Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

「オヤジさんが死んだのはオマエのせいじゃないの?」と言われた。

今はほとんどなくなってしまったけれども二十代の頃の僕を回想すると、毎日のように、父がなぜ死んだのか、死ななきゃならなかったのか、その理由について考えていたように思える。父は答えを遺さなかった。ヒントの欠片さえも。なぜ、答えがないクイズを必死に解こうとしていたのか、今ではよくわからない。非現実的なことが現実になったしまった事実と自分の気持ちとで折り合いをつけようとしていたのか、あるいは、現実から逃げていただけなのかもしれない。父が亡くなってから四半世紀が経った。タブーにしているわけではないが家族のあいだで父の話題が出ることも少なくなった。自転車の乗り方を教わったこと。捨てられていたワンコにウルトラ民主的な方法でタローと名付けたこと(「タロウとレオならどちらがいい?」「タロウ!」)。父との思い出は楽しいものばかりだ。終わりかたが少々悲劇的であったことを理由に、父の人生が否定されてはならないが、明るく楽しいエピソードも次第に影で覆われてくるような気がして、なんとなく避けていた。暗いのってイヤじゃん?なにより四半世紀のうちにもっと語るべき話題が増えた。進学。就職。結婚。入院。父は過去になったのだ。実際、僕の人生において父がいた期間の占める割合はずいぶん前に2分の1を下回っている。先日、法事で疎遠になっていた親戚にあった。会うのは約20年ぶり。彼らは僕が父とよく似ていると言った。生き写しだ、と。酒を飲んで打ち解けてくると、彼らは、僕と父の違いに気づいて、僕特有の躊躇なくモノを言う性質を指して「そういうキツい言い方が、オヤジさんを追い詰めたんじゃないの?」と言った。冗談半分で。僕が理由だったかもしれない。理由そのものでなくてもトリガーであったかもしれない。今まで何度も自問自答してきた問だ。違う。そんなはずはない。ありえない。そのたびに打ち消してきた。完璧に否定する材料はなかった。どこにも。答えのないクイズは、正解がわからないことにではなく不正解を否定できないという点において罪深い。彼らは知らないのだ。わからないのだ。吊り下ってブラブラしてる骸や。引っ込まなかった舌。それが乾かないよう刷毛で水を浸す葬儀屋の手つき(なんでそんなことをしていたのかわからない)。自分がトリガーだったかもしれない。そんな意識から眠れなくなって、酒をガブ飲みしなければならない夜を過ごしたことも。父の棺桶の中に生き写しである僕が入っていた夢も。こういう経験を親戚だろうが何者だろうが誰かとシェアしたいとは思わない。これは父が与えてくれた貴重な経験だからだ。僕は父とは違う人生の終わりを歩めばいい。ドラクエ5のように親子二代で完結すればいい。厚顔無恥な親戚に僕はこう言い返した。「確かにそうかもしれないっすね。たとえそうだとして何か問題がありますか?」父の死で僕が得たもの。それが強さなのか傲慢さなのか、今はわからないけれど、今後の人生で強さといえるようにしていきたい。父の書斎にはエロ本が何冊か遺されていた。外人モノだった。僕にはカリフォルニアの青空の下を全裸で散歩する女性を愛でる趣味はない。僕は僕で、誰かの生き写しでも生まれ変わりでもないのだ。(所要時間17分)

モンスター社員チェックリスト2018

僕の20年以上のサラリーマン人生でもっとも苦労したのが人の使い方で、なかでもメンドクサイ若者の取り扱いには本当に苦労した。しょうもないことで消耗させられた。かつて、僕の部下に「必要悪君」という名のゆとり世代の若者がいた。「必要悪」などという不穏なニックネームをつけるのはパワハラではないかと仰ることなかれ、彼の場合は自ら必要悪を自称したのである。今も夢でうなされる彼の至言。「いいんですか?俺、必要悪ですよ?」。おかげさまで今働いている職場に必要悪君はいないが、油断は禁物、いつ、ネクスト必要悪君があらわれるかわからないので、自分に対しては戒めのため、皆様の安全のため、必要悪君をはじめとした数名の部下の発言をもとに、このチェックリストを作成した。よりよい社会の形成のために役立ててもらいたい。

 

※課長=数年前の僕です。

・悪天候に見舞われたのを理由に夏休みの取り直しを主張する。例)「夏を満喫できなかったので夏休み再チャレンジさせてくださいよ」

・問い詰められると「俺たちは団塊世代のツケを払わされているんですよ」と声高に叫ぶ。その一方でニート期はばっちり年金・保険料未納。

・己の準備不足で仕事にしくじったのは誰の目にも明らかなのに絶対認めない。例)「今回はもらい事故みたいなものです。誰も悪くないんすよ!」

・「連帯責任」という言葉を自分の都合よく使う。例)「俺がダメだったらチームの連帯責任っすね!」

・試されてると思うといい仕事ができないが口癖。例)「テキサスレンジャーズがダルビッシュを試しで雇いますか?

