Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

楽な勝ち方よりうまい負け方を教えてくれ。

キズつくのを極度に恐れるガラスの四十代の僕には勝ち方よりも負け方が超重要。知りたいのは、上手な負け方、ダメージを最小限に抑える負け方だが、それらを求めて書店のビジネス本や自己啓発本コーナーを眺めても、たとえば紀州のドン・ファンのように勝った人間の語る勝つ方法ばかりで、お目当てのものは見つからない。せいぜい負けからの奇跡の大逆転勝利ストーリー。稀に自虐的に負けた経験を語る人もいるが、それらは「ビジネスで負けるの正直きっつー…でも僕は人生に負けずに明るく生きていくよ」的な浪花節で、うまい負け方をレクチャーするものではない。「しくじり先生」というテレビ番組も似たようなものだ。身も蓋もないことをいえば、勝つときは何もせずとも勝つのだ。競合ライバルが勝手に自滅したりして。サクセス本というのは本質的にはどれも同じで、これこれをやったから勝ったという体裁こそ取っているが、勝てば官軍といわれるように内容は勝ったから言えるだけのこと。そもそもビジネス本を出すような面白経歴と能力を持つスーパーマンたちの勝利メソッドが一般人にそのまま適用できるはずがない。読む価値はない。と断言すると付き合いのある出版社から仕事を切られて難儀するので、断言はしない。読む価値なくはないよ。上下2巻構成にして、上巻で期限設定した施策を公表して、期限到来後に刊行される下巻で結果と分析を掲載するならね。下巻の刊行が諸事情により見送られることがなければいいけれども。では、なぜ負けたときに傷つくのか。負け方を教えられていない僕らは、その負けの大部分を自分の責任と捉えてしまいがちだからだ。もちろん負ける原因となった失敗については反省しなければならない。だが負けるというのは相手との兼ね合いもある。実際の割合は知らないが、勝負は運9割実力1割の結果だと思えばいいのではないか。負けてしまったけれど、実力の占める割合など1割と気楽にとらえ、その1割にベストを尽くしたかどうかで判断をすればいい。それが過度に傷つかない、ダメージコントロールの効いた、うまい負け方につながるのではないだろうか。勝ち組の皆様はおそらく9割はご自分の実力と才能と努力の結果だととらえていて、だからこそ編集者から「貴兄の成功体験をフィードバックして世の中の財産にしましょう」とそそのかされて勝つ方法的な書籍をご自分の手あるいはゴーストライターの手で執筆されているのだとは容易に推測できるのでございますが、ここはひとつ「勝ったのは要因の9割を占める運に恵まれただけでございます」という謙虚なスタンスを取っていただき、「発信力を身につけよう!」「自分ブランド化!」「気づきに感謝!」「体験を共有!」等々の薄気味悪い発言連発の書籍の発売を控えていただければ、紙資源の節約にもなり、大変ありがたい。あとこれらは意識の持ち方の問題なので「負けたけど僕チンの実力や努力なんてその1割しか占めてないよー。敗北を知りたい」などとかつての僕のように日本語に仕立ててて発声すると間違いなく白い目で見られるので、敗北が明らかになった当日くらいは茫然自失な雰囲気を演出するのは忘れないでもらいたい。(所要時間14分)

20年間引きこもっていた友人にロスジェネの呪いを見た。

実家近くの床屋で友人Fと会った。Fは今年で45才、新卒で入った会社、確か教材を取り扱っている出版社だったと思うが、そこでの激務で心身を壊し、入社初年度で退職、以来20年ほど実家に引きこもっていた。その20年間、彼が何をしていたのか僕はほとんど知らない。そんなFと久々に再会したのは昨年の夏で、社会復帰に向けてチャレンジしようとしている彼を僕は応援していた。一方的な想い込みかもしれないが、彼とは特別な関係だと思っている。小中高と同じ学校に通っていたが同じクラスになったことは一度もない。高校3年の秋の幾日かの放課後、音楽室にあったピアノで連弾をして遊んだだけだが、その、「くるみ割り人形」を弾いた時間は、受験ムードに息苦しさを覚えていた僕の気持ちを軽くしてくれた特別なものだ。

