Everything you've ever Dreamed

ただの日記です。それ以上でもそれ以下でもありません。

世間はそれをワークライフバランスと呼ぶんだぜ

「すこしワークライフバランスを配慮してもらえませんか」と同僚に言われてしまった。ワークライフバランスとは「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」のこと。今の職場環境では多様な生き方が出来ないらしい。申し訳ない。

当該同僚は営業として僕の下で働いている五十代前半の男性、勤務態度はまじめで、仕事の能力はうちのメンバーではよくいえば中の下、悪くいえば下の上といったところか。性格は穏やかで、いい意味で目立たない人間なのである。最初に、部長、ちょっといいですか、と声をかけられたのは黄金週間明けである。彼は、ミーティングルームに入るなり、「給与を上げてくれませんか?」といい、その際に冒頭のワークライフバランスという言葉を持ち出したのである。仕事と生活の調和がとれていない、と。

「最近お弁当を持ってきています」「妻も毎日パートに出ています」といった回りくどく、かつ面白くないエピソードの披露に耐えかねた僕は「評価は毎日の仕事ぶりや実績・結果に対しておこなうものであって、あなたが持参したおにぎりの個数は評価に反映しませんよ」と当たり前のことを口にした。彼は、僕の言葉を遮って、生活が荒んでいて調和が乱れ、仕事に悪影響が出てきています、モチベーションがあげるためには給与をあげてもらうしかない、と身勝手なワークライフバランスを唱えた。

僕はそんな理由で昇給は出来ないと言い切った。すると彼は、そうですよね、わかりました…無理ですよね…それなら主任に上げてもらえませんか?と別の要求を突き付けてきた。彼の言い分によれば、50才を超えて名刺に肩書がないと相手に信用してもらえない。信用してもらえないと成約できない。成約できなければ給与が上がらない。生活が荒んでワークライフバランスが崩れてしまう。ということらしい。素晴らしい。《根拠のない昇給申請》から《懸命に働くための称号の獲得》へ。人はわずか数分間でここまで成長できるのか…。

そんな美しい魂に感動しながら、給与そのままで名刺に主任と入れるだけなら僕の一存で出来るけれど、それでいい?と言ったら、ダメでした。なぜ、そこまでお金にこだわるのか?尋ねてみると、ワークライフバランス以前に家計バランスがおかしくなっていた。彼には中学生の子供が二人いるのだが、二人とも名門私立中学に通っている(下の子から)。某プロ野球球団の傍らで暮らしたいという子供の頃からの夢を実現するために、球場そばの超一等地にマンション購入、重すぎるローン支払い。子供の可能性を信じたいという御心のままに習い事多数。ご近所さんの目があるので国産車には乗れないというワンダーな理由で愛車は新型ベンツ。そして、子供たちの知見を広げるために英国への夏季短期留学を申込みした時点で、貯金が尽きていることに気づいたらしい。奥様は50才になってフルタイムのパートで働かされて、機嫌が悪いそうである。知らんがな。彼の言葉が真であるなら(僕はフェイクだと考えている)、ワークライフバランス以前に、生活が破綻寸前ではないか。

僕は上司の立場から「申し訳ないけれど、家計が苦しいからという理由で昇給させるわけにはいかない」と言った。当たり前のことを告げているだけなのに、なぜ、申し訳ないと思わなきゃいかんのかよくわからなかった。破綻してるライフと調和させるワークはないというシンプルな理屈だ。なぜ、彼は自分の懐に見合った生活が出来ないのだろう?という謎だけが残った。

僕なりに考えてみた。僕より少し前に別の業界からこの会社にやってきた彼(一年前)。そこそこ優秀だった彼はこれまで、ある程度営業として実績を残した段階で「待遇をよくして欲しい。さもなくば辞める」という要求を通してきたのではないだろうか。トップ営業マンならそれがまかり通る。だが、残念ながら、今の職場で彼は平均マンである。その作戦は、彼の生活同様、破綻している。悲しい。穏やかな性格と美しい魂を持つ彼は「話を聞いていただいただけで少し楽になりました」と笑った。僕は「お役に立てなくてすみません」と頭を下げた。

もう声がかからないと信じていた。ところが今日、月曜日の朝、彼はちょっといいですか…と僕に声をかけてきた。このあいだの話を蒸し返すのはヤメてくださいよ、僕が釘をさすと、彼は、違いますと真顔。話をうながすと、「実は実家の父が脳血管の病で倒れまして…。治療費用が…」とはじめるので、ちょっとちょっと、と話を遮り、この前結論はいいましたよね、僕の評価は仕事に対するものであってあなたの生活の困窮ぶりへのものではないって。