・力不足を認めない。例)「俺が会社に戻れないのは課長の力不足でしょ」「いいえ。君の実力不足です」

・世代を偏見で見るなと主張しながら先輩を老害扱いする。例)「古いっすね」「年齢や経験で選手を選んだら五輪選手団は老人ホームっすよ。」

・自分のことは棚上げして人を評価する。例)「課長と同じ年齢のムロフシは世界で戦っているのに、いいんですか?課長は神奈川県で」

・薄気味悪いヨイショをする。例)「課長~、まだこの業界に入ったばかりで経験がありません。会社の看板をキズつけては申し訳ないので、ひとつ、課長のやり方を見せてください」

・超薄気味悪いヨイショを免罪符にしてサボる。例)「凄い…課長レベルに達するには何十年必要だろうか」

・言葉に窮すると目を見開いて情に訴えかけようとする。

・「退職」「退社」「帰社」「帰宅」の区別がついていない。例)「フミコは退職しました」「えっいつ?」「本日です。後日改めてお電話いただけますか」「他に話わかる人は?」「あいにく退職しましたフミコ以外にはおりません」「じゃ他当たるからいいや」

・やたらとモチベーションがなくなる。

・インスピレーションが何よりも大事。

・無駄にポジティブ。例)「ビッグダディから、たとえ血のつながらない親子でもやっていけるという勇気、ダメなら相手を変えるという決断力を学びました。」

・無駄に超ポジティブ 例)「今はくすぶりもありかな」

・本質的な部分を評価してほしいと主張する。例)面接に遅刻したときの斬新な言い訳「約束の時間に来るのも評価のうち、とか言うんすよ。おかしいでしょ。スピード競争ですか?能力が同じなら面接に早く来た人間を採用するんですか?そうしたらウサイン・ボルトだらけになりますよ?」

・自己評価が高すぎる。例)「俺みたいな人間は受け入れる側にある種の覚悟を求めますからね、老人たちが会社を乗っ取られるリスクを負いたくないのもわかります。」

・悪いのはいつも社会。例)「そもそも採用枠が一人なんて無理ゲーじゃないすか…」

・間違った方法で社会を良くしようとする。例)課長世代一人を俺ら世代二人で支えなきゃならない実態を可視化しました

・独身者を小馬鹿にする。例)「結婚できないひがみをぶつけないでください」

・真顔で「頑張りかたがわからない…」と呟く。

・「俺、何か悪いことしましたか?してないっすよね」が口癖。

・遊び感覚で仕事をしているつもりだが仕事と遊びの区別がついていないだけ。

・正直であれば許される宗教に加入している。例)「課長、使えないっすねーw」

・必要悪を自称する。例)復職を断った際の至言リフレイン。「本当にいいんですか、俺、必要悪ですよ?」

以上26項目である。

0~5「まだ大丈夫」 5~15「要注意」 15~「解雇もしくは今すぐ命を守る行動を取ってください!」

 これは僕が昨年まで勤めていた会社にいた何人かの部下の発言集である。全員に共通しているのは能力がないこと、バカ正直であること、自己評価がきわめて高いこと。こんなふうに自由に生きていれば本人はおそらく幸せだろうが、周りはたまったものではない。僕は彼らとまともに向き合ってしまった。今思えば大失敗であった。彼らからは逃げるしかないのだ。僕のように彼らと同じ土俵で戦ってはならない。僕の犠牲を無駄にしないためにも、このリストがモンスター社員の撲滅と皆様の労働者ライフの向上に役立つよう草葉の陰から祈っている。ではまた。(所要時間25分)

