Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

令和を生きる若者をモザイク越しに見守りたい。

令和を生きる若者は大変だ。迷ったり、試行錯誤する時間や機会が奪われているように見えるからだ。あらためてそう思ったのは、仕事でしくじった若手が、50代後半のベテラン社員から「ネットでちゃんと調べたのか!俺の若い頃はさー!」と叱責されているのを見たからだ。《調べれば簡単に答えがわかるのになぜ調べないの?》という理屈で叱られていた。確かに怠慢だ。だが、叱られる若者の姿の向こうにある、ネットで調べれば、どんなものであれ、ある程度まで答えがわかってしまう「楽な」時代を生きる不幸が僕には見えた気がした。

今の若者は、何かやりたいことが出来ても、インターネットで調べてしまえば、必要な準備、取り掛かる方法、その結果と効果、やらない方がいい理由まで、一瞬でわかってしまう。愚直に取り組み、トライ&エラーをやってたら「調べればわかるのになんであんなことやっているのか」とバカ扱いされてしまう。「調べれば簡単」という理屈で、余裕や隙間が殺されて結果ばかりが求められてもいる。

たとえば、今の営業マンはサボることも難しい。スマホやPCを持たされているので、上司から逃げられない。僕が新人だった頃は、携帯電話がそれほど普及していないこともあって(ポケベルは渡されていた)、会社の管理から逃れる術、サボる方法はいくらでもあった。余裕や隙間があって、息抜きができたのだ。実際、外回りはみんなサボっていた。喫茶店はサボリーマンで満席だった。そういう時代を見てきたので、今を生きる若者は、休み時間もツイッターで仕事に役立つ知識をリツイートしていて、マジメすぎるように見える。

振りかえってみると、たくさん失敗出来たのが大きかった。営業職で働きはじめたとき、失敗ばかりであった。はじめての契約書。はじめての交渉。どれも思い出すのが恥ずかしいほど酷いものだった。その恥ずかしさが「次は絶対に失敗したくない」という強い気持ちとなり、次に繋がった。己の血肉になった。当時は「仕事は失敗して覚える」という風潮が強く残っていた。実際、失敗して覚えることの方がうまくいったときよりも多かった。今のように「ネットで調べれば簡単」という時代ではなかったからこそ、失敗が許された。

今はそれが許されない。誤解を恐れずにいえば、失敗の価値が下がった。「それネットに載ってたよ」のひとことが失敗の価値を下げたのだ。失敗が許されず、ストレートに結果へ向かうことが求められがちになった。今の若者は大変だと本当に思う。僕はボンクラ学生の頃、モザイク越しに異性の性器を想像した。夜空の星々を結んで星座にするように、アワビかな、水餃子かな、つって想像の羽根を無限に伸ばせた。今なら、ネットで一発、モロ画像。どちらが夢があるだろう?

令和を生きる若者の不幸は、調べれば答えがわかってしまうから。そして、僕のような上の世代が若者に余裕を与えていないから。調べれば答えがわかる、わかるのになぜ出来ない、というのは残酷だろう。答えを知っても、それは他人の知識だ。自分の血肉になっていない。誰でも、知っていても出来ないこと、使えないことはあるのだろう?かつての僕らがそうだったように。

答えがわかってしまう不幸な時代だからこそ、あえてストレートに答えに向かわず、試行錯誤して、他人の知識を己の血肉に変えられる者が、最後には往き残るのではないか、と僕は思う。僕ら上の世代は、彼らに猶予を与える余裕が求められるのだ。まあ、モザイク越しのアレみたいにもどかしくはあるけれどね。(所要時間18分)

大型連休を取得するための残業は必要悪である。

大型連休が近づいている。今、僕が勤めている会社は、一部の例外を除き、原則10連休である。連休前に片付けなければならない仕事。目途を付けておかねばならない仕事。休みが明けたとき速やかに始められるよう準備を終えておかなければならない仕事。そういった「ならない仕事」で我が営業部はバタバタしている。休むためのデスマーチで蓄積した疲労を、連休いっぱいを使って回復することになりそうだ。虚しい。

