Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

【続々】元給食営業マンが話題の「マズい」学校給食を考察してみた。

神奈川県大磯町の中学校給食が異常な残食率と異物混入件数から「マズい学校給食」としてニュースになっているのを受けて先日このような記事を二本書かせていただいた。

 元給食営業マンが話題の「マズい」学校給食を考察してみた。 - Everything you've ever Dreamed

 【続】元給食営業マンが話題の「マズい」学校給食を考察してみた。 - Everything you've ever Dreamed

記事の主旨は業務を受託した業者に非難が集中しているが、委託する側の町の姿勢にも問題が見られること、車で一時間かかる県央エリアに拠点を持つ給食会社に弁当デリバリー方式で業務委託すること自体が安全性の面で問題があることを神奈川で営業活動をしていた元給食営業マンの立場から言っておきたかったからだ。その根底には、この大磯町のケースは極めて酷いレアケースであり、給食会社や給食業界そのものに悪いイメージを持って欲しくないという思いがある。昨日、この件の続報が届いた。

 神奈川・大磯の中学給食休止 食べ残しや異物混入相次ぎ:朝日新聞デジタル

13日付、つまり本日付で弁当の配達を止めることになった。詳細はわからないが業者サイドからの申し入れらしい。代替の業者はまだ見つかっていないようだが、見つけるのはかなり困難ではないかと思われる(僕の予想に反していい業者が見つかればいい)。今回の記事はなぜ代替の業者が見つからないのか、委託給食業界の特性というファクターから考察しながら、最後に今回の業者選定の採点結果に触れてみたい。まず給食会社、委託給食という業界が飲食業界の中でもローリスクなビジネスモデルであることを前提条件として知っていただきたい。たとえば社員食堂の場合、契約形態にもよるが、一般的に食堂運営にかかる光熱費、厨房機器、食器什器、食堂ホール設備(イス・テーブル等)、空調費、専門清掃費などは委託側負担となる(例外あり)。基本的にはテナント料もかからない(大規模店舗および官公庁の食堂などの例外あり)。つまり給食会社はスタッフとノウハウだけを提供するだけでいい。たとえば駅前にあるラーメン屋ならば上記のものはすべて店で負担しなければならないが、社員食堂の場合、ほとんどコスト負担なく給食会社は事業展開が出来るのだ。食数の見通しも立てやすい。つまりリスクが少ない。大磯町と契約していたデリバリー方式の給食会社も基本的に同じで、既存の自社工場が稼働していれば(生産を集中する分、労務費が圧縮される)食数もほぼ固定なうえ契約期間内の委託料は約束されるので一般の外食と比べればリスクははるかに少ない。リスクが少ない分、販売価格を自由に決定できないこともあって利益を確保するのが難しい面もある。限られた売上のなかで最大限の利益を確保しなければならないからだ。そうなると削られがちなのは食材と労務費。つまり犠牲になるのはクオリティと安全性。大磯町の件はそれが極端な形であらわれたものと考えればいい。当該業者はおそらく相当な利益を確保しているんじゃないかな。リスクの話に戻せば、代替の業者が見つけるのが困難であると予想がつく。売上の点からいえば学校給食の特性として年間通しても180日程度しか営業日がなく(平日のみ稼働の社員食堂で年間240〜250日、大学の学食は180日より少ない場合がある)、先述のとおりローリスクローリターンな給食ビジネスのなかでも学校給食は180日運営して初めて利益が確保できるビジネススタイルとなっており、年度の途中から受託するのはリスクでしかない。乱暴な言い方になるが儲からない仕事でしかないのだ。逆説的にいえばリターンが少ないぶんリスクを最小限にとどめたいと考えるのが給食会社でもある。リスクを避けるのが給食会社なのだ。その点からいえば大磯町の学校給食は連日マスコミで全国に報道されてしまっている。そんな注目を浴びている仕事を進んで取りに行く給食会社はいない。リスクでしかないからだ。以上の点から僕は大磯町の件で代替業者を見つけるのが難航すると予測している。僕の予測が外れていい業者が見つかればいいのだが。もっとも、今回の原因のひとつはデリバリー方式の採用にあるので、次に入札を行うときは、出来るなら、業者の変更だけにとどまらず、センター方式等給食導入方式の変更か、それが不可能で現行のデリバリー方式を継続するのであれば募集要項に「近隣市町村に生産拠点のある業者」の一文を追加してもらいたい。僕が給食営業マンだった頃、毎年、日付を変更しただけの同じ要項で入札を実施してはうまくいかない案件があって、入札説明会で「少しは学習しなさいよ。もしかしてバカなんですか?」と文句を言ったことがある。営業の仕事は仕事を取ることと仕事を断ること、そしてマトモな仕事をつくることだと僕は信じている。このとに頭に来たのはそういう適当な仕事をする人間と実際に給食を食べる人が違うからだ。カスタマーのことを考えないクライアントほど悪いものはない。そういういい加減な入札はもうヤメにしてもらいたい。基準を満たさない業者の参入リスクを排除するのが業者選定の最大の目的なのだ。それゆえリスキーな入札は許されないのだ。大磯町の学校給食の導入でリスキーな入札や審査が行われてはいないと思うがこちらのリンク先採点シートを見てもらいたい。

