読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

暗闇

日記

会社に怨念が渦巻いているおかげでドライかつビジネスライクに仕事が出来るようになった。ありがとう神様。怨念サイコー!!などと浮かれてばかりもいられないのは、僕が作成した覚えのないドキュメントがいくつか僕の名前で社内に出回り、上層部に届いてしまったからだ。そのなかに会社体制批判的なドキュメントもあったので立場がヤバくなっている。その批判の内容は僕が飲み屋で気心の知れた同僚にこぼしているものなので、なぜそれが文字に化けたのかはさておき、まあ、納得のいくものなのだけども、わからないのは僕個人フォルダに保存してあった当該ドキュメントの保存日時が、僕だけが出勤していた休日の午後になっていることだ。寝不足と疲労困憊による意識朦朧状態で思いのたけをマイクロソフトワードにぶつけてしまった可能性もゼロではないが、怨念より恐ろしい、何か、大きな社内秘密組織が僕を消そうとしている気がしてならない。そろそろスナックで知り合った警察官にサイバーを紹介してもらうことを考えなければいけない段階かもしれない。

事業全体を預かる身になって以来、知らなきゃよかったことばかりの毎日だが、どうやら僕は会社の闇を掘り当ててしまっていたようだ。保身のためにスルーするつもりだったが、僕がそれを見つけたことに上層部が気付いてしまったっぽい。きっつー。すでに密偵と暗殺者は放たれていて、味方と敵の識別は困難、いつ、足元をすくわれて僕のせいにさせられるかわからない状態。ただちに会社員生命を守る行動をとらないといけない。落ちつくまで潜伏いたします。

強制参加させられるセミナーの効果を最大化するために僕が心がけていること。

メモ

セミナー大好き。講師の流暢なトークに聞きほれているだけで新たな知識を得られるし、同じ目標を持つ仲間との交流で刺激を受けられる。何かを成し遂げたい、自分を高めたい、と考えるのならセミナーは有効な手段だ。ただ、それは自分の興味のあるセミナーに、すすんで参加する場合に限られる。

 

僕のように自分を高めたいという願望が死滅した者にとって、業務命令で強制参加させられるセミナーほどの苦行はない。想像してほしい。興味がないテーマについての講師のテンション高いトークを。参加者の熱すぎる熱意を。疲れるだけだ。だが、そのセミナーが強制参加であっても、その時間をただ無為に過ごすのはあまりにも勿体ない。人生に無駄にしてよい時間はないのだ。僕な長年の研究で強制参加セミナーを無駄にしない心がけを編み出した。今日は特別にその心がけを公開する。

 

前提としてセミナーの効果にあまり期待しないこと。これはすべてのセミナーにいえるが、セミナーで劇的に能力が開花することなどない。もし、そのような効果を謳うセミナーがあるとしたら詐欺や新宗教と疑ってかかるべきだ。大事なのはセミナーで伝授されるノウハウは自分を特別な存在に引き上げないと意識すること、公開されたノウハウなどたかが知れていると割り切ることだ。むしろ自分を高めて特別な存在になろうとした場合、セミナーのようなものに頼ろうとする気構えはマイナスになると僕は考える。だがこんなものに参加している時点で僕俺私はダメな模倣人間なのだというマイナスから出発すれば、マイナスから脱したいという生存本能でプリミティブな何かを得られるかもしれない。

 

奇跡的確率でセミナーで学んだことを実践したいと思ったら教えられたことをそのまま実践すること。ある講師に意地悪な質問をしてみたことがある。「毎回基本的に同じような講義をしてなぜ商売になるのか?」。その答えは「教えたことをそのままペースト出来る人がほとんどいないから」だった。なぜ、教えを受けている分際で己の経験や知識を取り入れてアレンジを加えてしまうのだろうか。それまでクソほどにも役立たなかった経験と知識は切り捨てて教えられたことをそのまま実践するべきだ。

 

強制連行されたセミナーでは人脈をつくらないのも重要。無駄な人脈は時間と労力を消費するのは投資ではなく浪費だ。セミナーが終わったあとでどこの馬の骨かわからない人たちと名刺交換をするのかといえば、将来の販促ルートを見越してなど、自分の糧にするためである。強制連行された興味のないセミナーで人脈をつくっても糧にはなることはほとんどない。それならば終わった瞬間に颯爽と立ち去るべきだ。人間関係も断捨離が大事なのである。以上のような心がけで受講時間が経過するのを待ってくれればうれしい。

 

僕は二十年のサラリーマン生活で様々なセミナーに強制参加させられてきた。素晴らしいものもあればこれで金を取るのかという内容のものもあった。この商売のキモは実際に受けるまで当たりハズレがわからない点だ。だからこそ自分の興味のあるものだけにフォーカスして参加すべきだと思う。はっきりいって興味のないセミナーは時間と金の無駄でしかない。私事ながら、近々、社長の命で起業セミナーを受ける予定になっている。起業の意思はない。嫌々だ。きっつー。起業を促して追放させる魂胆なのか、クーデターを起こさせて殲滅するつもりなのか、今、僕は社長の真意を測りかねている。(所要時間16分)

毎日の朝礼で社員の自主性が劇的にアップした話

日記

朝礼とは何だろう?教育訓練の一環だろうか、それとも、情報共有の場だろうか、はたまた、モチベーションアップの機会だろうか、公開処刑場だろうか、いろいろ考えてみてたが苦節20年でやっと一応の結論にたどり着くことが出来た。朝礼とは良くも悪くも自分を見つめ直す修練の場らしい。