部下からの残業申請が相次いでいる。「連休を取るためには残業が必要です!」と彼らは言う。一方、会社は残業ゼロを経営目標に掲げている。僕は管理職、おいそれと残業を認めるわけにはいかない。「本当にその残業が必要なのか?」僕が言うと「必要です。我々が連休を取れなくてもいいんですか!」という反応。彼らを休ませなければ僕が上から責められる。

ウチの会社は社員に積極的に休日を取得してもらうことも経営目標にしているからだ。残業ゼロと休日取得の旗印のもとで一日あたり4時間の残業が社員から申請される。社員のための取り組みで社員が追い詰められて「残業したい!」と言いだす事態。立場的に「仕事を放りだして休め!」とも言えなかった。《残業ゼロを掲げるボスに残業を申請する自分の姿》を想像するだけで胃がきりきり痛んだ。「部長、今回の残業は休むための『必要悪』ですよ」という部下の言葉に後押しされて僕は社長室のドアを開けたのである。

現在の状況を説明して「残業不可避」を主張した。すると社長は「いやいや10連休は1年前から決まっていたのだから、各自休めるように仕事のペース配分をしなければダメだろう」と仰った。正論である。だが正論がいつも正解なわけではない。「いいえ、お言葉ですが社長、我が社の10連休が確定したのはつい1カ月前です。それに嬉しい誤算で予定以上の受注もありました」とは、わが身可愛さゆえに僕は言えませんでした。御意。「仰るとおりです」

「我が社が残業ゼロを目指しているのは知っているよね」とボスは言った。アイアイサー。「存じ上げております」「キミは部下に残業をさせて、営業部の数字を強引に上げたいだけではないか」と畳み掛けてくるボス。神に誓って違う。僕は誰にも残業なんかさせたくない。残業させてほしいと言っているのは僕ではなく部下なのだ。「いやいや社長、あいつら、自分が休みたい一心で、残業残業吠えてるだけっすよ」悪魔の自分が顔を出す。言いたい。でも言えない。部下を悪者にしたらクソ上司になってしまう。それはイヤン。あの言葉が脳裏にひらめいて、すがるような気持ちで口に出していた。

「社長、今回の残業は休みを取るための『必要悪』ですよ」。言った直後に後悔した。必要悪というワードは社長のNGワードであることを僕はそのとき知った。めちゃくちゃボスに叱られた。「必要悪とかいう都合のいい言葉を使っての正当化は好きじゃない」「な~にが必要悪だ」「悪に必要も不必要もない」と。ボコボコにやられたが、1日1時間だけ残業は認めてもらった。ただの1時間ではない、命を数年縮めての1時間だ。

部下に命の1時間残業ゲットを伝えると、「それじゃ、僕たちは連休が取れません!」「もういちど社長と交渉してきてください」「もっと僕たちのためにやってくださいよ!」と人の気も知らずに彼らは言う。きっつー。殺す気か。「1時間プラスでなんとかやってくれ。」「ムリです。」「無理でもやるんだよ!」「無理!」「やってくれ…」結局、精神論になってしまった。後味が悪い。

ちなみに僕は10連休できない一部の例外である。部下たちに連休を取らせるために留守番を一手に引き受けたのだ。連休真ん中の3日間は出勤となる。だからといってはなんだが、10連休を取るために慌ただしく仕事をしている部下のことなど、終業のベルが鳴って部長という立場を忘れてしまえば、ざまあ、と思うだけだ。おかげさまで僕個人は余裕の平常運転である。今、火曜日の午後6時半。この瞬間も10連休を取得するために、汗水たらして働いている部下たちと、10連休はないが喫茶店でコーヒーを飲みながらこのようなくだらない文章を書いている僕とで、どちらが充実した労働者ライフを送っているだろうか。間違いなく、前者だ。僕は誰からも認めてもらえない哀れな必要悪にすぎないのだ。(所要時間19分)