中学校給食(スクールランチ)調理配送委託事業者/大磯町ホームページ

落札した業者ともう1社、計2社を10項目1000点満点(100点×10項目)で採点している。結果は落札業者が10項目中7項目で勝利、合計724対676の大差で勝敗がついている。たった2社で選定が行われたこともリスキーで驚きだが、落札業者圧勝の結果に驚きを隠せない。元給食業界にいた人間として、あの、1年間で100回近く異物混入事故を起こす業者に完敗する業者がこの地上に存在するなんて信じられない。僕が疑っているのは、業者が提出した資料を検証評価できる給食のプロの不在である。そうでなければ、まさか…悪いこと…行われて…ないよね…。次にロケーションの問題。中郡大磯町にはデリバリー方式で中学校給食を請け負える業者はない。大磯町の東側に位置する平塚市、あるいは西側の小田原市にある業者から選定することになるが、このスケールの学校給食を受けられる業者を僕は知らない。つまり大磯町から離れた業者しか選択肢がないことになる。このことからいえるのはデリバリー方式を採り続けるかぎり、今回のような給食が繰り返される可能性があるということ(なぜデリバリー方式がハマらないかは過去記事参照)。大磯町の学校給食において内容面、安全面に重視するならロケーション的な要因からもデリバリー方式の継続は難しいと言わざるをえないのだ。給食運営はシビアで特にコストの問題は必ずつきまとうけれども、もしコスト上で無理が生じるとわかった時点で、仕事を任せる側と受ける側どちらでもいい、一番その給食を知っている立場の人間が声をあげて一旦立ち止まり白紙に戻すことも含めてその案件自体を見直すことが給食のプロの仕事だと思う。大磯町の件でそういう動きが見られなかったのは残念でならない(先に述べたとおり採点シートの祭典もとい採点を見る限り、業者が提出した資料を検証評価できる給食のプロがいたのか疑問だ)。余談だが、落札した業者の企業理念《永遠に未完成の給食作り》は洒落になっていないので変更されたほうがよろしいかと。ではまた。(所要時間45分)