すると彼は、ええ…ですが事情が変わりましたので…などとまたも、生活が回らないので仕事もうまく回らない、これを調和解決するには自分の給与をあげてもらうしかないという独自のワークライフバランス論を僕に語った。やめてー。僕の精神バランスが壊れる。破綻したライフ。激怒するワイフ。応じないワーク。彼のような美しすぎる魂を救済するには、素手でのトイレ清掃や社訓絶叫といった荒療治が必要なのかもしれない、「じゃあヤメれば?」と口から飛び出しそうになるのを必死に抑えながら、僕は、そんなことを考えていた。(所要時間27分)

「大人になればギャルと遊べるぞ」と教えてくれたあなたへ。

殺人的な夏の日差しを避けるために駆け込んだ書店のグラビア雑誌コーナー。表紙を飾るエロティックなビキニギャル。悩殺的な彼女たちの前で、何の前触れもなく、ヒロシさんのことを思い出した。彼の名前が頭に浮かぶのは何年ぶりだろう?ヒロシさんは僕の遠縁にあたる。僕の母の妹の旦那さんの弟(なんていえばいいのだ?)。横須賀の家で僕の叔母さん一家と一緒に暮らしていた。僕が小学3~4年生の頃だから35年くらい前のことだ。母と叔母さんは仲が良かったので、僕はしょっちゅう横須賀のその家へ遊びに行っていた。ヒロシさんは当時30歳くらい、ジミー・ペイジみたいな長髪、ボロボロのジーンズをはいて、裏庭に面した一室に籠るように暮らしていた。その部屋のドアは日の当たらない場所にあって常に薄暗く、独立国のように見えた。

僕はヒロシさんが好きだった。僕を子供扱いしなかったからだ。夏休みも終わりかけた8月のある日。ヒロシさんから「秘密基地に行こう」と誘われた。「ホンダホンダホンダホンダ!」のCMソングが小学校で大人気だった赤いボディのホンダ・シティに僕を乗せて、横浜市金沢区にある野島掩体壕まで連れて行ってくれた。木々に覆われた山に穴があいているだけの壕は、寺院のような静謐な雰囲気があったとはいえ、僕が想像していたサンダーバードやウルトラセブンの秘密基地とはかけ離れており、少なからず落胆したけれど、「戦争のときの秘密基地だ。使うまでに戦争が終わっちゃったけどな」と教えてくれるヒロシさんの楽しそうな声とバックミュージックの蝉時雨はよく覚えている。

あるとき、母と叔母からヒロシさんとは遊ばないようにと注意された。母や叔母さんがヒロシさんのことを良く思っていないことに子供ながらに薄々気づいてはいた。ヒロシさんは悪人じゃなかった。悪い人は、僕ら子供たちと竹ひご飛行機を飛ばしたり、三角ベースでホームランを打ったりはしない。僕はそう主張した。母たちは「悪いことはしていないけど良いこともしていないから」と僕を煙に巻いた。

今でもはっきり覚えているのは、ヒロシさんの秘密基地に足を踏み入れたときに見た、SF映画の設定画集(たぶんスターウォーズ)とグラビア雑誌だ。司令官のいない基地でそれらはガラスのテーブルの上に開かれたまま置かれていた。画集はカッコよく、グラビアは鮮烈だった。外国の青空の下、白い壁のつづく住宅地の前を黒ビキニとハイヒールの外人ギャルが笑顔で歩いている写真。清涼飲料水のビンと銀色の灰皿が衛兵のように彼女を囲んでいた。薄暗い独身男の部屋と青空の下を歩く眩しすぎるビキニ・ギャルの対比。その後の僕の方向性を決定づけたコンビだった。

ヒロシさんがいつの間にか僕の背後にいた。彼はそのとき「大人になるといいことばかりだぞ」と言ったのだ。僕は「なんでヒロシさんは会社に行かないの?」と訊いた。彼の答えは覚えていない。もしかしたら彼は何も言わなかったのかもしれない。彼と話をしたのはそのときが最後だった。ヒロシさんは横須賀の家からいなくなってしまった。秘密基地は子供部屋になった。ビキニ・ギャルも灰皿の衛兵たちもいなくなった。