義父が倒れた。

義理の父が心筋梗塞で倒れた。信金へ金策の相談に行く途中で胸の痛みを訴えて、病院に担ぎ込まれたのだ。義父は80近くの高齢だが、健康が服を着て歩いているような人で、心筋梗塞の前兆もなかったので驚いてしまった。現在はICUから一般病棟の四人部屋へ移り、あと一週間ほど入院する予定。とりあえずひと安心だ。義父は江戸時代から続く箱職人である。数百年やっていて一度もブレークしたことがない、ヒット曲のないまま亡くなられた内田裕也さんのような流派で、義父自身が「信念も特徴もなく、たいした技術も要らないから尊敬されない。誇れるのはしぶとく生き残っていることだけ」と卑屈になっている。滅びても惜しまれない流派が今回もしぶとく断絶の危機を乗り越えたのである。

病院に担ぎ込まれた直後、義父は荒れた。「あれを持ってこい」「今すぐだ」と我がまま放題、周りを困らせたのだ。「病気で倒れたのに」「何様のつもりなのか」呆れ果てる妻や義母。僕は、そんな義父の姿と、8年前に100才で亡くなった祖父の姿を重ねていた。元気だった頃の祖父は仙人のように物静かで優しい人だった。庭で転んだはずみで足を痛めて入院してから、目に見えて身体が弱っていった祖父。ときどき穏やかな祖父が見舞いに来た人間をつかまえて、「あいつだけは許せない」、と過去の恨みつらみを話すときがあって、その姿の方が、弱っていく姿よりもずっとショックだった。時間を置いたら、なんとなく祖父の行動が理解できた。死ぬのが怖かったのだ。100年生きても、しがみつきたかったのだ。身体は動かない。思考も混乱している。どうしようもないから、溺れているとき咄嗟に何かつかめるものを求めて手をめちゃくちゃに動かすみたいに、気になっていることを口にしてみた、ということだろう…。

 義父も同じだったのではないか。激痛に襲われて、死を意識した瞬間、わがままが爆発したのは、生にしがみつこうとして、何かしなければいけない、でも、何をすればいいかわからない、そんなギリギリの行動だったように僕には見えたのだ。確かに、その姿は、カッコ悪くダサかった。迷惑すぎた。でも、いいじゃないか。それくらいなら。家族から非難された義父のわがままは、「今すぐに家にある俺のリュックサックを持ってきてくれ」というもの。妻も義母も「倒れているのになぜリュックがいるの!」「明日でいいじゃない!」と義父にいったけれど、「今もって来ないとイヤだイヤだイヤだ」と駄々をこねるので、まあまあ、いいじゃないか、と適当に対応していた僕が、流れで取りに行くことになった。すぐに見つかるリュックサック。軽い。スカスカであまりものが入っていないようであった。死を意識した男が望んだスカスカリュック。絶対に中身を見るな、と強く言われていたので、見たくて仕方なかったけれど耐えた。もし、懐かしのチッチョリーナのテープや性的なグッズが出てきたら、僕は本気で義父を軽蔑していただろう。耐えて良かった。

リュックを渡された義父は喜んでいた。たいそうな喜びようだったので、チッチョリーナ疑惑は強くなるばかりだったけれど、義父の名誉のために疑惑を疑惑のまま終わらせることにした。男には知られてはならないロマンがあるのだ。義父は、スニーカーが欲しい、スリッパを履きたくない、と意味不明なわがままを繰り返していて、家族を苛立たせていた。その姿はカッコ悪くてダサかった。みっともなかった。でも、いいじゃないか。生きるか死ぬかのピンチのときくらい、甘えて、わがままを言ったって。チッチョリーナだって。駄々をこねたって(限界はあるけど)。だいたい僕らは人の目を気にしすぎなのだ。生きられるのは、一度だけ。だから「死ぬ~!」と思ったら、周りの目なんか気にせず、しがみつけばいい。気が済むまであがけばいい。生きるっていうのは、ちょっとくらい無様で、みっともないくらいがちょうどいいのだ。墓には「いいね!」を持って入れないのだから。(所要時間19分)