再就職したホワイト環境職場で苦悩しているが相談する相手もいない。

悩んでいる。猛烈に悩んでいる。悩みすぎて吐きそうだ。俗にいう職場の悩みというやつである。悩みからくるストレスからだろうね、腸内環境が悪化し、切れ痔になってしまった。再就職した会社は実に働きやすい環境で僕の職業生活上最高レベルの充実した毎日を過ごせている。所定時間外労働は皆無。座席でうずくまり突然の耐えがたき便意に悶えていれば「大丈夫ですか」と声を掛けられる。スポーツクラブは会社負担で通わせてくれる。何より嬉しいのはきちんと仕事をして実績をあげれば認めて評価してくれること。前の職場では考えられないことだ。仕事をして実績をあげると、それを良く思わない同僚に足を引っ張られたり、妨害を受けたりした。なぜなら当時のトップが、仕事の出来ない人間に対しキタチョーのような厳しい叱責制裁を食らわしていたからだ。「デキる人間がいるとデキない俺たちが目立ってしまう。死ぬ。ならばデキる人間を引きずりおろしてしまおう。頑張っても給料上がらないし。その方が省エネだし」そういう人間の醜さと愚かさ、エゴとエコがぶつかり合うような環境だった。だから今の恵まれすぎている環境にはまだ慣れないでいる。実際、理解のある上司や協力的な同僚はファンタジー上の存在に思えてならないし、仕事に対する評価にも何か裏があるような気がしてならない。協力的な態度を見せられるたび、「えー!会社が払ってくれるのだからスポーツクラブに入りましょうよー」などとポジティブな意見を言われるたび「こいつ何を企んでいる?」「裏で妙な動きをしているのでは?」そんなふうに想像して、警戒し、胸が苦しくなったり、変な汗をかいたりしている。戦地から戻ってきた帰還兵がキツイ体験のフラッシュバックなど後遺症に悩まされ普通の生活に戻れないという話を聞くが、僕もブラックな環境から普通の環境への順応に苦戦しているのかもしれない。前と比べて緩すぎるようにしか思えない環境、身内に敵がいない環境に慣れないのだ。いってみればブラックPTSD。だが、それが僕を苦しめている悩みではない。悩みはもっと深いところにある。というのも今の環境には順応していける自信があるからだ。時間はかかるかもしれないけれど、基本的にはいい方向に向かっているとわかっているからだ。入社一ヵ月の時点でボスと面談をした。内容は任されている仕事の進捗状況と僕が会社でやっていけそうかどうかの確認だった。「今のところ仕事も予定通りですし、皆ともうまくやっていけそうです」僕が答えるとボスは「まあ、それは結構なことですが…」とどこか不満そうであった。優等生な返答をしたつもりだったので、その微妙な反応に困惑しているとボスは「キミには我が社には吹いていない風、つまりウインドを期待していたんですが」などと詩的に仰るのでますます困惑してしまう。フラッシュバックする8か月もの長きに及んだ失業期間、炎天下の駐車場での切符もぎりのアルバイト。ボスの言いたいことを日本語と英語で要約すると次のようであった。《非常にブラッキーできっつい環境で長年働いてきたキミには、社員同士も仲が良く働きやすい環境、ともするとお友達サークルになりがちな今の会社に、ブラッキーな管理職として厳しい風を吹かせてもらいたい》《Wind is blowing from black company.》ボスはひとことでこうも言った。「嫌われ役になってほしい」。きっつー。新しい環境、働きやすいホワイトな環境で皆と仲良く心機一転やり直したい。ブラック環境を忘れたい。そう思っていた僕にボスよ。あなたはブラックで在り続けろと仰るのか。僕の悩みはボスの仰るブラック環境を僕が知らないことに起因している。ボスはブラックを厳しい環境ととらえている。違う。断じて違う。ブラックとは厳しいのではなく、ただただどこまでもヤバいのだ。僕はヤバい職場環境しか知らない。ボスのいう厳しい環境を知らない。僕は厳しい管理職ではなく、単にヤバい奴になってしまうだろう。このままではボスの期待に応えられない。同僚からも忌避されるだろう。脳裏をかすめる離職からの失業のコンボ。はたして僕にブラックの呪縛から逃れられる日は訪れるのだろうか。僕の見事にパカーンと割れた切れ痔は、映画「十戒」の海を割って民のために道を切り開いたシーンを想い起こさせるけれど、僕を安住の地へ導くことはない。(所要時間18分)