今だからわかる。ヒロシさんがいなくなった理由が。いられなくなった理由が。「悪いことはしていない」「いい人だから」。子供にとっては十分すぎる存在理由が、大人の世界では通じないということを僕はそのとき知った。大人たちはヒロシさんの居場所を奪った。今まで、僕は当時子供だったから彼のために何もできなかったと思っていたけれど、それは間違っていた。僕は子供なりに大人たちに訴えるべきだったのだ。結局のところ、僕は大人たちの顔色をうかがっていただけの卑怯者だったのだ。子供には子供にしかできない大人の動かし方があるというのに。

あれから35年。ヒロシさんが何をやっているのか僕は知らない。母や叔母は知っていると思うが、話題にあがることもない。僕は今、あの頃のヒロシさんより大人だ。ヒロシさんとは違って会社で働く普通のサラリーマンだ。「大人になったらいいことあるぞ」という彼の言葉が胸に響く。僕は尋ねたい。あなたは、大人になっていいことが本当にあったのですか?僕は思うのだ。あれは、遠回りな言いかたで、「俺のような大人になるな」とヒロシさんが言ってくれていたのではないかと。もし、もう一度、会えたら、確かめてみたいが、僕はヒロシさんの声や後ろ姿や長い髪は思い出せても、顔だけはどうしても思い出せない。たぶん、僕の犯した罪に対して神様が与えたささやかな罰なのだろう(所要時間23分)

Hagex氏と株式会社はてなへ殴り込みにきました。

f:id:Delete_All:20180516124825j:image

今日はHagexことハゲ子(id:hagex)と株式会社はてな東京オフィスにやってきました。他ブログサービスへの移籍も辞さない覚悟で、「女子大生・ギャル利用者を増やすための企業努力」等シビアな要求を叩きつけます。招かれたのではなく、こちらから突撃する、武闘派な二人でございます。おほほほほほほほほ。(所要時間1分)

ハゲ子作成の直訴状

 

f:id:Delete_All:20180516152117j:image

(追記)株式会社はてなにユーザー目線で直訴してきました。女子大生利用者の増加、僕はマジだったのですが…。ネタだろ?と言われそうなので、とりあえず証拠にソフマップ風なハゲ子の画像をアップしておきますね。俺たちはガチだぞ!

f:id:Delete_All:20180516181432j:image

はじめてブラのホックを外した夏を覚えているかい?

夏が近づくとバカばかりやっていた第二校舎の屋上を思い出す。1991年、高校3年7月の屋上。神奈川の田舎にある県立高校の、運動部の連中のよれよれになったTシャツやタオルが、風に吹かれて遡上する魚の群れのように活き活きと揺れ、放置されたプランターからキュウリやアサガオがだらしなく顔をのぞかせる、そんな、どこにでもある焼けたコンクリートの屋上。あれほど太陽が近かった夏を僕は知らない。

「勉強してくる」と家族に嘘をついて家から抜け出しては仲間とそこに集まっていた。誰が言いだしたのかわからないが、その屋上は「ヘブン」と呼ばれていた。当時、僕の通っていた高校は、授業のあと、補講という名目で自由参加の受験対策をやっていて、クラスメイトの大半は教室でテキストと格闘していた。その様子をヘブンから眺めるのに飽きてしまうとカセットのウォークマンでロックを聴きながら昼寝ばかりしていた。

ガンズ。ニューオーダー。プリンス。ポリス。ストーンローゼス。ハッピーマンデーズ。ニルヴァーナ。それからレッチリ。自分で編集したマイ・ベスト・ロック・テープ。B面の最後はテープが足りなくて、後半のピアノ・パートが丸々カットされていた「いとしのレイラ」。夕方。尻切れトンボのレイラが終わると、僕は、背中とお尻の砂を払ってヘブンをあとにした。仲間たちはひとりふたり脱落していき7月の終わりには2人になってしまう。「ワイルド・バンチ」のように。

「何者にもなれる」という根拠のない自信が、「何者にもなれない」という確固たる現実に侵略されていくのが悔しくて、歯痒かった。もどかしくて、大声ばかり出していた。その声は侵略への反抗への狼煙であり、ここではない、どこか、自分の探している場所を捜索するソナーでもあった。ターゲットを見失ったソナーは今もどこかを彷徨い続けているのだろうか。

ヘブンでは、くだらない話題やエロい話題には事欠かなかった。ごくごく短い間、僕らが夢中になった話題は、学校内の可愛い子やセクシーな子がその日、何色のブラジャーを付けているか。夏服のブラウスは当時エアコンのない教室で汗ばむと透けてしまい、ブラのラインがサインのように浮かんできたのだ。ほとんどの女生徒は白だったけれど、セクシーな子は青やピンクやパープルの鮮やかな天使の羽を背中に浮かばせて、ヘブンの僕らを熱狂させたものだ。デジカメやスマホもない時代。網膜に焼き付けた天使の羽は今も色鮮やかに残っている。