 そんなことよりウチの奥様(管理栄養士)が心筋梗塞で倒れた義父のためにスケッチブックに執筆している高齢者向け食事本がわかりやすいうえにガチなので見てくれ。

f:id:Delete_All:20190422232203j:image

ロスジェネ世代が失ったのは生きている実感ではないか。

就職氷河期世代が「人生再設計第一世代」に名称変更、SNSでは「言葉遊びか!?」の声も(AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース
「ロスジェネ世代」が「人生再設計第一世代」へ名称変更するらしい。ふざけているのだろう。いや、ふざけているのだと信じたい。もし本気でこの名称にしたのなら、この国の未来に希望がないからだ。この名称変更から垣間見えるのは、ロスジェネ世代が失ったのは就業機会という考えである。だがロスジェネが失ったのはそれだけではない。僕には「自分たちが、なぜ、こうなったのか」という「実感」が失われたのが大きいように思えてならない。

ロスジェネ世代の僕が、今も何とか生き残れているのは、実力ではなく運が良かったからだ。謙遜ではない。非正規や引きこもり状態といった厳しい状況にある同じ世代の人たちと比べて、僕が能力や資質で優れていたとは思えないし、特別な努力をした記憶もないからだ。実際、僕より優れた資質を持ち、正しく努力した人もたくさんいたが、彼らの何人かは今も厳しい状況にある。本当に、たまたま、紙一重で綱渡りから落ちなかっただけなので、「運」に恵まれたとしか言えないのだ。僕と同じ年代で、今もなんとかやっている人は、運が占める割合に個人差こそあれ、同じように運がよかったという感想を持っているのではないか。

でも、運で片付けちゃいけないのだ。なぜ、綱渡りで生き残れたのか、どうして綱渡りから落ちてしまったのか、説明出来ないのはおかしい。僕の知人に20年も引きこもってしまった友人がいるのだが、彼は「何も悪いことはしていない」「どうしてこうなってしまったのかわからない」と言っていた。厳しい状況にある人たちには失敗したという実感がない。同じように、さいわい何とか生き残れている僕にも成功したという実感はない。どうにもならなかったのだ。ただこうなっただけなのだ。ロスジェネ世代は、生き残っている者からも、沈んでしまった者からも実感が等しく失われている世代なのではないか。ロスジェネ世代はまだラッキーなのかもしれない。世代で括るのは乱暴なのであまり好きではないけれど、同じような体験をしている仲間がいるからだ。でも、ロスジェネ世代のあとにも、実感のない人生を送っている孤独な人はいるからだ。

厳しい言い方をするなら人生再設計はただのリカバリーだ。だが本当にリカバリーできるだろうか。僕らは機械じゃない。生きている人間だ。人生において10年、20年という年月をリカバリーするなんて僕には想像がつかない。確かに人生を再設計することで、救われる人はいるだろう。だが、生きている実感が得られない社会のままでは、これからも失われた世代は生まれるだろう。再設計以前に、自分で自分の人生を設計できないところに問題はあるのだ。このままでは、人生再設計第一世代のあとには第二世代、第三世代が続いていく暗い未来しかない。

これからは、ロスジェネ世代でしぶとく生き残ってきた人間が社会のリーダーになる。正当な努力がそれなりに報われる、原因と結果が明確な社会を生きることができなかった彼らは、原因と結果が明確な社会を目指していくのではないかと僕は予想する。ヤな言い方になってしまうけれど、自己責任が求められるような社会だ。でも、ロスジェネの逆襲がはじまる…ふるえて待て!という気分にはまったくならない。その自己責任が少し優しいものであるようになればいいと僕は思う。やられたからやり返すに希望はないからね。(所要時間17分)