前立腺の手術を受けた僕にGOサインが舞い降りた。

ちょっと前になるが前立腺肥大症の手術を受けた。ホーケイ手術のように術後ドラマティックにオーケイな感じへ見た目が変わるわけでもなく、麻酔をかけられて寝ている間に終わっていただけなので、気付きや学びといった類はない。正直に告白するならば、ドクターによる手術の説明、「オットセイの先っちょから管のようなものを奥までズイズイズイと挿入してチョッキンするだけ」が恐ろしすぎて、ただいっさいがすぎていくのを待っていただけなのだ。気付きもなく、学びもない。虚しさしか残らないこの手術で僕が得たものは、「オットセイの先っちょから入れたんだよ…」と妻に告げたときに彼女が言ってくれた「素晴らしい…成し遂げた勇者ってわけですね…」というお褒めの言葉くらいしかない。そんなわけで《オットセイの先っちょからズイズイズイ》は僕の中ではすでに過去になりつつある。気がかりなのは昨年から引き続く下半身受難。左足は昨年の夏に交通事故で左膝を骨折して全治3ヵ月。そのうえ真ん中の足はかねてからの勃起不全に加えてこのたびの前立腺肥大。因果応報。僕の行いが悪いのだろう…と過去を振り返ってみたところ、下半身に災禍をもたらすような所業をしていたのを思い出してしまった。32年前。小学校の修学旅行。中禅寺湖畔にある、とある古旅館の大浴場でのこと。仲のいい友人や仲の悪い友人との旅行でテンションがあがった僕は、郷ひろみの「男の子女の子」という楽曲を歌唱し、そのメロディーとリズムに合わせて己自身を弄んだのである。贖罪の意味も込めて具体的に説明すると、当該楽曲の「君たち女の子」というフレーズの箇所では、オットセイを股に挟んで隠蔽、あたかも女の子であると世を欺くように偽装し、続く、「僕たち男の子」というフレーズで、股の力を緩めてオットセイを開放し、男の子アッピールをしたのである。その後のヘイヘイヘイヘイヘイヘイという掛け声に合わせてオットセイを振り回したあのときの自分を、今からでもいい、殺しに行きたい。おそらくこの悪魔のような所業、サバトが、僕の人生を悩ませ続けることになるファイザー製薬頼みの下半身と、前立腺肥大というデーモンを召喚したのだろう。余談になるが僕と共にオットセイを弄った友人Kも爾来30数年間没落した人生を送り続けている。前立腺肥大が解消されたら勃起不全も解消されるかもしれないなどと言われていたが、現時点でそんな吉兆は1ミリもないので、おそらく、僕は男の子女の子ヘイヘイヘイで悪魔を召喚すると同時に神をも殺したのだと思う。もし、あのとき、あの中禅寺湖畔の大風呂で、GOはGOでも「男の子女の子」ではなく「2億4千万の瞳」を歌っていたら…。億千万!億千万!と絶叫していたら…。もっとGOGOな人生を送っていたのではないか、億万長者になっていたのではないか…後悔もオットセイも先に立たずなのである。己の愚かな選択が悔やまれてならない。(所要時間14分)

