読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

毎日の朝礼で社員の自主性が劇的にアップした話

朝礼とは何だろう?教育訓練の一環だろうか、それとも、情報共有の場だろうか、はたまた、モチベーションアップの機会だろうか、公開処刑場だろうか、いろいろ考えてみてたが苦節20年でやっと一応の結論にたどり着くことが出来た。朝礼とは良くも悪くも自分を見つめ直す修練の場らしい。

 

ウチの会社ほど朝礼に重きを置いている会社はない。ボスがルーチンワークや習慣化という考え方の奴隷だからだ。《いつもどおりのことをいつもどおりにやる》のがボス。3人解雇すると決めたときは対象者がいなくても3人解雇する冷血。311の翌朝の312の朝、まだ余震がおさまらない厳重警戒中でも通常の朝礼をおこなった。

 

あの、日本中が絶望的な状況下に沈む中で《新しい朝がきた。希望の朝だ》などとノンキにラジオ体操の歌を合唱しているアホな会社はウチくらいのものだろう。しかし、ボスの命じるままに朝礼を続けて、最近、社員の自主性が大幅にアップしてきたのも事実である。

 

10数年前、僕が入社したとき、朝礼はボスの訓示とラジオ体操第一のセットでどんなに長くても10分以内にはおさまっていた。それから訓示をする人間がボスから部長クラスまでに増え、月曜の朝は20代若手社員が社訓と「1年後の私」を絶叫するようになった。絶叫は20代本社スタッフが絶滅するまで続いた。ラジオ体操についてはアクロバティックな第二体操までやるようになった。

 

僕は課長時代の約5年間、ラジオ体操の模範演技を強制させられていた。見せしめである。毎朝、皆の前にたってアホのように跳躍していると素人の僕でもそれぞれの体調がわかるようになった。「Aさん顔色がデスラー総統みたいになっているので休ませた方がいいみたいですよ」と上役にアドバイスしたこともあったが、上役に無視され、数日後Aさんは倒れてしまった。以来、宇宙戦艦ヤマトを知らない人間は信用しないようにしている。

 

現在、弊社の朝礼は訓示、ラジオ体操第一、第二に加えて社員同士がいいところ褒め合うレクリエーションで構成されている。いいかげん、自分の気持ちに嘘をついて、いいところのない同僚を褒めるのは苦しくなってきた(50代独身ギャンブル癖がある借金持ちの趣味風俗通いの平社員男子のどこをホメればいい?)。

 

ふと気づいて絶望したのは一連の朝礼に毎朝平均40分程度も費やしていることだ。さらに来月からトップダウンで訓示、ラジオ体操第一第二、キモい褒め合いに加えて講師やトレーナーを招へいして瞑想やヨガを取り入れるらしい。1時間半程度を朝礼に費やすことになると思われる。さすがに社員の間でも劇的に自主性が芽生えてきて、「これは時間の無駄では?」と考える者が出始めている。

 

朝礼は平日だけでなく、休日出勤の際も行われている。「誰もいない会社でラジオ体操をするバカがどこにいる?」と言わないでほしい。家に居場所がないボスは土曜日曜も出勤しているのだ。先日の土曜日も僕と同僚の2人だけが休日出勤。ボスの監視の下、僕らはたった2人で跳躍運動をしてからお互いを褒め合った。その時間より虚しい時間を僕は知らない。

 

「こんな朝礼は無意味です」僕はボスに直訴したがボスは聞く耳を持たずに、今後の朝礼の展開プランについて教えてくれた。来月以降、朝礼に『笑う健康法』も取り入れるプランらしい。笑うことによってセラトニンやドパーミン、性ホルモンや若返りのホルモンが分泌されて会社も心身も共ににハッピーになれるよーという健康法。訓示、ラジオ体操第一第二、褒め合い、瞑想、ヨガ、笑い。社員を押し潰して巨大化する朝礼。きっつー。もう笑うしかない。(所要時間16分)