SNSで子育て写真を見るのが楽しくなった。

我がことながら驚いてしまう。昨年くらいから、知人によってSNSやインスタグラムにアップされた子供の写真を見るのが楽しみになっているのだ。もちろん、僕がインスタグラムに求めているもの第一位が、グラビアアイドルやレイヤーのセクシー画像であることは変わらない。告白しよう。それは純粋に下心からの行動である。彼女たちが毎日アップする画像に光の速さで「いいね!」を付けることで、お近づきになれるワンチャンがあると僕は強く信じている。夢のない世の中。夢を語っても会ったこともない無名の人から「僭越ながらそのような夢を実現するのは貴兄のようなアンポンタンには無理だと思いますよ」とバカにされる現代。そんな悲しい現実の中で、セクシー画像への「いいね!」だけがチョメチョメな夢への懸け橋なのである。下心とバカにすることなかれ。かつてベータとVHSの覇権争いを決定打となったのはセクシーソフトの数だったといわれている。多くの下心を受け入れた方が勝ったのだ。近所のラーメン屋のオッチャンも「アダルトが天下を決めた」と言っていたくらいなので、おそらく事実なのだろう。グラビアアイドルやレイヤーのセクシー画像に数秒で大量の「いいね!」が付く様子を目の当たりにしながら、「このいいねのひとつひとつはもう一人の僕…」と恐ろしくなる。それぞれの「いいね!」がチョメチョメと叫んでいるような錯覚にとらわれるのだ。

一方、そんな下心地獄を生きる僕の中で、知人の子育ての様子がわかる写真が最下位からぐぐっと順位を上げてきているのも事実である。信じられない。アメージングだ。かつての僕なら、知人のお子さん写真を見ても「つまんねえ写真をアップするなよ!」「あーギガ損した!」「ええい、ガキンチョはいい。母ちゃんを写せ!」という非人間的な感想を持つくらいであった。親族だけで、田舎のジジババ向けに、やっていればいいのに、なぜ、全世界に公開する必要があるのか、と。それが今は、知人たちの子育てや子供の画像を眺めて「いいね!」を付けるのが楽しいと思えるようになっている。下心で汚れちまった己を、ピュアな子供や子育て画像で浄化しているのは否定しない。セクシー、セクシー、セクシー、子供。セクシー、セクシー、セクシー、子供、というリズムが妙に心地いい。しかも、セクシービキニ水着ギャルと哺乳瓶をくわえた乳児を交互に見ていると、自分自身を乳児に投影して、ギャルをチュッパチャップスしているような感覚も得られる。そのうえ、「ああ、この人はセクシー画像を追っかけているだけのボンクラじゃないのね、少子高齢化について考えがあるのね」という好印象を持ってもらえるのだ。

最も大きな理由は自分で自分を肯定したいからだ。僕には子供がいない。子供のいる生活について、羨望や憧れはもうないけれど、ネットに上がってくる子供や子育ての情景が、「もしかしたらあったかもしれない」自分の人生の分岐、別の世界線の自分の出来事に見えるようになった。「僕に子供がいたらこんな写真を撮っただろうなあ」という仮想現実体験。映画や小説に自分を重ねてしまうように、人様の子供のいる情景に、訪れなかった未来の自分の姿を重ねているのだ。つまり、僕の付ける「いいね!」は、画像をあげている親子への「いいね!」であると同時に、自分の人生への「いいね!」なのだ。僕のような中年男性はグラビアアイドルやレイヤーのように「いいね!」されることはない。だから自分で自分を「いいね!」する。それでいいと僕は思う。そうだろう?最終的に自分を評価するのは自分自身しかいないのだから。つまり、僕が子供の画像に「いいね!」するのは、高度なマスタアベイションなのである。好き好き大好き、ますたあべいしょん、気持ちいいからやめられない。(所要時間19分)