「好きなことを仕事にする」ということはなぜ気持ちいいのか。

僕は2007年の春にツイッターをはじめた。はじめたきっかけは忘れてしまった。たぶん女の子にモテるためとかそういう類のどうしようもないことだろう。それから2017年までの10年間タイムラインを眺めてきて学んだことはほとんどないけれど、強いて挙げるとするならば「世の中に反対している人は世の中が変わってもずっと反対し続けていること」、「好きなことで生きていこう」「すばらしい!」的なやり取りは見た目を変えながら繰り返されていること、以上二点くらいのものだ。実際、好きなことが仕事に出来たらそれはとても素晴らしいことだ。ベストな生き方のひとつであるのは間違いない。僕だって好きなことで生きてみたい。たとえば、唾を遠くへ飛ばしたり、昼も夜もバットを振り回したりすることでお金を稼いでみたかった。残念ながら現在ではそんなことは仕事になりえない。生まれるのが早すぎた。だが、裏返してみれば、好きなことを仕事にするのが素晴らしい、という明白なことはいちいち人に言われなくてもわかっているはずだ。なぜ、誰もがわかりきったことをインターネットや講演などで時には金を貰って発言し、それを時に金を払ってありがたがって聞いているのだろうか、僕には不思議でならない。本当に必要とされるのは「好きでもないことを仕事としてやっていくにはどうすればいいのか?」ではないか。おそらく成功者という立ち位置から「好きなことで生きていこう」的な発言をなさっているのだろうが、ひねくれ者の僕にはそれが思い上がりに見えてしまうのだ。僕は他人の生活に憧れたことがないが(才能とか才能が産み出す作品には憧れる)、好きなことで生計を立てている生活に憧れる気持ちはよくわかっているつもりだ。それでもそのクエスチョンに対する解を見つけられずにいた。昨夜、偶然、その解を見つけた。前職の後輩と会って仕事の悩みを打ち明けられたのだ。話を終わらせるために「そんな仕事は今すぐ辞めて、好きなことを仕事にしようよ!君なら出来る!絶対にやれる!」と心にもないことを言ってみた。とても気持ちよかった。その気持ち良さの原因は何かと考えてみた。好きなことは人それぞれであるため、基本的にそれをサーチしてトライするのは聞き手側がやること、つまり話し手側には聞き手が成功しようが失敗しようが何の責任もない、無責任であること。さらに昨夜の相手が僕の言葉に対して「ですよねー」つって気持ち良さげであったように、お前は出来るやれるキテるって持ち上げているため気分がいい。お互いが気持ちがいい。責任がない。無責任で気持ちがいいなんて最高ではないか。人間は、気持ちがいいことを求めるし繰り返す。金銭の授受が発生するのも然り。つまり「好きなことを仕事にしよう」などと言うのは双方が無責任に気楽に気持ちよくなれる魔法の言葉なのである。講演やセミナーなどでそのような当たり前のことを金を貰って語れてしまう人たちにはどのような精進をすれば他人へそんな無責任なことを言えるようになれるのかご教授願いたいところだ。僕は、サラリーマンを20年ほどやってみて、ようやく好きではないことを仕事としている自分のことを好きになりはじめている。好きなことを仕事にすることがベストとするなら、ベターとしかいえないかもしれないがこれはこれでいいと僕は思っている。(所要時間16分)

