Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

会社上層部の固定電話信仰が想像以上にキツかった。

会社が楽しくて仕方がない。在宅勤務やテレワークに対して一定の無理解を示している会社上層部のことを考えるだけで、笑みがこぼれてしまう。彼らが強引に元の勤務体制(社員一律出勤)へ戻そうとする信念が、どこから来ているのか探るのが楽しくて仕方ないのだ。これまでは「バカだな~」と笑っていればよかった。だが、タイミング悪く、社長が体調を崩して休養に入ってから、専務を中心とした勢力によって元の勤務体制に戻そうとする動きが現実味を帯びている。僕個人としても、上層部から敵対していると思われ、刺客(人事マン)を放たれ、行動を厳しく監視されている。

なぜ、上層部は在宅勤務やテレワークに対して頑なに否定的なのだろう。考えたところでバカの壁が高すぎて越えられそうにないので、ダイレクトに質問をしてみた。答えはオカルトであった。「固定電話からの電話でないと相手に信用されない」「携帯やスマホからの着信は信用にかける」…だから出社して電話をかけなければならない。このような昭和から脈々と受け継がれてきた強固な固定電話信仰が、上層部の行動原理であった。きっつー。ウチの会社はテレアポや集客を外部に委託しているので、原則、アポ電をかけることはない。つまり名刺交換やメール交換を済ませた、特定できる相手に対してしか電話をすることはない。「ある程度関係性を築いた間柄であれば携帯から電話しても問題ないでしょう」という僕の意見は「親しき仲にも礼儀あり」「相手にはナンバーディスプレイが実装されているのだぞ」と一喝されて蒸発した。そして、たまらず以下のツイートをした。

皆さまから様々なご意見ご忠告をいただいた。参考になった。あざーす。突き詰めれば、得意先の信用のもとが固定電話番号にあるのなら、携帯やスマホからかけても固定電話番号が通知されれば良いのである。僕はその種のサービスを資料にまとめて上層部に提案した。これなら携帯から電話しても固定電話からかけたことになります、と。勝った。終わった。お疲れちゃーん。バイバイキーン。だが、このときの僕は固定電話信仰を甘く見ていた。上層部はこう言い放ったのだ。「何もわかっていない」

その後、聞かされた固定電話信仰は僕の想像を超えていた。彼らの言う「相手」、「信用」の対象、固定電話に対する認識、すべてを僕は取り違えていた。「固定電話信仰乙www」とバカにしていながら固定概念にとらわれていたのは僕であった。彼らのいう、固定電話から電話をかけることで信用を得られる相手は客や取引先ではなかった。上司や同僚や部下といった社内であった。そこに客はいなかった。出勤してオフィスで仕事をする。デスクに設置された固定電話から得意先へ電話をかける、あるいは得意先から固定電話にかかってくる(ナンバーディスプレイで部署全体に通知)。周りにいる同僚たちに会話を聞かれる。「こいつはサボらずに仕事をしている」という信用を得られる。これを相互におこなうことでお互いに信用が高まるとともに、「あいつがやっているなら俺も」という競争心が煽られ、サボる人間がいなくなり生産性が上がる、という考え方であった。きっつー。

必要なのは固定電話「番号」ではなく固定電話からかけるという「行為」。固定電話番号信仰より2ランクほど純度の高い固定電話原理主義。いってみれば、江戸時代の五人組のような極めて現実的な支配のための相互監視システムであった。いまどきそんなものでモチベーションが上がると考えていること自体が恐ろしい…。会社が変な方向へ行かないよう作戦を考えているが、力及ばず元の勤務体制に戻りつつある。そしていよいよ来週から朝礼が復活する。「朝礼ならオンラインで出来る」という僕の提案を上層部は汲んで妥協してくれて、オンラインで朝礼に参加した後で出勤するのも認めてくれることになった。ちがうそこじゃない…。僕の失脚を画策している刺客人事マンから、あまり逆らうと立場が危ないですよ、と同情される始末で、本当に会社が楽しくて仕方がない。マジで毎晩うなされているよ。(所要時間24分)

本が出ます→神・文章術 圧倒的な世界観で多くの人を魅了する

ツイッター→フミコ・フミオ (@Delete_All) | Twitter

物語ることは人生をデザインすることである。(12/16発売『神・文章術』より)