ふいに誰かが「ブラを外したこと、あるか?」といった。返事はなかった。それが17歳の僕らの答えだった。屋上に持ち込んだエロ本で僕らに微笑んでいるモデルはブラをつけているか、外しているかのほぼ2択で、ごくまれに、背中に手をまわして挑発的にブラを外すようなポーズをとっているものもあったけれど、そこからブラの外し方を学ぶことはほぼ不可能だった。「いざ、というときどうする?」と誰かがいった。僕らはバカだった。鮮やかな色の天使の羽をこの手で解放する。そんな甘美な思いだけでスキルと実践がともなっていなかった。まったく。女の子の素晴らしさを歌い上げるブリティッシュロックの名曲たちはブラの外し方を教えてはくれなかった。

練習をすることになった。速さ。正確さ。クールさ。ホックを外す際のそれらエレメントを追究するためには全員の力が必要だった。一人が犠牲となって母親のブラを持ち出すプラン。遂に自ら犠牲になる殉教者はあらわれなかったので、ジャンケンで決めることになった。僕はグーで勝ち抜けた。以来、僕はここぞの勝負のときはグーを出すことにしている。負けた奴は、最大限の敬意を込めて「殉教者V3」と呼ばれた。V3、チョキで3連敗を喫した勇者にのみ与えられる称号だ。V3が屋上の手すりから光るプールを見下ろしながら「アーメン」と呟いたのをつい昨日のことのように覚えている。

V3は真の勇者だった。明くる日、太陽に焼かれたヘブンに母親のブラを持ってきた。「意外と余裕だった」とV3は胸を張った。スポーツバッグから取り出したブラは、くすんだベージュ色で、天使の羽とは程遠い代物だった。巨大なバンドエイドのようであった。僕らは、V3から順番にブラのホックを外す練習をした。最初はうまくいかなかったけれど、何回か試すうちに、イチ二ノサンのリズムで外せるようになった。誰かが「アン・ドゥ・トロワ」といって次第に声が重なり大きくなっていった。「アン・ドゥ・トロワ!アン・ドゥ・トロワ!アン・ドゥ・トロワ!」僕らは全員、バンドエイドで磨いたスキルを披露することなく卒業した。天使の羽には誰も手が届かなかった。

バカ騒ぎをしていたあの頃。大声を出して、ここではないどこかを探していた。1991年のソナーは、今も、名前の変わった街並みの空を彷徨い続けているのだろう。あれから天使の羽を求めるようにそれなりにブラのホックを外してきて、探している場所が見つからないことを知った。あの頃、大きな声を出していたあの場所、ヘブンこそが探していた場所だったのだから。

ゴールを探していたつもりだったけれど、探していたのはスタートだった。自分が何者かをまだ知りたくないという思いから、スタートに立つことを恐れ、逃げていた。サラリーマンになってからもゴールを目指して走っていられるのも立ち戻る場所、ヘブンが心の中にあるからだ。夏、カーステから「いとしのレイラ」が流れてきたり、天使の羽を見かけたりすると、僕はヘブンを思い出す。そのたびに僕はまだ走れるような気がする。アン・ドゥ・トロワ。その足並みはカール・ルイスのように速くはないけれど。(所要時間23分)

「サボっていいですか?」を叱るべきか怒るべきか

「叱り方」と「怒りのコントロール」をテーマにしたセミナーを受けた。ほぼ同時に二つもだ。みずから進んで受講したわけではない。社長の命である。仕事だから仕方ない。眠らずにいられたのは、テーマに興味があったから、ではなく、レポートを書く必要があったからにすぎない。ただ、それらのセミナーの内容に僕は今少々混乱している。一方が「叱るときは絶対に怒ってはいけません」という、いわば怒り排除を謳えば、もう一方は「叱るときに怒るのは構わない。ただし怒りはコントロールしましょう」と仰る次第なのだ。人間には喜怒哀楽があるので、それを排除するのは不可能だと思われるし、激しい怒りを完全に制御するのも然り。両者に共通するのは己の感情を客観視しろという点であり、そのうえで排除するか制御するかの対処の違いがあるだけである。ひとことでいえば感情的になるな、なりすぎるなということだ。素晴らしい。