幽体離脱してみてわかったこと。

この夏。僕はどうやら幽体離脱とやらをしていたらしい(ツイッターではたびたび報告していた)。どうやら、とやら、らしい、と曖昧で不確定な言葉が並んでいるのは、僕の体験したものが「正式」な幽体離脱に該当するのかわからないからであり、当の本人である僕に離脱った実感がないからである。もしかすると僕が幽体離脱と呼んでいる事象は、幽体離脱のプロからみれば、まったく異なるものかもしれない。きっかけは実家に住む母からの電話である。母は深夜2時過ぎ、トイレに行く際、実家のリビングにあるテレビの前に座ってボーッとしている僕の影を見たというのだ。神仏に誓っていい。ありえない。確信をもっていえる。女房が寝静まった深夜2時の僕は例外なく大人向けの動画を視聴するお楽しみの時間を過ごしているからである。母は、母性で「ああ、死んでしまったのだな」と直感したらしい。息子が死んだ。母は人生で1、2を争うような重大な事実に直面して絶望したらしい。耐えがたい絶望と熱帯夜をしのぐために麦茶を飲んでそのまま就寝、起床後、朝の連ドラと太極拳といくつかのワイドショーを消化してから電話をくれたのだ。母はどこに出しても恥ずかしくないグレート・マザーだ。お盆の墓参りで顔を合わせた親戚からも、数日前、庭に咲いたひまわりの前でボーッと突っ立っている僕を目撃した、と言われた。青白い僕の影をみた親戚も「ああ、死んでしまったのだな」と思ったらしい。弟からは「死ぬのは兄貴の自由だけど俺の夢の中にまで出てこないでほしい」と温かいクレームを受けた。この夏。僕は失業していてアルバイトに従事している時間とエキサイティンな動画を視聴している時間以外のほぼすべての時間を、身勝手で醜悪な被害者意識から、自分をドロップアウトさせようとしているこの世界が悪い、そんな世界は滅ぼさねばならぬ、世界死ね!と世の中を呪うことに費やしていた。そんな僕の怨念が実体化して縁のあるところに出現したのではないだろうか。あるいは職という名の救いを求めて。仕事をください、日雇いではない仕事をください、人様にいえる仕事をください、と。先日法事があった。その席で久しぶりにあった北陸の親戚からも同じように、夏に仏壇の前に座る僕らしき影を見た、犬小屋を覗き込む僕らしき影を見た、と薄気味悪い目撃談をきかされた。北陸支部の皆様は異口同音に「ああ、死んでしまったのだな」と思ったらしい。なぜ確認しなかったのかと尋ねると、よすけむいといた、だけらしい。その言葉がどういう意味をしているのか僕は知らない。呪われる、とか、不気味だった、とかそのあたりの意味だろうけれど、世の中には知らない方がいいことがあるのだ。残念ながら僕は自分の影、今は幽波紋(スタンド)と呼んでいるが、現時点でまだそれを見たことがない。就職を機に幽体離脱現象は報告されなくなった。今度失業したら、そのときは一流のスタンド使いになりたいと思っている。スタンド名は公募する。冗談はさておき、この夏におこった一連の幽体離脱で、僕は大切なことを学んだ。失業状態が心身にもたらす重大な影響?魂と肉体が乖離しても生命を維持できる人間の機能?違う。お気づきだろうか。僕の影を見た近しい人たちが、誰一人として僕の心身を気づかう素振りを見せず、僕を勝手に死に至らしめ「まあ、大人になってもロックとか言ってたからしょーがないね」のひと言で片づけていた。心配も、いたわりも、祈りすら、なかった。今、僕は血のつながりのなかにおける自分の立ち位置がわかってよかったとポジティブに考えている。人情紙風船という古い映画のタイトルがあるが、人と人とのつながりなんて、紙風船のように怨念の炎であっけなく燃えてしまうものなのだ。だからこそ取扱注意なんだけどね。(所要時間19分)