 

ウチの会社ほど朝礼に重きを置いている会社はない。ボスがルーチンワークや習慣化という考え方の奴隷だからだ。《いつもどおりのことをいつもどおりにやる》のがボス。3人解雇すると決めたときは対象者がいなくても3人解雇する冷血。311の翌朝の312の朝、まだ余震がおさまらない厳重警戒中でも通常の朝礼をおこなった。

 

あの、日本中が絶望的な状況下に沈む中で《新しい朝がきた。希望の朝だ》などとノンキにラジオ体操の歌を合唱しているアホな会社はウチくらいのものだろう。しかし、ボスの命じるままに朝礼を続けて、最近、社員の自主性が大幅にアップしてきたのも事実である。

 

10数年前、僕が入社したとき、朝礼はボスの訓示とラジオ体操第一のセットでどんなに長くても10分以内にはおさまっていた。それから訓示をする人間がボスから部長クラスまでに増え、月曜の朝は20代若手社員が社訓と「1年後の私」を絶叫するようになった。絶叫は20代本社スタッフが絶滅するまで続いた。ラジオ体操についてはアクロバティックな第二体操までやるようになった。

 

僕は課長時代の約5年間、ラジオ体操の模範演技を強制させられていた。見せしめである。毎朝、皆の前にたってアホのように跳躍していると素人の僕でもそれぞれの体調がわかるようになった。「Aさん顔色がデスラー総統みたいになっているので休ませた方がいいみたいですよ」と上役にアドバイスしたこともあったが、上役に無視され、数日後Aさんは倒れてしまった。以来、宇宙戦艦ヤマトを知らない人間は信用しないようにしている。

 

現在、弊社の朝礼は訓示、ラジオ体操第一、第二に加えて社員同士がいいところ褒め合うレクリエーションで構成されている。いいかげん、自分の気持ちに嘘をついて、いいところのない同僚を褒めるのは苦しくなってきた(50代独身ギャンブル癖がある借金持ちの趣味風俗通いの平社員男子のどこをホメればいい?)。

 

ふと気づいて絶望したのは一連の朝礼に毎朝平均40分程度も費やしていることだ。さらに来月からトップダウンで訓示、ラジオ体操第一第二、キモい褒め合いに加えて講師やトレーナーを招へいして瞑想やヨガを取り入れるらしい。1時間半程度を朝礼に費やすことになると思われる。さすがに社員の間でも劇的に自主性が芽生えてきて、「これは時間の無駄では?」と考える者が出始めている。

 

朝礼は平日だけでなく、休日出勤の際も行われている。「誰もいない会社でラジオ体操をするバカがどこにいる?」と言わないでほしい。家に居場所がないボスは土曜日曜も出勤しているのだ。先日の土曜日も僕と同僚の2人だけが休日出勤。ボスの監視の下、僕らはたった2人で跳躍運動をしてからお互いを褒め合った。その時間より虚しい時間を僕は知らない。

 

「こんな朝礼は無意味です」僕はボスに直訴したがボスは聞く耳を持たずに、今後の朝礼の展開プランについて教えてくれた。来月以降、朝礼に『笑う健康法』も取り入れるプランらしい。笑うことによってセラトニンやドパーミン、性ホルモンや若返りのホルモンが分泌されて会社も心身も共ににハッピーになれるよーという健康法。訓示、ラジオ体操第一第二、褒め合い、瞑想、ヨガ、笑い。社員を押し潰して巨大化する朝礼。きっつー。もう笑うしかない。(所要時間16分)

ポリコレが殺してくれる。

恥ずかしいかぎりだが僕は「ポリコレ」のことを、落ちゲーの新作か、海外の都市でおこなわれるファッションショーと思い、無関心を決め込んでいた。なので先日、友人から「ポリコレによればメリークリスマスもハッピーホリデーと言わなきゃいけない」と教えられたとき、つい、笑ってしまった。悪い冗談だと思ったのだ。

 

ポリコレとは政治的社会的に公正な表現を目指すことらしい。公正とは正しさのことだ。しかし誰がその正しさを判定するのだろう?どのように判定するのだろう?想像するだけで面白い。仮に、休日も休まず働く僕が休日に休む人たちを憎しみの対象にするホリデー教を起こしたら、ハッピーホリデーもまた別の言い回しに取って変えられてしまうのだろうか?

 

差別や侮辱がよろしくないのは当たり前だ。だが、正しさというのは、様々な価値観・考え・意見から見出さなければならないものだ。すべてをポリコレ的に正しい言葉に置き換えてしまった世界で、その正しさを見つける力が伸びるとは僕には到底思えない。ポリコレ的に正しい言葉で成立した社会で純粋培養された人間が、巧妙に隠された悪を見つけ出すことが出来るようにも思えない。そう。ポリコレが正しさを殺してしまうこともありうるのではないか。そもそも僕には正しさを判定するという行為自体が傲慢に思えてならないけれど。

 

以上のような中途半端なポリコレ理解に基づいた僕の戯言はさておき、公正な世の中を目指そうという姿勢を茶化すほど僕はゲスくない。僕は賛同しかねるがポリコレも積極的に推し進めていけばいい。ソープランドのようにポリコレ変換前のトルコ風呂より素晴らしくなるケースもあることだし。それでも僕は行き過ぎた公正なポリコレ社会で真面目に生きるよりも、多少混沌とした社会の末席に籍を置いて、「性差別!ゲス!」となじられながらでも、パリコレでクールにビーチクを出しているモデルを眺める方がずっと好きだ。(所要時間8分)