【続】元給食営業マンが話題の「マズい」学校給食を考察してみた。

神奈川県大磯町の中学校給食がそのマズさと、異常な残食率と、異物混入件数とでニュースになっているのを受けて先日このような記事を書いた。

元給食営業マンが話題の「マズい」学校給食を考察してみた。 - Everything you've ever Dreamed

書いた理由は「委託や給食やデリバリー方式が悪い」という片寄った報道が多すぎて「いや委託側にも非はあるよ」と、大磯町と近い湘南エリアの元給食業界にいた者として言い返したかったからだ。そういう意図で書かれていたので、なぜ、当該受託業者に決まったのかと、導入プランの拙さについてはほとんど触れていなかった。その点を補足するのがこの文章の狙いである。なので補足なので先の記事を読んでからにして欲しい。先の記事で、僕はこの大磯の事態の大きな原因として「条件の悪さ」を挙げた。特に業務委託料(総額134,224千円【580日分】/1日当たり231,420円)は調理盛付け配送を相応のクオリティと安全安心を確保しつつ実施するには心もとないものだとした。安く済ませようという委託側と安く受ける受託側双方の責任だと。ではなぜ委託側はそのような安い条件を出し、業者は受託してしまうのか。それは給食業界の特性に一因がある。現在給食業界にはマネー的にオイシイ仕事がない。かつては一般企業の社食や社員寮、社員クラブという案件があったが、現在、それらを新規に立ち上げるのは、ごく一部の例外はあるが大企業のみ。また既存の事業所も廉価な外食、コンビニ等の中食との競争が激化している(企業内にコンビニやファストフードを設置してるのを見たことあるよね)。オイシイ新設案件と既存案件売上の減少、福祉施設の給食に手を出すがこれまた年中無休3食提供で人はかかるわ生産性は低いわでひとことでいえば「大変」なのである。売上増や利益の確保が図れず、それをカバーするために、営業マンはうま味がないのを知りながらも今回の大磯町の中学校給食案件のような入札案件に手を出すのである。参加する業者があれば入札は有効になる。入札が有効となれば繰り返すのがお役所。どの業界も同じだと思うが入札案件負のスパイラルはこうして出来あがるのだ。ましてや当該受託業者は大磯の中学給食事業の受託1年後の平成29年に工場を新設している。

給食のエンゼルフーズ、神奈川に新工場 横浜の中学に弁当供給 :日本経済新聞

大規模な設備投資が予定されていたら、尚更、仕事を取りに行くよね…。多少無理してでも…ってことになるかもしれない。業務拡大の結果、衛生管理がずさんになった可能性もあるだろう。また、学校給食(公立保育所給食)契約の特性として、「労務委託方式(食材の売上は委託側に計上される契約形態)」と「契約期間の業務委託金」が保証されている点がある。業者にとっては、利益が少なくても確実に売上が確保できるのは大きい(大磯町の当該案件は3年度)。売上が多かろうが少なかろうが評価が良かろうが悪かろうがその委託金額の中で契約期間を乗り切ればいいのだ。悪く考えれば食数がどうであれ委託金額が確保されるので、食数が減ったほうが労務費は浮き、利益は出る(そんな業者はいないと信じたいが)。では、なぜ大磯町が今回の入札に当たりこのような条件を付し、マズいといわれる給食で全国区になってしまったのか。悪い人たちの話し合いがないと信じるならば、準備不足に尽きる。前の記事で書いたとおりに募集要項によれば業者導入スケジュールは「平成27年7月開始、10月業者決定、翌1月スタート」とあるように非常にタイトなものになっている。タイトなスケジュールは業界あるあるなのだけども調べてみると選定のキモであるポジション担当栄養士を入札とほぼ同時に募集している。