大人になれなかった子供たち

生きることに理由や言い訳をつける生き物は人間だけで、僕は、人間を人間たらしめているそういった機能や行動を、美徳であると同時に欠点でもあるんじゃないか、と思っている。この夏まで僕は失業していた。辛いことの方が多い時期だったけれども、おかげで昼間の町並みの様子を観察することも出来たし、何人かの旧知の顔を見つけることも出来た。Tのお母さんもそんな旧知のひとりで、彼女は僕を見つけるなり「ま~立派になって」と言いながら僕の肩をパンパン叩いた。平日の昼間に、スヌーピーのTシャーツと麻のズボーンのコーデで、サンダルを引っかけている、無精ヒゲの中年男に「立派」って。おばさんも七十才を超えているはず。「ボケてしまわれたのか…」と愕然とした。Tは幼稚園から中学校の義務教育タイムまで一緒だった5人の友人のうちのひとりで、ボンクラ度合いでは僕といい勝負が出来る奴だった。ボンクラ同志、仲も良かった。一学年上のバカであるKに「ここから撃てば二人のうちのどちらかに当たるぞー!」と脅迫され「死ね!」と言い返してぱぱぱぱぱーんとエアガンで仲良く撃たれたりもした。一度だけ言い合いの喧嘩をした。中学2年の林間学校の夜。当時人気絶頂の「めぞん一刻」の「八神いぶき」という女子高生(JKという言葉はまだ開発されていなかった)を巡って「八神は俺の嫁」と主張し合い、泥沼の喧嘩になったのだ。殴り合いの喧嘩なら腫れが引けば終わったかもしれないが、二次元の女子高生を巡る情けない争いである、終結まで数ヵ月を要する大戦になってしまった。
「大人になったら女子高生と遊び狂ってやる」僕とTのボンクラな願望は叶わぬまま、僕たちは大人になった。JKへの憧憬はJDへの執着へ変わり、僕だけが大人になった。Tは喧嘩から3年後、高校2年のときに原チャリで停まっているダンプに激突して呆気なく16才で死んでしまったのだ。葬式のことはよく覚えていないがTのやけに白く綺麗な顔と、幼稚園から一緒だった四人の家族で花を出したことだけは鮮明に覚えている。Tは大人になれなかった。僕らのことをエアガンで撃ったKも交通事故で大人になりきれずに死んだ。大人になれなかった奴らと大人になってしまった僕との間にどれだけの違いがあるのか僕にはまだよくわからない。ただ早く死んだだけ。まだ生きているだけ。それだけのことに思えてならない。
「早世した友のため」「かつて救えなかった命のため」カッコいいことをいう輩がいる。生きていくってのは正直しんどいので、そういう理由をつける行為そのものを僕は否定しない。実際、僕もそういう考えを持つこともある。だが、死んだ者を理由にするのは、生きている人間のエゴだと僕は思う。死んだ者を利用するのは、生きるうえの必要をみたすためのみにあるべきであって、カッコつけに使うのはほどほどにすべきだ。尤もこれは僕の考えであって、同意や反論も要しない。生死は、すべての人間が抱えている問題なので、それぞれ異なる答えがあって然るべきだからだ。ただ、僕は大人になれなかった奴らが羨ましがってゾンビになって出てくるくらい楽しい人生を送りたいと願っているし、それが僕の出来る奴らへの唯一の手向けだと考えている。Tのおばさんはただ生きているだけの僕に「立派」と言った。理由も根拠もなく、だ。僕は確信を持って言える。おばさんは僕にTを見ていたのだと。親からみれば子供は、いつまでも大人になれない子供なのだ。例外こそあれ、子供が生きているだけで立派と思うのが親というものなのかもしれない。生きているだけで立派っていうシンプルな事実は、ともすると理由や言い訳やカッコつけで見失ってしまいがちだけど、忘れないようにしたい。そう、あの暑すぎた夏の空の下で僕は思ったんだ。(所要時間18分)

ブラック企業チェックリスト2018

おかげさまで素晴らしい環境で働くようになり、勤めていたときにはわからなかったかつての勤務先の異常なブラックぶりがよくわかってきたので、来たる2018年のためにブラック企業チェックリストを作成してみた。ブラック環境で働いたことのない学者のような人がつくった「こんな企業がブラックだ」チェックリストはよく見かけるが、それって「ブラック企業ヤバいわ~」「ブラック滅ぼすべし」という世論は生み出すかもしれないが実際に働いている人の役に立つかといえば微妙だったと思う。このチェックリストは実際にブラック環境で働いていたものの目線、いってみれば下からの目線でつくられているので、自分の職場はブラックではない、と信じている人も今一度活用して身の安全を確保してもらいたい。

・賞与がゼロ(0ヵ月)。ストロングゼロ。例)2016年夏期

・0.02カ月の賞与を達成。 例)2005年冬期

・年休取得に詳細な理由を求めてくる。例)「休みます」「就職活動しているのか?」「風邪をひきました」「体温は?」「歯医者に行きます」「どの歯を治療するのか?」

・頻繁に組織改革がおこなわれる 例)「一年ぶりに組織の抜本的改革を行う…」

・役職が多くて上下関係がわからない 例)「副部長、次長、部長代理」「課長代理、課長心得、課長見習い、課長補佐」

・苦境に立たされたときにトップが「社員一人一人が経営者」と言い出す。

・全員が管理職。

・仕事ができない人物の出戻り入社が多い。

・「どんな仕事でもあるだけ幸せ」という宗教が浸透している。例)「みなさんは働けているだけ幸せ。その仕事に文句をいうのは幸せの放棄に他ならない」

・負の能力主義が蔓延している。例)ノルマ達成時「その成果は100%キミの成果と言えるのか?運の要素を考慮するとキミだけの成果とは評価できない」ノルマ未達時「不運を言い訳にするな!」