僕の記憶によれば、Fは昨年末にアルバイトを始めていたのだが、状況は変わっていた。「4月から正社員として働いている」床屋の順番待ちのソファで漫画雑誌に落とした目線を上げることなくFは言った。僕は職場や仕事について質問したが「勘弁してくれよ」と彼は答えなかった。声のトーンが暗いのが気になったが、そのままにしておいた。すると突然、Fは「給料いくら貰っている?」と尋ねてきた。リアルな額をいうべきか、気をつかった額を言うべきか、真剣に悩んでいると彼は「俺の給料、新卒のときとほぼ同じなんだよ」と自嘲気味にいった。答えを求められていないことに安堵しながら、どういうことだよ、と言葉をうながした。嫌な予感がしていた。Fは「おかしいだろ?今年45才になる正社員に20万しか払わないなんて」と言った。嫌な予感テキチュー。無資格で「ほぼ」職歴もないから仕方ないよ…何もない45才のオッサンが正規雇用してもらっているだけラッキーと思わなきゃ!とは言えなかった。その代わりに僕は「給料いくらなら満足なんだよ?」と尋ねていた。「最低手取り35万」という回答に、思わず「無理だー!」と口に出してしまう。僕は今、管理職(部長)で労務管理とコスト削減に悩む毎日を送っている。そんな部長としての僕が顔を出してしまったのだ。無理無理無理、少なくともウチの会社じゃ未経験者にその額は払えない、きっつー、と。するとFは重い言葉を口にした。「20万が俺の価値なのか」と。

違う。とも言い切れなった。去年、Fがアルバイトを始めたときに僕はこんなことを言った。インディーズで、いい音楽をやって幸せそうなバンドもたくさんあると。それはメジャーな生き方以外にも生きる道はあるという意味だったのだが、伝わっていなかったみたいだ。そういえば、あのとき、Fはそれでもメジャーの方がいいと呟いていたっけ…。僕はFに無理に20年を取り戻そうとせずに、進んでほしかった。20年のロスは想像以上に残酷なほど大きいと思ったからだ。その時間を社会人として生きてきた僕と社会に触れていなかった人間との差は決して小さくはない。ましてや彼はAGE45。新卒というわけにはいかない。「何もしなかった国が悪い。無責任だ」と前置きしてから、Fは続けた。就職活動をしているとき、氷河期で入りたい会社・業界に入れず、入れる会社に入ったのが、そもそも失敗だった、個人ではどうしようもなかった、時代が、運が悪かった、その結果20万しか価値のない人間になってしまった、と。話を聞きながら、僕は「これがロスジェネ…」と複雑な気持ちになっていた。大学時代ふざけていた僕も、Fと同様に就職戦線で苦労し、運輸から飲食・食品という希望とは程遠い業界で今までやってきている。その一方、シビアな時代でも、自分の希望した道を歩いている者もいる。シビアな時代というのは、完全に道が閉ざされているのではなく《ハードル》が高くなっているだけなのだ。まあ、ツイていない、時代が悪かったというのは事実としてあるのだけれど、なんだか、Fの話を聞いているうちに、自分の20年間が否定されているような気がしてきた。僕は、「あのさ、いつまでも時代のせいにしてちゃダメだと思うぞ」とFに言った。「あのころはしんどかった」、それは事実で、国は何もしなかったかもしれないけれど、20年も経っているのもこれまた事実で、あの頃を生き抜いた人間は、ツイてなかったことも受け入れて皆、なんとかサバイブしてやっている、いつまでも時代が悪かったといっているのは、逃げているんだよ、と。「そんなことはわかっている」とFは言った。僕は追い打ちをかけようとしたけれど、Fに「愚痴を聞いてくれてありがとう」と言われてしまって何も言えなくなってしまった。

