。案外そういうくだらねえメンツがあるからこそ世の中は回っている面はあると思う。大事なのは「逃げろ!」と声を上げることではなく、もっと実際的な、逃げられる場所の作り方や逃げる方法を教えることだ。さいわい、僕は誰からも教えられていないけれど己の才覚とラッキーで、他人が作ったハードルを越えることなく、唾をかけながら、人生を逃げ続けられている。その逃げるヒントをこのブログから嗅ぎ取ってもらえれば嬉しい。まあ、とにかく、僕が言いたいのは、働くことに真剣になりすぎるな、テキトーにやれということ。若いうちにしか失敗は出来ないのだから今のうちにたくさん失敗してほしい。僕のように四十を越えてしまうと人生は綱渡りで、結婚、退職、再就職、さまざまな局面での失敗が死に直結する。きっつー。そんな幸薄い人生を送っている僕を一瞬だけ笑わせるために、新社会人の皆様には社会的に抹殺されるような致命的な失敗をやらかしてもらいたいと僕は無責任に思っている。(所要時間16分)