学校栄養士(任期付職員)を募集(締め切りました)/大磯町ホームページ

入札公募とほぼ同時に担当栄養士を募集して十分な準備が出来るだろうか。僕が給食担当営業時代に学校や保育所相手の営業でもっとも苦戦したのは、口うるさい栄養士オバハンだったものだが…。大磯町は不在。業者天国かよ。しかもこの担当栄養士の募集、条件が月給171,296円~である。給食業界にいる人なら皆知ってるが栄養士さんは薄給で、この条件も業界あるあるだが、それでも昨今の人不足で栄養士さんの給与も上がり気味であるし、ましてや学校給食の知識を十分に持った方をこの条件で採用できるか疑問である。さらに、大磯町の場合は1時間以上かかる場所からのデリバリー方式を前提条件としている。はたしてその条件とスケジュールで、学校給食の知識と通常の自校式やセンター式学校給食とデリバリー方式の特徴と差異を熟知した献立の作成と発注が出来る栄養士を確保できるだろうか。自校式センター式とデリバリー式では使える食材もメニューも別物である。それをこなせる逸材新卒が17万円で採用されたと願ってやまない。どうしても町側の杜撰な導入計画が透けてみえてしまうのだ(町がどのように委託金額も設定したのかもお察しだろう)。次に、入札の方式そのものの問題。今回の大磯町中学校給食の入札は公募プロポーザル方式が採られている。公募とは字のとおり公にして業者を募る方式だ(学校給食ではスタンダード)。公募といっても期日に町のホームページや掲示板に貼られるくらいで実務的には担当者から業者の営業に「何月何日からホームページに要項が出るのでよろしく」的な連絡が入るのが一般的(余程アンテナを立ててないかぎり知りようがない)。今回の案件も恐らくそういう流れで業者に声がけが行われているはず。聞くところによると参加した業者は2社だけだったらしい。たまたま別件で連絡を取ることがあって、競合他社営業マンに話を聞いたら大磯町の案件は誰も知らなかった。連絡がなかったからだ。なぜ当該2社だけだったのか。公募の名の下、連絡の段階で実質的な業者の選定が行われていたのではないかと疑ってしまう。今回ばかりは公募ではなく、デリバリー方式で学校給食を運営できる県に業者登録をしている企業から指名入札をすべきだったのではないか。確かに指名よりも公募の方がオープンでトレンドだが、安全性が確保されるのは間違いない。実際、横浜市の公立保育所は公募ではなく指名入札を採用し、信用できない業者を入札前に排除している(実効力があるかは別の問題だが)。また、先の記事で、異常な異物混入件数については異物が髪の毛、虫であることから調理後の混入が濃厚で前の記事では工程に無理があり目視チェックが行き届いていないと推測したが(新工場設置による人員不足と熟練度の不足もあるかも)、もうひとつファクターがある。意図的なものである。普通に注意を払って業務に当たれば年に100件の異物混入は起こるはずがない。僕が実際に経験した意図的は異物混入は「こんなマズい給食フザケンナ。トラブルを起こして迷惑をかけてやろう」的な食べる側が起こすテロ型と「仕事多すぎる。トラブルを起こして仕事を減らそう。どーせ人不足で首にならないし」的なブラック環境型があるので関係各位には原因の究明に努めてもらいたい。僕の推察では先の記事で書いたとおり工程の無理があってチェックが行き届かないが第一候補で、ブラック環境型が大穴ってところだ。テロ型を排除したのはそれが衛生管理の問題ではなくクレーム処理、顧客対応の問題だからだ。いずれにせよ、大磯町の中学校給食の問題は、コストと手間を惜しんだことに由来している。安全で美味しい給食事業にはお金がかかるのだ。大磯町には財政の余裕がないというのは言い訳にならない。同じ神奈川県中郡二宮町は大磯町より若干小規模な自治体ながら立派な給食センターを保有して町内中学校の給食をまかなっているのだ。このページを見てもらいたい。小さな町で大きな負担になっているはずだが立派に給食センターを運営している。

学校給食センター/二宮町ホームページ

僕は給食営業を担当しているとき、ケチっているクライアントに「社員食堂なんて利益を産み出すものではありません。中途半端に五をかけて五を無駄にするのではなく十をフルに活用していい食堂を作りましょう」と何度か言ったことがある。金が出せないなら満足な運営は出来ないとこちらから断ったことも多くあった。やるのもプロ、断るのもプロなのだ。学校給食も同じで安全で美味しい食事を提供するには金と時間は必要不可欠なのだ。大磯町の件はそういう考えが委託側と受託側に欠けているように見えてならない。まとめると給食ナメんなってこと。つらつらと業者だけが悪いわけではなく町の給食導入プロセスに問題があると述べてきたけど、町が入札の不備を認めるとは考えにくいので、おそらく受託した業者の衛生管理の問題とすることで幕引きをはかると予想しているけど、そんな幕引きでは問題解決にならないとだけは言っておきたい…。つって〆の言葉としようとしたら大磯町が予想通りの対応でおったまげたよ!

“異物混入給食”大磯町「業者変更せず」(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

(所要時間55分)