僕たちはロスジェネといわれている。失われた世代と。Fは不幸なことに、そのうえ20年という長い年月まで失ってしまった。若ければ…という仮定は虚しいだけだ。現実の僕たちは40代半ばで、残酷だが、その年月を取り戻すのはほとんど不可能だ。でも失い続けることはない。僕は彼に世間とはちょっとズレたところで居場所を見つけてほしいと願っていた。お金に換るできない自分の価値を見つけてほしいと。髪を切る順番が来て、席を立つFに「いろいろあるかもしれないけど、頑張ってよ」と声をかけることしか出来なかった。高校時代、あの夕暮れの音楽室、「くるみ割り人形」の連弾で、僕とFはそれぞれのパートを弾いていた。人生もそれぞれが任されたパートを奏でていると捉えられたら、いい。人生の折り返し地点をターンした僕は最近そういうふうに考えている。そういえば「くるみ割り人形」の連弾に失敗し、それをごまかすために11PMのテーマ(ダバダバダバってヤツ)を即興でやったのがいちばん楽しかった。いつからだろう?失敗を楽しめなくなってしまったのは。失敗を、再起不能な失敗と思い込んでしまうようになったのは。

Fはロスジェネに呪われている。いや、呪っている。僕はFについてはポジティブに考えている。呪いから解放されると信じている。なぜなら本人は「20万の価値しかない」と嘆いていたが、とりあえずスタート地点に立つことはできているし、僕らには、失われていないものもまだまだたくさんあるからだ。ピアノ連弾は人生に似ている。相棒が走りはじめたり、運指に問題があったら、演奏や言葉で伝えて気づかせるのがパートナーの役目。失われたものをいつまでも嘆いているほど人生は長くないし、人生は後悔のためにあるんじゃないってことを早く彼に気付いてほしい、失われた過去に縛られて未来まで失うことはない、そういう言葉を彼にぶつけていこう。厳しい言葉の羅列になるだろう。ウザがられても嫌われてもかまわない。床屋で髪を切られながら、僕はそんな誓いを立てていた。(所要時間32分)