・速攻で幹部に登りつめたコネ入社社員が光の速さで退職する。

・若年層の離職率ゼロを無慈悲に達成する。例)3年以内に新卒が離職するなどして本社から20代が絶滅したため。

・「我が社では残業を完全に禁止しているので残業という概念は存在しない。ゆえに残業代というものも存在しない」と人事が真顔でいう。例)無慈悲な追記→「時間外で働いている社員は、規程違反なので本来なら処罰対象、罰金ものだがあえて見逃してやっている」

・台風上陸時に「業務に支障が出ないよう、各員、自己責任で出勤するように。出勤できなかった者は欠勤扱いとする」というメールが届く。

・「仕事がきついと思うときは、己の能力のなさを自覚しなさい」と訓示で言われる。

・退職金がない。正確にいえば「退職金をなくせば社員たちは今よりも真面目にこの会社で働くようになるだろう」というトップのワンダーな経営判断で退職金がなくなる。例)基金的なものの廃止を独特の言い回しで表現して炎上。退職者が加速。

・どれだけ業績が悪くても社員旅行だけは必ず実施される。

・「社員旅行への参加は自由だが不参加には相応のペナルティがある」と人事部から非公式の通達が回ってくる。

・社員旅行の費用は自己負担である。ちなみに役員はタダ。

・ツイッター公式アカウントのフォロワー数が一桁である。

・パートスタッフが社員への登用を拒否する。例)「だって残業代出ないんでしょ」

・退職の申出は退職希望の6ヵ月前まで。例)就業規則が法令違反

・社内に各結婚相談サービスのポスターが掲示されている。

・悪い意味で地域別最低賃金を頑なに守っている。

・トップの個人的なイベントに参加させられる。例)フルマラソン応援。例によってペナルティありの自由参加。自由の意味とは?

・「憎まれたくない」という理由でトップがリストラの責任を負わない。

・役員会で「2倍計画」が策定、発動される。例)売上は半分になっても従来の営業利益を確保する革命的な計画。労務費が半減されて何人か死ぬ。サービスのクオリティが下がって契約そのものが消える。0×2=0。ミッションコンプリート。

・トップ判断で断行された人事がうまくいかなかったときに替わりに切腹する人間が必要となる。例)「俺が決めたことだが実行したのはお前たちだろう」「御意!」

・震災時。本社への帰社を命じられて戻ったが命令を下したトップは帰宅済み。

・朝礼でラジオ体操を強制される。第二体操まできっちりやる。

・利益追求を謳いながら、変なところで人情派経営を出してくる。例)「今、キミに辞められると困る…」「わかりました」半年後「今すぐ辞めろ!何でお前が会社にいるんだ!」

・同僚に退職者が出ると同じ部署の者の責任が問われる。斬新な連座制。

・「社長室直行箱設置」密告ゲームが始まる。例)このゲーム開始直後に僕は一時期静岡支社に飛ばされました。

・上司が結婚パーティーでワンダーな祝辞を述べる。祝いが呪いに。例)「え~。私事ですが先日ようやく別居中の妻との協議離婚が成立したことをこの場で皆様にご報告させていただき、これを新郎新婦へのお祝いの言葉にかえさせていただきます。ガンバレ!」

・名刺の配布枚数を厳密に管理される。

・会社の蛍光灯ソケットの3分の2に蛍光灯がない。

・2016年時点でウインドウズXPが主力。

・上司がiモードで販促をはかろうとしている(2015年)。

・退職後も戻ってくるよう執拗に誘われる。

・執拗に誘われるが雇用条件は厳しい現状を考慮して在籍時より落ちると正直にいわれる。

・所定時間内に終わらないのは能力と仕事のやり方だけが悪いという宗教が浸透している。

・トップの孫のために妖怪ウオッチを買いに走らされる。例)入手に失敗→系列の海の家に飛ばされる。

・辞めていく人間が「今度会うときは客だ…」という捨て台詞を残して退職する。

 以上42項目である(42にしたのは不吉な数だからである)

0~5「ブラック予備軍」 5~30「ブラック企業」 30~「今すぐ命を守る行動を取ってください!」と考えていただきたい。

 僕が昨年まで勤めていた会社は上記すべての項目に該当していた。それでも勤め始めた当初数年間はブラックに務めているという感覚はなく、自分の力が不足しているからこんなにきついのだ、と思っていた。おそらくだが、執拗に、やる仕事があるだけハッピー、仕事がきついのは当人のやり方の問題と言われ続けていたのでおかしくなっていたのだと思う。僕のように時間を無駄にしないでほしい。このリストが皆様のよりより労働者ライフに役立つよう草葉の陰から祈っている。ではまた。(所要時間29分)