読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

男の子だけど電車内で化粧を注意されたことあるよ。

少々特殊なケースかもしれないが電車内での化粧を注意されたことがある。十数年前のごく一時期だが、僕はイメージなクラブに入り浸っていた。場末の店の割には清潔で、オフィス、ファミレスなど様々なシチュエーションを選べるところが好きだった。お気に入りのシチュエーションは電車、お気に入りのコースはマゾマゾ君コース。マゾマゾ君コースも細分化されていて、小便のあとに大便が来るような自然の流れで車掌に扮したギャルが女装した僕に意地悪をするという倒錯した設定に行き着いていた。当時デビッドボウイや沢田研二にはまっていたのが影響したのかもしれない。粗末なワンレンカツラを被り、上はワイシャツのままズボンの上からペラペラなスカートを着用した僕のところに、今なら集中放火の的になりかねないナチ風の制帽を被ったサド車掌ギャルが襲いかかる。「車両内で化粧するなんて常識のない豚め!」とサド車掌ギャルに尻をさわさわされながら囁かれたとき去来した想いを僕は今でもはっきりと再生出来る。「なぜ料金を払っているのに、誰にも危害を加えているわけでもないのに、化粧くらいで車掌から注意されなければならないのだろう?」極論をいえばルールは人それぞれで、対話によってその境界を定めていくしかない。個人的には化粧は自宅で済ませてきて欲しいがそれを他人に押し付けようとは思わない。他人が化粧をしようがしまいが興味ないし、それで他人が恥をかいても僕にはどうでもいいからだ。ルールはある程度納得させなければ成立しない。人間は基本的に押し付けられることを嫌う生き物だからだ。押し付けられたという事実だけが大きくなり、そのルールがある程度理にかなったものであっても、反発してしまう。イメージなクラブという特殊な環境下であっても同じだ。化粧すなわち豚扱いを押し付けるなど言語道断、もってのほかなのである。そのような憤りに震えながら吊革にしがみつきブヒブヒ鳴いた屈辱の夜を僕は一生忘れないだろう。もしかするとルールに則った美しい社会など存在しないのかもしれない。でも僕は絶望しない。屈辱にまみれ憤慨に震える一方でその後やることはやってスプラッシュしてしまう人間の強さや逞しさを僕は信じているから。(所要時間11分)