一週間経った。

Hagex氏の事件から一週間経った。直前までやり取りをしていた人間があのような凄惨な事件の被害者になるのは人生で初めてなので激しく動揺したが、ようやく落ち着いてきたところだ。事件の翌日にはご家族から連絡をいただき、お悔みの言葉を直接伝えることができ、葬儀には参列出来なかったが弔電を打つことも出来た。ご家族の話によれば、スマホとPCが警察にあるため、氏のHagexという活動における連絡先がわからず、最近コンタクトを取っていた人物だけは名前をもとに連絡を差し上げているとのこと。「敵が多い」「ネット上で嫌われている」のを自覚していた氏は、リスクを考慮して、家族の情報をネット上には一切出していない。リアルとネットを切り離していた。そういう事情により氏もご家族にネットにおける活動を話しておらず、そのためにご家族も氏の詳細な活動は知らないそうである(そもそもご家族はネットで活動していない)。家族を守るためだ。そういう氏の遺志を尊重し僕も氏の家族構成を明らかにしないようにしてきたし、それは今後も変わらない(単に「ご家族」としてあるのはそのため)。なので、トピシュさんという有名ネットウォッチャーが氏のご家族ではないかという説は、ご家族がいわゆるネットの人ではないことから完全にデマである。氏の別アカウントの可能性もゼロだと僕は思っているけれど、もし別アカウントだったら、飲みながら僕に「トピシュさんは…」と話していた氏に僕はからかわれていたことになるが、それはそれでまあ、面白いではないか。また、ご家族は取材拒否のスタンスなのでマスコミの方々は控えていただきたい。僕のところにもほぼすべての在京テレビ局からの取材依頼があったが、評論家でも捜査関係者でもない僕に言えることなどないので、僕のスタンスはご家族に沿ったものになる。このブログに書いてあることがすべてだ(氏の事件について事の真相が明確になる以前にテレビであれこれ語っている人たちについては、良くも悪くも「スゲエ…」としか思わなかった)。マスコミについては、たとえばヘッドラインに「ネット上のトラブルで」と書かれていたように、あたかも氏と加害者が直接モメていたようにしか読めない記述が見受けられたので、その点についてはこの場で抗議しておきたい。また、氏はネットウォッチや炎上ウォッチを「ゲスい趣味」と自覚していたので、「ハゲックスは実はいい人だった…」などと今さら聖人のように扱うのは、先述のとおりゲスネット人格とリアルと切り離していた氏が望まないことであるし、氏が生きていれば「キモッ!」と言っているはずだ。僕のこの事件についての認識はテロである。誰でもよかったが一番声が大きくて目立っていた氏が狙われた。事件直後にも書いたように、個人的な付き合いを通じて氏は普通の人間だった。この事件は、ネットにおいて声の大きかった普通の人が狙われたテロであって、氏を聖人や偉人のようなスペシャルに扱うことは、事の本質を見誤るし、このような事件を防ぐことに繋がらないだろう。普通の人が狙われて命を奪われたからこそ悔しくてならないのだ。(一方「ネット上の付き合いは危ない」と今回の事件を歪め、シンプルに捉えるのも、ネットライフ初心者向けへのスローガンとしては有効に思える…)。先に述べたようにご家族と直接お話しした際、「何か力になれることがあれば仰ってください」くらいしか言えなかった。言葉が出てこなかった。長いこと生きてきてそれなりに経験を積んできたつもりだけれど、情けないかぎりだ。ブロガー/フミコフミオとして僕に出来ることは、前と同じようにアホバカゲスなことをブログで書いていくことしかないし、それが最後のセミナーで僕のことを「良い子はマネしちゃいけない」と褒めてくれた(?)氏への弔いになると僕は信じている。(所要時間18分)

hagexさんの痛ましい事件について

刺殺された岡本さん、「Hagex」の名でブログ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

hagexさんがネット上のトラブルで殺されてしまった。「ネット炎上を題材にしたセミナー直後、ネット上のトラブルで殺害される」彼が大好物だったはずの話で彼自身が登場人物になってしまったのがあまりにもつらい。一報を聞いてから12時間以上が経ったがショックは抜けない。因果関係はわからないけれど、朝から右の耳が聞こえにくくなっている。無理もない。彼とはここ数か月、月一で酒を飲み、くだらない話をする仲だったのだから。報道によって事件の概要が判明するにつれ、彼について少々誤解されているような気がしたのと、僕宛に取材の申し込みが何件か来ていたので(体調が悪くて断った)、「彼がどういう人間でどういうネット活動をしていたのか」「事件の背景と思われるもの」について僕なりの見解を残しておきたい。

 

彼から「ビールでも飲みませんか?」というメールが届いたとき、彼のネットウォッチャー/ブロガーとしての活動はよく知っていたので、胡散臭さと、「なぜ自分なのだろう?」という疑問が頭に浮かんだのをよく覚えている。実際にお会いしてみると、彼は僕とほぼ同年代の人当たりのいいオッサンだった。胡散臭い謎の有名ネットウォッチャーは普通の人だったのだ。彼は「hagexとして表に出て面白いことをやりたい。取っ掛かりとして会いたいと思っていたブロガーに会うことにしました」と言っていた。それで最初に声を掛けたのが僕というわけだ。 

f:id:Delete_All:20180625173245p:plain

▲二人で生ビールを16杯飲んだ。

酒をがぶがぶ飲み、盛り上がった僕らは、はてなブログを運営している株式会社はてなに物申しに行こうという話になった。その飲み会と、飲み会の副産物であるはてなでのミーティングにおいて、彼について印象に残っているのは、非常に丁寧に、慎重に、仕事を進める人だということ。情報やネタの取り扱い。裏の取れないネタの捨てっぷり(オフレコが多い。面白いが公に出来ないのが残念でならない)。これを掲載したら相手方の法務から名誉棄損で訴えられるか否か。ギリギリをエグる彼のやり方は、しっかりとしたベースがあってこそなのだ。

