読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

結婚なんてしなきゃ良かった。

誰が言い出したのか知らない「結婚すれば喜びは2倍、悲しみは半分」というフレーズを僕は結婚前から無責任な嘘と思っていた。浅はかだった。僕の見解は間違っていた。嘘どころか大嘘であった。ゼクシィを読んでいる人には申し訳ないが、結婚することで喜びは半分になる。悲しみは…変わらない、としておこう。こんなふうに正直者の僕が事実をお伝えすると一部既婚者の方々は「そんなことはない。我々夫婦の幸せは2倍どころか3倍になっている」と否定するかもしれない。仕方ない。人間は現実ではなく見たいものを見る生き物なのだから。誤解してもらいたくないが、マイナスの意味ばかりで幸せ半分と言っているのではない。感情の振り幅が減っていることは、言いかえれば、安定しているとも言えるからだ。問題は僕がはそんな安定を望んでいたのかどうかだ。責任。義務。経済的制約。生活のために汗をかいて労働し、汗を流せばファブリーズをかけられる。そしてパーフェクト・セックスレス。確かに僕は衛生的で、安定した生活を手に入れた。それは間違いない。だが、時折、得たものと失ったものとを天秤にかけてしまう自分もいる。「きっつー」。5年間の結婚生活を総括すればその四文字に集約される。億千万のきっつーの堆積、その結果が別居状態である。きっつー。結婚なんてしなきゃよかった。僕は思う。ゲーム機を自由に買えないような生活が果たして人間の生活と言えるだろうかと。何をしても独身者を羨んでしまう。ウンコの残り香を気にしながら、いそいそとトイレから出てくるような、奴隷のような生活はもう嫌だ。昨夜、酒をがぶがぶ飲んだ。「遅くならないように」「飲み過ぎ注意」そんな小うるさいことを言う妻はいない。人間らしい生活を取り戻す。独身に戻る。楽しい酒はいくらでも胃袋に入るもので帰宅したのは深夜一時。もちろん自由な僕はタクシー代をケチらない。誰もいないマンションは静かで暗い。このどこまでも自由な静謐さこそ、僕が望んだものだ。結婚なんてしなきゃ良かった。倒れるように寝て起きると朝食が用意されていた。玉子焼、ほうれん草のお浸し。しじみの味噌汁(インスタント)。コップ一杯の養命酒。本当に、本当に、結婚なんてしなきゃ良かった。自由な独身の君たちが心の底から羨ましい。(所要時間12分)