Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

「あなたは子供がいないから人生楽勝ですね」と言われた(2年ぶり春夏通算19回目)

先日、同僚から「部長は子供がいないから人生楽勝ですね」と言われた。失礼極まりない。このテーマはこのブログで何度も取り上げている。それだけ言われているということ。職場の同僚と学生時代の友人において50代で子供がいない僕は、圧倒的に少数派。目立つのだろう。少数派に対して無自覚で容赦がないのは日本社会の特徴であり悪いところだ。怒らなければダメだ、という意見もあるだろうが、こういった発言をする人は哀れみと軽蔑の対象であり、同じ土俵に立って争うものではない。仕事上少なからず付き合う必要があるため、心の中の「距離を置く」フォルダにぶち込んで、何事もなかったように無視すればいい。怒るのは時間とカロリーの無駄。親兄妹ではない僕に、彼らを修正する義理はない。

「子供がいない」は本当に楽なのか。全然実感ない。いないことによって、失礼極まりないアホ言葉を浴びたり、子供と母ちゃんの乳奪いあいゲームが出来なかったり、マイナス面が大きい。「パパやめて~、このミルクは赤ちゃんのものよ~」と叱責される経験が出来なかったことが、今後の僕の人生に負の影響をもたらすのは間違いない。子供がいることで得られる喜びは得られず、「子はかすがい」といわれるように、子供で絆が保たれることもない。小遣いも少ない。尿漏れは酷いが、子供がいないために父親の威厳は芽生えず、股間にはいつもうっすらと千葉県型の染みがある。不謹慎だが、メリットは一家心中の危険性がないくらいでは?子供がいなくても、「心中宵庚申」のような夫婦心中の危険性はあるので、メリットとしては弱いけど。 

子供がいると大変なのは理解している。子育ては肉体的精神的経済的に大変だ。だが、あくまで想像だけれど子供がいるから頑張れるということもあるはずだ。会社上層部から理不尽な言葉を浴びせられたとき、僕は「クビになってもいいや」という精神で「お言葉ですが…」と言い返してしまうが、「家族がいるから我慢した」といって子供がいる同僚は耐え忍ぶことができている。そのほかにも子供がいるという要素がポジティブに働いているように見えることは多い。「子供がいる/いない」のどちらの難易度が高いのだろう。その人次第、どの要素を重視するかで変わる。人それぞれで前提条件が違うので比較が難しいし、ひとりの人間が同時に「子供いる/いない」の経験ができないので、サンプルが取れないからだ。強いていうなら、どちらともいえないが答えになる。
 「子供がいないと将来不安じゃないですか?」と言われることもある。これも、いないから楽勝の亜流で、失礼極まりない言葉だ。不安と子供の有無の関係がよくわからない。文脈から、歳を取って病気やケガで身体が不自由になったとき、仕事を辞めて経済的に苦しくなったとき、子供がいないと助けてもらえないということっぽい。あるいは孤独に死んでいくのは寂しすぎるということかも。死ぬときは誰でも孤独だから、子供の有無は関係ない。そもそも孤独に死ぬことのどこが悪いのだろう。子供に囲まれて昇天したいなんてエゴだろう。子供がいない僕がいうのもおかしいが、子供を自分の人生を飾る何かと思っているとしか思えない。歳を取っても子供がいれば安心という考えも同じだ。子供を保険と勘違いしているのではないかな。自分の将来は自分で何とかできるように今から対策を考えましょうね、としか言えない。
「子供がいないと楽勝」「子供がいないと将来不安じゃない?」といった言葉に、僕が反論しないのは、発言主の子供に対する問題や疑問を僕に投影しているにすぎないからだ。前者は「子供のせいで大変」、後者は「子供がいても不安」のあらわれである。失礼極まりないと繰り返してきたが、これらの発言は僕に対してよりも、自分の子供に対して失礼極まりないものなのだ。子供のいない人生をうらやましがるのはやめましょう。人生は人それぞれ。子供のいない人生は、それはそれでなかなかハードモードなのだ。小遣いは少なく、レスや不能を疑われ、子供関連の楽しそうなイベントは経験できないのだから。ま、僕は今のところ、おかげさまでギリハッピーだけど。(所要時間22分)