 

ネットバトルも熟知していて、結果的に彼を刺してしまうことになる犯人いわゆる低脳先生の取り扱いについても株式会社はてなサイドとうまく対応しているように、そういった方面に疎い僕には見えた。処理済だと。実のところ、彼は僕と同レベルの普通の危機意識しかなかったのかもしれない。結果論になってしまうが、匿名とはいえ表に出るのならば、犯人に対して、もう数段上の危機意識があってもよかった。それでも凶行は止められたかは疑わしいけれど。

 

彼は僕に「ネットで絡まれるのには慣れている」と言っていたが、彼のいうネット上の絡みは、ネット上の誹謗中傷や訴訟などの法的な手段であって、凶器を使ったバイオレンスは想定してなかったと思われる(さもなければ無防備すぎるイベントはやらない)。それを油断というのはいささか酷というものだろう。この事件の犯人のように怒りの沸点が低かったり、恨みの基準が平均的な人間と異なる人物の行動を予想するのはひどく難しいからだ。彼は普通の感覚をもったナイスガイだった。普通の感覚をもつ人間が今回の犯人の行動は予測できない。どんなに強力な楯でも後ろからの攻撃に対しては無力なのだ。ただ、ネットウォッチャーの彼ならもっと出来たのではという思いはある。

 

有名ブロガーだから狙われたわけではない。私怨の対象が有名ブロガーだったのだ。彼や僕のように相応の人に読まれているブロガーは私怨の対象になる可能性が高いだけで、可能性はブログやSNSを利用しているかぎりゼロではないのだ。今回の事件は他人事ではない、それは忘れないでほしい。もしかしたらhagexさんとくねくねしている僕などはターゲットになったかもしれないのだ。

 

また、「事件の当事者二人は知らないもの同士だった」という報道を見かけたけれど、それは間違いだ。犯人/加害者はhagexさんのことをよく知っていた。顔見知りの怨恨沙汰ではなく、(自分勝手な)理由と目的を果たすために直接知らない相手をキズつける。これは特定の対象を狙ったテロそのものだと僕は思う。標的とされてしまった相手からはテロリストがわからない。わからなければ避けようがない。表に出てしまった時点で避けられなかったのではないだろうか。それをリスクと言ってしまえばそれまでだけど代償が大きすぎる。

 

匿名で活動していると、自分のリアルな肉体を忘れてしまいがちだ。ネット人格といわれるようにネットだけで完結してしまうからだ。だが、ひとたび表に出てしまえば、匿名だから危機を回避できる、というリスクマネジメントは成立しない。犯人は匿名かつネット上の存在であるhagexさんを抹殺するために名前もしらない人間のリアルな命を奪い、その一方で、hagexさんは誰に、なぜ、刺されたのか、刺されなければならないのか、わからなかったのではないだろうか。匿名とリアルが最悪なかたちで交差してしまったとしかいえない。

 

犯人は「自分の責任を果たす」といって出頭したらしい。報道で知った。ふざけている。出頭して捕まったくらいで何の責任を果たすというのだ?42才の大馬鹿者。これは僕の想像でしかないが、犯人は、これまで他人に責任を押し付けて生きてきたような身勝手な人間なのではないか。文字通りの低能だ。こんな人間に殺されてしまった彼が不憫でならないし、悔しい。

