読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

3分で超わかるビジネスセミナーの世界

メモ
今年もビジネスセミナーをたくさん受講した。昨年と違うのは、営業セミナーに加えてリーダーシップ研修も受講したこと。どのセミナーも大変バラエテイに富んでいて話の内容もほぼ同じであった。今日はそのメモを公開する。アベノミクスの是非、先行きの見えない日本経済、超高齢化社会。このエントリーが不安な時代を生き抜こうとする皆様の一助となることを切に願う。
 
f:id:Delete_All:20141130233108j:plain
 
1.「このセミナーは皆さんのように、親から引き継いだのではなく、実力で現在の地位についたものの何をしたらいいかわからない人向けのものです」と冒頭挨拶。世襲を否定し、実力至上主義を高らかに宣言。画像は関係ありません。
 
2.「私には会社に勤めて営業をした経験がありません」無駄に不安を煽るスピーチ技術。その後「だからこそ皆さんを客観視出来るのです」と続ける。何も言えない。詭弁ちゃうのか。
 
3.「最初からリーダーの人はいません。つまり誰にでもリーダーになる可能性があるのです」参加者のプライドをくすぐり、可能性を刺激する。撒き餌。
 
4.「一方で生まれ持ってのリーダーがいるのも事実です」ツンデレか。
 
5.「これはチャンスです。ちょっとしたきっかけで、今この瞬間から変われます。ただほとんどの人が気づいていないだけなのです」お約束。セミナー商法の前提。
 
6.「ページ数の都合上重要なエッセンスだけをまとめたテキスト」ページが足りないはずなのに余白とメモページが多い親切設計。
 
7.「目標から逆算し、月、週、日々の行動を1時間1分1秒まで落とし込む」どのセミナーでも必ず登場するお約束。
 
8.実例。「口下手なタケダ君は私のセミナーをきっかけに生まれ変わり、大型契約を受注」等々。不思議なことにどの講師も口にするのは口下手、名刺交換も出来ない、アガリ症の若者の話。非実在タケダ。
 
9.何故か足りなくなる時間。落とし込んでいるはずなのに。
 
10.重要なエッセンスだけ掲載されているのに割愛されるテキスト
 
11. 「欠点が多い人の方がいいビジネスパーソンになれる」んなこたない。ありもしない期待を持たせるのは罪ではないのか。
 
12.「アンテナを立てるのを怠らないようにする」あらゆる物事に対して興味を持ち、世の中に敏感であることの重要性を説く。
 
13.「いつやるの?今でしょ」「どげんかせんといかん」講義の合間に連発する微妙に古い流行語が説得力を削ぐ。
 
14.「経営者マインドを持ってください」無理。だからリーマンやってるの。
 
15.「誰でも勝てる時代は終わりました」「昔はそれで勝てたんですよ」やたら危機感を煽る。
 
16.「会社を捨てお客様の立場に立つ」「自分都合のお客様視点を持つ」具体策は無し。
 
17.『最強のチーム』のわかりやすい例として「ドラえもん」「ワンピース」をあげる。劇場版ドラえもんであると信じたい。テレビのドラえもんはブラックだ→お前のものは俺のもの!
 
18.足りなくなる時間。「今日省いた部分は来月の『超最強リーダーシップ講座』(仮)でやります」これはプロい。
 
19.「自分でやる方が早くても徹底的に部下に任せることが大事」「目標必達のためには自分でやることも大事」どっちですか
 
20.「人は叱られるより褒められるほうが好きです」そらそうだ。
 
21.「人を育てることは自分を育てることです」注)会社勤めをしたことのない人の言葉です。
 
22.「『最強のチーム』とはそれぞれの個性と特技を活かして欠点を補完しあうグループ」個性も特技もないほとんどの営業マンにあるのは、絶望。
 
23.「名刺をもらうことに喜びを感じていませんか」慣習を否定して既存の価値観を破壊。
 
24.「失敗を恐れない。他人の失敗をいつまでも覚えている人はいません。もし、そのような人がいたならそれは付き合うべき人ではないのです」と斬新な視点をブチあげる。
 
25.「客に選ばれるから客を選ぶへ、営業マインドの転換」簡単に仰いますが。
 
26.結局時間が足りない
 
27.「最後に、いろいろ話をしましたが、最終的にはここです」と言って拳で右胸を叩く。右胸。ハートは逆です先生。
 
28.時間は無いのに講師との名刺交換の時間はある。名刺を貰うことに喜びを感じていませんか?
 
29.『大好評』のはずなのになぜか空席がある来月の講座。
 
30.「今日の講座も生かすも殺すもあなた方次第」と捨て台詞。都市伝説メソッド
 
31.「ほとんどの人は実践出来ないから大丈夫です」 「毎回同じような話をしててこの商売成り立つのですか?」という僕の質問に対しての回答。
 
 
以上である。このようにビジネスセミナーは大変に没個性的で素晴らしいものばかり。皆さんもこのエントリーの行間を読んで僕の伝えたいメッセージを汲んでほしい。僕は一連のビジネスセミナーから時間と金の大切さを教わりました。よーく考えよーお金は大事だよー。それでは。