人生は「物語」にたとえられる。物語を語ることは、劇的な人生を送っている、特別な人にだけ許される行為ではない。誰にでも平等に与えられた権利だ。40数年生きてきてわかったのは、誰にでも物語があるということだ。起死回生の大逆転や、ライバルへの倍返しといったドラマはない。疲れていても家族サービスを休めない、毎朝、上司からの嫌味を聞かされてうんざりする、といった、まだ語られていない物語が僕らにはある。

人生は物語だ。これからの人生を物語ることができれば、人生をその物語に近づけていくことだってできる。ボードレールやポーの詩に自分の人生を近づけることに比べれば、はるかに簡単だ。

「熱狂をもたらす」「多くの共感を得ている」ビジネスの成功者は物語るのが好きだ。自分の言葉を使って物語ることで、現実を自らの物語に近づけている。物語ることで夢や理想を現実化している。

マーク・ザッカーバーグ氏(Facebookの共同創業者兼会長兼CEO)

「人々が情報をもっとオープンに交換するようになれば、世界はもっと良い場所になる。Facebookはその実現を助ける」

松下幸之助氏(パナソニック〈旧松下電器産業〉グループ創業者)

「松下は人をつくるところでございます。併せて商品もつくっております」

「企業は人なり」

ザッカーバーグ氏も松下幸之助氏も、平易な言葉で、夢を語り、それを実現させている。

 

年始に目標を立てるのも、「物語り」のひとつだ。その目標を手帳に書き込まなければ、その目標は達成できない。心のなかでこんなことをしたいとぼんやり思うだけではなく、自分の言葉へ変換して明確することで、初めて、意識にインプットされる。

「物語り」は自分の言葉で自由にやろう。そして最後まで書ききろう。その際、できる限りディティールにこだわってみよう。そのほうが、自分と物語との位置関係や距離感をはかりやすく、人生を寄せやすいものになる。

プロサッカーチームのコーチが、重要な試合の前に、選手たちに、最高のパスをつなげたゴールや粘り強い守備でゴールを守った瞬間、勝利の凱歌をサポーターとともに歌う姿をまとめたビデオを見せて、チームに活を入れることがある。具体的な成功体験を物語にして、自分たちの未来をそこに近づけようとしているのだ。「物語る」ことで、人生はよりよいものにできる。自分の言葉で「物語る」ことが、人生を良いものに変えていくのだ。

「物語る」ことで、より大きく強い世界観が手に入る。小説家が短いエッセイと長編小説を書いたとき、その小説家の世界観がより強くにじみ出るのは長編小説になることが多い。大きく「物語る」なかで、様々な対象と自分との位置関係や距離をはかって言葉にしていく機会も増える。その分、世界観も強くなる。つまり、大きな物語を「物語る」ことによって圧倒的な世界観をも手に入れられる。

 

この記事は12月16日にKADOKAWAから発売される僕の新著『神・文章術 圧倒的な世界観で多くの人を魅了する』からの先出しです。

 

会社で失脚しそうです。

超チルなサラリーマンを目標に4年前中途入社してから順調にやってきて、生え抜きと老人で占められた幹部に抜擢され、営業部門の責任者を任されてきたけれど、マジで失脚しそう。詳しくはいえないが、社内で大きな動きがあったのだ。ウチの会社は僕が入社する前、経営が芳しくなかった頃から、金融機関から出向を受け入れてきた。出向者は1年ほど経った時点で幹部社員になるという流れが出来ている。その流れから社内で勢力を持っているのが専務派であり、先述の社内の動きに乗じて専務派が攻勢にでているのだ。そのうちの一人、去年の春から出向してきた50代の人事マンが、夏から正式に社員となった。無論、専務派。その彼が、突然、僕に牙をむいた。「一年ほど、営業部長の行動を監視させてもらい、いくつか問題を発見しました」といってヒアリングを行いたいと言ってきたのだ。営業管理ソフトと社用車のドラレコGPS管理で僕の行動を一年間チェックしていたらしい。僕は聖人ではない。想像的な倶楽部が立ち並ぶ風俗街を駆け抜けたり、パチンコ屋でトイレを借りたり、休憩時間にアダルティックな店でブルーレイを買ったり…といった見る人によってはグレーに見える行動が思いついてしまう。きっつー。