 

hagexさんとは近いうちにトークイベントをやろうという話になっていた。面白いことをやってギャルの注目を浴びようモテようとジョッキを傾けたあの居酒屋での時間が懐かしい。全部なくなってしまった。イベントも。ギャルモテも。残念でならないけれど、僕の残念な気持ちなどhagexさんの無念に比べればクソみたいなものだろうし、遺した家族や猫を想うと胸が張り裂けてしまいそうだ。本当に悲しい。悔しくて涙も出てこない。こんな理不尽な暴力、テロに負けないためには、対策を考えながら、一歩一歩日常を続けるしかない。でも、僕のスマホに残っている二人で株式会社はてなで撮ったアホな写真、どうすればいいのよ…。きっつ…。少し休んだら、僕はまたブログでおバカなことを書きはじめるつもりだ。それがブロガー・フミコフミオに出来る唯一の供養だと僕は信じている。あらためてhagex氏のご冥福をお祈りいたします。(所要時間72分)

hagex氏のこと

<殺人>「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

※事件の推移に合わせて加筆修正しました。

昨夜遅くにこの事件の被害者が有名ブロガー・ネットウォッチャーhagexという情報が流れてきた(セミナー参加者のブログ記事も読んだ)。

Hagex氏と飲んでます。 - Everything you've ever Dreamed

Hagex氏と株式会社はてなへ殴り込みにきました。 - Everything you've ever Dreamed

僕はここ最近月に一度程度の頻度で氏と会っていた。顔見知りの僕が知っている氏の情報と報道されている情報とを照合したところ被害者はhagex氏だと思われる。残念だ。

ネットウォッチ勉強会「かもめ」#2「100万PVブログ達成への道」「ブログトラブル110番」 : ATNDこのイベントの講師をしていたhagex氏と被害者の男性は、氏名・年齢・職業・住所等の個人情報、被害者の容貌で一致したうえ、氏の電話・メールは「反応なし」

以上の点からhagex氏だと断定せざるを得ない。最近毎月会っていたのでこんなことになるなんて信じられない。残念だ。何から話をしよう。氏は藤沢で初めて会ったときに「最近面白いことがしたいのでhagexとして積極的に表に出て行くことにしました」と言っていた。やりたいことをやって、会いたい人に会うと(その会いたい人第一号が僕だったらしい。光栄だ)。それが結果的にこんなことになるなんて…。hagex氏と大川竜弥氏とでトークイベントをやる話にもなっていた。事件のあった福岡のイベントや先日都内で行われたイベントにも登壇を打診されていたけれど僕の都合が合わなくて叶わなかった。こんなことになるなら無理矢理でもスケジュールを合わせればよかった。氏が「オフレコにしてほしいのですが」といって話してくれた話がどれもこれも面白くて、特にイケハヤ氏へのツッコミや山本一郎氏との絡みは面白かったな…。ヤバいことにも首を突っ込んでいると話していたけどまさかそれで…いやそれは僕の憶測だから確定した情報を待つことにする。氏の名誉のため、誤解のないように言っておくけど(僕も最初胡散臭い人だと思っていた)彼はいかがわしい職の人などではなく会社員だ。「フミコさんと同じ社畜です」と言われたのがすげえ印象に残っている。なぜ福岡でセミナーなのかと尋ねたら、出身地だからだそうで「故郷に錦を飾るってわけじゃないけど人が集まるか超不安!」って笑っていた。イベント、出来て良かったよ。数少ないネット経由の友人を失くしてしまって悲しい。犯人に対しては怒りしかない。「ブロガーは身の回りに起こったことを面白おかしくネタにしてPVを稼いでナンボですよ」とハゲ子に最後に会ったときに言われたから書いてみたけど、全然バラバラでネタにできない。まだまだだな。 

つか僕のスマホに残ったアホな写真どうすりゃいいのよ…。まだ受け入れないけれど今僕に出来るのはhagex氏のご冥福をお祈りすることだけだ。(所要時間50分)