話を聞いただけで出来れば本当に素晴らしい。だが経験もなく怒りを制御できるだろうか。僕は疑わしいと思う。仕事上の怒りはこうしてほしい、こうあるべきというこちらが設定した「べき」と、過程や結果がかけ離れたときに起こる激情だ。「べき」は経験によって形作られる。あるいは想定された「べき」は経験で修正される。いずれにせよ経験が不可欠だ。僕は仕事で叱るとき、ほとんど怒りを覚えない。育ちがいいから、そして経験があるからだ。ドイヒーな同僚しかいない会社に勤めていたとき、常に裏切られ続けたため、この「べき」が僕は著しく低い。

運輸、食品。ブラッキーになりがちな業界を僕は渡り歩いてきた。諸事情で倉庫に飛ばされたとき(「追い出し部屋」に飛ばされたことありますか。 - Everything you've ever Dreamed)。新人クンに、中身は忘れたが三つある段ボール箱のうち、ひとつを持ってきて欲しいと分かりやすくペンでマークまで書き込んで頼んだら、ご丁寧にマークのない二つを持ってきたことがあった。マークを書きこんだ箱はご丁寧に廃棄済み。きっつー。このような日常を送っていたら「べき」を低くせざるをえない。おかしくなってしまう。期待しなければ怒りが起きない。その結果、完全に怒りを排除して「ここがこれだけ出来ていない」「あれがあれだけ出来ていない」と事実を淡々と並べて叱るようになったのだけど、それはそれで「冷たい感じがして怖かった」「レクター博士」などと陰口を叩かれるのだから、叱りに正解はないような気がしてならない。

また、感情的な相手に対しても冷静さを失ってはならないとよくいわれるが、こちらが冷静でいありすぎると、叱られていないと勘違いする人間も一定数いる。叱られているのがわからないというやつだ。かつて若手同僚の非について、僕は冷静に対応したつもりだったが、間違いであった。それが「課長(僕のこと)が力不足だから俺はダメだったんすよ」からの「いいんですか、俺、必要悪ですよ?」という戯言コンボを生んでしまったのである。僕も同じ土俵にあがって殴り合うべきだった。お前はバカだバカだバカだと。わからない人間には怒りをぶつけた方がいいときも、ある。

そもそも叱られることイコール「悪」「恥」という前提がおかしい。叱られるというのは見捨てられていないことでもある。基本的には喜ぶべきことなのだ。などと偉そうに言っているがなかなか難しい。自分の欠点や失敗を指摘されるのが好きな人などいないからだ。だからこそ叱りには欠点や失敗の指摘に加えて、道筋がなければならない。次はこうしようと。原因を追及するための叱りではなく、再発を防ぐための叱り。それが唯一の正しい叱り方ではないか。良くなって欲しいという祈りや願いがそこにあればいい。それさえあれば感情的か否かは些細な問題であり、ケースバイケースだと個人的には思う。

ありがたいことに今はホワイトな環境の会社に勤めており、良くできた同僚に囲まれているので叱ることはまったくといっていいほどない。退屈でもある。もし「ドラえもん」の主人公が出木杉だったらゾッとするだろう?そんな毎日なのだ。「部長!」と声がかかるとき、トラブルの発生を喜んでいる自分がいる。叱られたいとさえ思うときもある。己の欠点や失敗をキツイ言葉で叱責されたい。言葉で打って!インポと詰って!僕は44才で叱ってくれる人も随分減ってしまい、そんな願望を満たしてくれる場所はもはや町田駅前にある店舗型のイメージなクラブしかないのだが。

そんなふうにレポートを書きながら悶々としていたら、若手社員から折り入って相談したいことがあるといわれた。真面目で仕事は極めて良くできる社員である。彼は「仕事は疎かにしないので明日少しだけサボってもいいですか?」というワンダーな日本語を口にした。ひとりの営業マンとしてはノルマを達成して公序良俗に反しなければどうぞ、であるが、営業部長としては、労働時間内はサボっちゃいかんと言うしかない。黙ってやれよ。やってくれよ。そもそも狙いはなんだ。ナンナンダ。生真面目な僕は、怒りとも悲しみともいえないもやもやした感情でいっぱいになってしまって、叱っていいのか怒っていいのかわからず、「サボタージュは労働者に認められた権利だからねえ。HAHAHA」などとどうでもいい言葉で笑い飛ばすしかなかった。ワンダーな現実には叱りも怒りも役に立たないらしい。(所要時間28分)