新しい場所で己をアッピールするために、ターゲットを見つけ、そのターゲットを踏み台にする方法を僕は否定しない。自分はやりたくない方法だと思うだけである。だから人事マンから、監視してましたよー、問題ありましたよー、と告げられて、僕自身がターゲットにされたとわかったときは、「ついにターゲットにされる価値の人間になったのだ…」と軽く感動したくらいだ。おそらく、人事マンは部門長レベルで最年少かつ唯一の中途採用者かつ専務派ではない僕を貶めることが最高のアッピールになると考えたのだろう。ただの凡庸な人事メーンだとばかり思っていたのに悪事を働くとはね、お見それしました。僕に出来ることは、チェックされたであろうグレー行動のグレーの濃さを薄めるべく適切な弁解を重ね、人事マンに尻尾を振るかのように、今後は専務派の末端として社内で目立たないように誓うこと…などではない。僕に目をつけたことを後悔すらできないよう人事マンを殲滅することである。

個人ヒアリングで人事マンは、営業管理ソフトと社用車の記録から僕の行動をピックして、「もっと効率的な営業活動をすれば成果もあげられるのではないか」「5分の商談のために客先へ足を運ぶ必要がありますか」「最短ルートを通らずに繁華街を通る理由はなんですか」などとくだらない質問をしてきた。馬鹿なのだろうか。馬鹿なりに余裕があるように見えたので、隠し玉があるのかもしれない。僕は、どんな回答をしても、あげ足を取られるのが目に見えていたので、それらのくだらない質問には直接答えず、「部署としても個人としてもノルマは達成しているので問題はないかと」と前置きしたのちに、「貴兄の期待するような行動を採って数字が下がったときにどう責任を取られるのか教えていただけますか」「営業管理ソフトはあくまで営業部門の生産性アップのために導入したツールであって個人を監視するためのものではありません。その点についてどういう見解をお持ちですか」と質問で返した。反撃を予想していなかったのか、質問に答えろ的なことを繰り返す人事マンに、僕なら貶めようとする相手の行動を監視するなら、決定的なものを掴むまで相手にバレないようにしますよ、決定的なものが見つからなかったら監視をやめる、監視していたことが問題になってしますからね、監視が正当化されるのは決定的なものが見つかったときだけですからね、と監視のいろはを教えて差し上げたら、彼は「専務には報告をあげておくから」と言って黙り込んでしまった。

こうして人事マンとの緒戦は互いに遺恨を残すかたちで終わった。僕は監視されている。営業管理ソフトと社有車記録と会社で持たされている携帯の通話記録で。意外と仕事に対してはマジめなので、監視されても問題はないはずだが、あげていない足を強引に上げられてあげ足を取られることはおおいにありうる。しんどいのは、ただ仕事をしているだけでストレスを感じることだ。監視されていることがわかってから、頭痛、声のかすれ、耳鳴り等の症状が出てきて、なんだか体調が良くない。とはいえ、僕は会社で生き残るために、好きでもない人間と迎合するつもりはまったくない。殲滅するか、失脚させられるかの2択。ミスをしたら、即、失脚もありうるという状況に今、僕は置かれている。きっつー。(所要時間27分)

12月16日に本が出ます→神・文章術 圧倒的な世界観で多くの人を魅了する

ツイッターもやってます→フミコ・フミオ (@Delete_All) | Twitter

書くだけで人との付き合いを一段階深いものに変えられる(12/16発売『神・文章術』より)

ブロガーや作家やライターとの付き合いはない。お誘いもない。単純に嫌われているのかもしれない。営業面からいえば、コネは多くあったほうがいい。だが、そういった付き合いが「書く」という行為のプラスになるだろうか。あったとしても「あの人が頑張っているから僕も頑張ろう」くらいの気分の問題だ。付き合いによって「書くこと」の質が劇的に向上することはない。

なぜなら、「書く」という行為が、個人的で孤独な営みであり、自分と向き合うことによってのみ、なされるからだ。付き合いによって文章がうまくなるという幻想は捨てよう。持つべきものは、友との付き合いではない。自分と向き合う時間だ。

もちろん、仕事に関連のある人間とワイワイ話すほうが楽しかったり、直接的な刺激を受けられたり、モチベーションが高まったり……という側面は、少なからずあるかもしれない。でも、その仲間との集まりを終え、帰宅した後。アクションをなんにも起こさずにいれば、「書くことの質」なんて永遠に向上しない。

