読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

某プロブロガーを擁護する。

最近、高知在住のプロブロガーイケダ氏に対する風当たりが強くなっている。僕は氏へのバッシングをインターネットで見かけるたびに辟易している。ツイッターやブログで氏を茶化した過去がある僕には、本来、このような文章を書ける資格はない。だが、それでも最近の氏に対するバッシングは度が過ぎているように思えてならず、微力ながら援護射撃したい気分になったのだ。


氏の煽るような物の言い方に反感を持つ人の気持ちもわからないでもない。だが考えてみて欲しい。天才は庶民の理解を超えたところに存在している。そう。プロブロガーは天才だ。僕は最近思うのだけど、ブログとブログから派生した収入で家族(妻子)を養っているブロガーが日本にどれだけいるだろうか。全国民に対するパーセンテージはコンマ1パーセントいるだろうか?天才と言っていいはずだ。僕は他人が何をしようがまったく興味がない。氏も他人だ。住む世界が違う他人だ。おそらく氏をバッシングする人のほとんどが氏と一生交わることがない他人だ。罪や倫理をおかしていないのならば、関係のない氏をバッシングするのは、誤解を恐れずにひとことでいえば、嫌いだからだろう。好き嫌いを行動の基準にする人は未熟だと僕は思う。嫌いだから非難する。周りも同じ意見だから同調する。イジメとどこが違うのだろう。だから僕はしない。


氏が非難されるべき点があるとしたら、サラリーマンに対する悪口(僕はサラリーマンだが一地方のフリーターに何を言われようと関係ないので何とも思わないが)と、善良な情報弱者にプロブロガー転身を推奨していることだろう。前者はただの煽りなので取り上げるのは後者。先ほど申し上げたとおりプロブロガーは天才である。氏に限らずプロブロガー各位は間違いなく自覚している。天才の真似は出来ないってことを。小手先の技術は教えられるだろうがコアな部分は絶対に出来ない。コアとは個性だ。言いかえれば氏はワン&オンリーなライフスタイル、氏でしか成立しえないビジネススタイルを善良なフォロワーに推奨している。これらの点については氏が非難されても仕方ないだろう。


バッシングする人たちはこのような氏のスタンスを非難しているのだと思う。しかし僕はあえて氏の側に立ちたい。そして氏に対するバッシングに対しては完璧に反論出来る。氏や氏の支持者が何をしようと関係ないではないか。多少目障りであってもたかだかネット上の他人ではないか。さいわい住民票の所在に疑う余地はあるとはいえ、氏は高知の山奥にいるので物理的に接触することはない。ネットで見かけたらそっと閉じればいいだけだ。


関係ない他人を嫌いなだけでバッシングするのは時間の無駄以外の何でもない。バッシングは間違っている。僕は氏と氏の支持者には今まで通り、今まで以上にやってほしい思う。自分に関係ない他人が滅びていくのを見るのは僕にとって最高のご馳走だからだ。だからバッシングは止めてほしい。今すぐやめろ。バカ。金輪際やめろ。いい人ぶってんじゃないよ。万が一、氏が軌道修正したら僕の老後の楽しみがなくなってしまうではないか。繰り返すが氏は天災。天災に巻き込まれて被害を被る人たちにはご愁傷様以外に言葉はないけどね。
(この文章は義憤により15分もかけて書かれた)