読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

会社のヤバい徴候

全体的に人材不足が続いているが30歳未満の社員の不足が特に顕著で問題となっている。さいわい現時点において20代社員の退職は止まっているが(30歳未満社員が0人になったため)、皆さんには同じ轍を踏んでほしくない。今日は特別にこのような事態を招いたと僕が考えている《会社のヤバい徴候》を列挙する。皆さんの職場でこのような傾向がみられるようになったら早期の解決をはかってもらいたい。

 

①毎年度行われる「抜本的組織改革」

 

②トップ現場視察直後即日おこなわれる人事異動

 

③エアリプ、クソリプを繰り返すだけの公式ツイッター(その後中の人は休職。理由はお察しください)

 

④第二体操まできっちりやる朝礼時のラジオ体操 

(社業に寄与しないという理由で2014年廃止)

 

⑤「バラバラになった社員の気持ちを一致団結させるため」というトップの熱い気持ちで復活する朝礼時のラジオ体操(2016)

 

⑥賞与前年比減の年にだけ豪華に開催される社員旅行

 

⑦「社員旅行は強制ではないが強制ととらえてもらって構わない」「準強制」(人事談)

 

⑧仕事をしくじった若手社員に社訓と反省を叫ばせる。

 

⑨⑧の社訓が社訓でないことが判明 ※社訓はなかった!

→社長室に掲げられた文字列は孫娘様の「習字」

 

⑩忘年会においてトップ命令で強制的にやらされる集団宴会芸 

 →参考)「ランニングマン(2014)」「集団五郎丸ポーズ(2015)」

 

⑪創業50周年記念事業として社歌制定(作詞/社長 作曲/社長ご学友)「相模の地に~ 利をもとめて300年~」

 

⑫会議の際、トップの意見に賛同するときは社員証を目線より上に掲げる 類)朝鮮労働党


13 マラソン大会で激走する社長の耳にどれだけ声援を届けられたかで評価される完全実力主義。

 

以上である。一つでもチェック項目に該当したらすでに末期なので退職を含めた命を守る行動をとってほしい。これらの事例と人材流出の因果関係は不明だ。経営学、社会学に精通している方々に解明していただき労働者社会の維持と発展に役立てていただくことを草葉の陰から祈っている。(所要時間11分)