僕らは、他者との付き合いにおいて、多かれ少なかれ、「仮面」をつけて素の自分を隠している。職場やプライベート、SNSで仮面をつけて、刺激を受け、経験を重ねている。そして、仮面をつけた状態で得たものをそのままにしている。「イイね!」を付け、シェアすることで、「何かを得た感」を覚えて完結させていることが多い。

そこで完結させてしまうのは、すごくもったいない。人との付き合いで得たものを、咀嚼して、自分オリジナルの経験/体験に変える意識を持とう。そのためには仮面を外して1人になる時間を持つようにする。たとえばお風呂やトイレで、一日を振り返って、素の自分になって自分の言葉で評価をしてみる。

一人になる時間を、言葉を使っての一日の振り返りにあてれば、人との付き合いをより深いものに変えてくれるはずだ。うまくいかなかった仕事があったとき、SNSに「仕事全然ダメだった」とつぶやいて、「よくやったよ」「次ガンバレ」という反応を得て、「よし。自分よく頑張った!」と自己満足して終わらせないようにする。そこから一歩進んで、トイレでひとりになってダメだった経験を自分の言葉であらわしてみるだけでいい。

あえて独りになって、自分の言葉に落とし込むことで、人との付き合いを何段階も深化させることができる。

 

この記事は12月16日にKADOKAWAから発売される僕の新著『神・文章術 圧倒的な世界観で多くの人を魅了する』からの先出しです。Amazonで予約できるようになりました。神・文章術 圧倒的な世界観で多くの人を魅了する

 

「書ききる」経験だけが、書ける人間をつくる(12/16発売『神・文章術』より)

書きたい気持ちを優先して書いてみよう。雑音はシャットアウトして書ききる。しんどい。迷いもある。納得できない。それでも書き進めていき、終わらせる。「書ききった」という小さな自信と「うまく書けなかった」という悔しい気持ちは、書ききったからこそ得られるものだ。

どれほど拙い文章でも、書かれなかった文章よりは、何万倍もマシである。「書ききる」という経験が、書ける人間をつくる。凄く面白そうな企画の映画で、そのまま企画倒れになってしまった幻の映画よりも、ポテチとコーラで2時間潰せるだけの劇場未公開映画のほうが、価値はある。僕の記憶に残っているのは、レンタルビデオで借りた出来の悪いC級ゾンビ映画ばかりだ。「なぜこんなくだらない映画を撮り切ったのだろう」と笑いのなかで疑問に思ったものだが、今、振り返れば、ゾンビたちは最後まで作り切ることの大切さを僕に教えてくれていたのだと思えてならない。 企画で頓挫した映画には、価値はない。作りきったものだけが歴史に残るのだ。それがゾンビ映画のようにくだらないものだとしても。

    テクニックに走るのは、現代社会の余裕のなさに要因がある。直接、成功や成果に結びつかない失敗や回り道を受け入れない風潮がある。失敗や回り道をするものなら、要領の悪い人間認定をされてしまう世の中だ。近道を選んでしまう傾向になる。仕事や研究でも、成果や結果、成功ばかりがフォーカスされている。成功者の人生をコピーするような生き方が流行っている。

先人のつくった近道を通れば楽だ。だが、それは自分の人生を生きているといえるだろうか。いえない。先人がつくった道をトレースすれば、成功者の劣化コピー人間になるだけだ。人生は誰かの人生をコピーするためにあるのではない。

だから、ときどきでいい。毎日の暮らしや仕事のなかで、10パーセントくらいは、あえてネットでやり方を調べずに自分の力でもがいて切り拓いてみよう。それだけでオリジナルな生き方になる。

自分で切り拓いた道こそが、自分にとって最速の道になりうる。すでにある近道はあなた自身にとっての近道かどうか、わからない。もがき苦しんで、試行錯誤と失敗の果てに見つけた道があなたにとっての本当の近道なのだ。

仕事や研究、スポーツでも自分でやってみない限り自分のモノにはならない。失敗や回り道を無駄と切り捨てない。その無駄を自分の力に変えるという意識と情熱があれば、無駄は無駄でなくなる

 

この記事は12月16日にKADOKAWAから発売される新著『神・文章術 圧倒的な世界観で多くの人を魅了する』からの先出しです。