読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

「君の値は。」

怪我の回復が思わしくなくさすがに心配になってきた。8月に遭った交通事故の怪我だ。「左脛骨高原骨折/左膝関節血症 全治6週間」という診断で、ドクターがいうには立ち仕事が出来るようになるには8週間だったが、8週間を経過した現時点で立ち仕事はまだまだ困難な状態だ。加害者サイドとの折衝は専門家に任せてしまっているので、具体的な内容については控えるけれども、専門家の報告による治療費(経費)以外の慰謝料が少ないように思えてならない。僕の感覚として少ないと感じただけで、僕のようなケースだと一般的にどれくらいの金額が妥当なのだろう?。調べたがよくわからない。以下に現在の僕の状態を列挙しておくので相場を教えていただけたら嬉しい。《骨折自体はほぼ回復(月末に最後の診察がある)外傷や跡はない》《週2回程度リハビリセンターに通院(半休利用)》《筋力の低下 自力で膝を90度まで曲げられない(手を使えば出来る)》《歩行速度は3分の2程度に低下》《階段の上り下りは要手すり》《踏ん張りが効かないので重量物や割れ物を運べない(AT車の運転は可)》《疲れが溜まると膝に激痛と足全体に浮腫み》こんなところだろうか。実感として元通りにはならない気がする。ギプスが外れるまでの入浴やトイレの苦労等の困難と障害が残った場合も含めて相場が知りたい。加害者の財産とか支払能力とか考慮しなければならない点もあるだろうが、そういう要素を排除して、金額を判断するざっくりとして基準が欲しいのだ。あれこれ事情を鑑みて、あちらを立てれば、こちらが立たず、結果的に僕のアソコがますます立たなくなるのだけは避けたい。

もばやん@10/8Aimer on Twitter: "@Delete_All 後遺障害12級相当なら後遺障害慰謝料だけで290万円、10級相当なら550万円になります。逸失利益はもっと行くでしょうねー。自転車保険や人身傷害の交通事故危険担保特約は加入しておきたいものです。"

 フォロワーのもばやん氏のツイートによると550万円以上。あまりカネカネ言いたくないけれども、泥酔チャリで突っ込んできた加害者(80才男性/それなりの邸宅所有)が経済的に困窮して餓死しようと構わないというかむしろ望むところであるのでガツガツいきたいものである。かつて大変お世話になったグラビアアイドルが乳房に1億円の保険をかけていたので、僕のケースなら少なくとも5千万円くらいにはなるのではないかと見積もってはいる。(所要時間10分)